HOME > 中川清徳のブログ > [労災] 昼休み中に外出して負傷した
中川清徳のブログ
2021年
1月30日
カテゴリー

[労災] 昼休み中に外出して負傷した

[Webセミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場に! [題 名] 中小企業の「同一労働同一賃金への対応」セミナー [講 師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長 [日 時] 2月5日(金) 13:30~16時30分(3時間)  2月18日(木) 13:30~16時30分(3時間)  3月 4日(木) 13時30~16時(2.5時間) [受講料] 24,000円(税別) [申込先] https://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html または、下記にご記入のうえそのままご返信ください。 *********** 同一労働同一賃金への対応セミナー申込み書****************** 社 名 役職名 氏 名 電 話 日 時 ****************************************************** ※ Webセミナーはメールで日程調整が可能です。 ☆★☆──────────────────────────── 社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年  人事労務畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が 中小企業経営者のために語る 発行者: 中川清徳  2021年1月30日号 VOL.4753 ────────────────────────────── 「昔はよかった」が決まり文句 (続きは編集後記で) ────────────────────────────── [労災] 昼休み中に外出して負傷した ────────────────────────────── 中川:こんにちは。 社長:こんにちは。    Aさんについて相談です。 中川:はい、何でしょうか? 社長:Aさんが昼休みに近くのコンビニで弁当を買いに行きました。    会社に戻る途中で道路の段差で足をネンザしました。 中川:お気の毒ですね。 社長:これは労災になりますか? 中川:弁当は業務命令ですか? 社長:個人の弁当を買うのですから業務命令ではありません。 中川:上司が自分の弁当を買うように頼んでいませんか? 社長:はあ?    あり得ますが、仕事とは関係がありません。 中川:そうだとは思いましたが念のためです。    結論は労災にならないです。 社長:勤務中ですが...。 中川:勤務時間中でも休憩時間は労働時間ではありません。    だから業務をしていませんから労災扱いになりません。 社長:うろおぼえですが、休憩中でも労災になることがあると    聞いたことがありますが、それは間違いですか? 中川:間違いではありませんが、原則として休憩時間中の負傷は    労災ではありません。 社長:どんな場合に労災になるのですか? 中川:会社の設備の欠陥により負傷した場合です。    たとえば、階段の腐食が原因で負傷するとかです。 社長:原則として昼休み中の負傷は労災にならないということですね。 中川:ピンポーン! (中川コメント)  昼休みなどの休憩時間中の負傷は労災になりません。 ただし、会社の施設の欠陥等が原因の場合は労災になる可能性があります。 ────────────────────────────── [Webセミナー] 全国どこでもあなたの席がセミナー会場に! [半日版] 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー      一日のセミナーを絞り込み半日版Webセミナーとして 追加しました [内 容] レジメ65ページ 資料編14ページ [講 師] 中川清徳(中川式賃金研究所 所長) [受講料] 24,000円(税別) [日 時] 2月16日(火) 13:30~16時30分(3時間)  [申 込]  https://nakagawa-consul.com/seminar/125_web.html       日程が合わない場合は上記ページ末よりご希望の日程に      調整できます。メールご相談も可能です。 ────────────────────────────── 編集後記       ────────────────────────────── 「昔はよかった」が決まり文句 人には、自分が優れた存在だと思い、他人からもそう認められ たいという欲求があります。 心理学ではこの欲求を自己承認欲求といい、前者の思いを自己承認、 後者の欲求を他者承認と呼んでいます。誰もが皆、自己承認欲求を 満たすことによって精神的な安定を得ているのです。 ところで、私たちは、出身地や性別、年齢、職業などのような特性 から、猫派か犬派かなどといった噌好まで、さまざまな基準に 照らして人をカテゴリーに分けて考える習慣があります。 これを社会カテコリーと呼びます。 自己承認欲求を満たすためには、この社会カテゴリーの中で自分が 属する集団を肯定し、それとは異なる集団を批判の対象にする 必要があります。そのため、自分の世代のほうが優れているという 思いが、「昔はよかった」と自分の青春時代を肯定し、「今時の 若者は」と若者批判をするという批判につながるわけです。 その深層には、加齢とともに若さを失う不安や、めまぐるしい 社会変化についていけない恐怖も隠されています。 また、世代論のようにカテゴリー化しなくとも、自分と若者を 比較して、人生を重ねて経験を積んだ自分は優れていて、未熟 な若者を劣っていると批判することで、自己承認欲求を満たす 場合もあります。 (職場の心理学 齊藤 勇著 西東社刊より) https://amzn.to/33hAYEn ────────────────────────────── [DVD] 都合のよいときに何回でも視聴できる [題名] 介護と仕事を両立させ介護離職を防止する実践セミナー [講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長 [内容] 収録 2時間10分 レジメ64ページ 資料42ページ [価格] 15,000円(税別) [申込] https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-20.html ────────────────────────────── ご注意       ────────────────────────────── このメルマガは、わかりやすさを重視しています。 そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。 むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を 犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、 お役所の文書と同じになります。結局わかりにくい記事になり、 役に立ちません。 正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。 このメルマガを解除してください。 このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを 申し添えます。 ────────────────────────────── メールマガジン 社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 ☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳 ☆公式サイト http://nakagawa-consul.com ☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com ☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html ☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html     ──────────────────────────────