HOME > 中川清徳のブログ > 従業員100人まで 従業員教育の戦略 改訂版DVD
中川清徳のブログ
2021年
7月30日
カテゴリー

従業員100人まで 従業員教育の戦略 改訂版DVD

☆★☆──────────────────────────── 社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で 現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る 発行者: 中川清徳  2021年7月28日 ─────────────────────────────── 「腹が煮え返る」では怒りもうわべだけ (続きは編集後記で) ─────────────────────────────── [DVD] 従業員100人まで 従業員教育の戦略 改訂版DVD [時間] DVD2巻 2時間17分 テキスト付 [料金] 33,000円(税込)  [制作] 竹田陽一 ランチェスター経営株式会社 [販売] 代理店 中川式賃金研究所 [申込] 下記にご記入のうえ、そのまま返信で申込が完了します [社名] [役職] [氏名] [郵便] [住所] [電話] ─────────────────────────────── 人手不足と働き方改革が進む中で業績を良くするには、本気で従業員 教育に取り組み、従業員の実力を高めることが必要になります。 ところが意外なことに、どのような教育を実行すれば従業員の実力を 高めることができるかについて、きちんと説明している本やDVDが ないのです。 もちろん従業員を、 1年に数回講習会に参加させる方法もあります が、これは間接的な 教育になるので成果は出ず、参加費と人件費の ムダ使いになります。 従業員100人以下の会社で教育効果を出すには、弱者の教育戦略の 実行が欠かせません。 まず1番目は、自社の規模 と業種に合った、良いDVDを教材として 準備します。 2番目は、同じ仕事をしている従業員を少人数集めます。寺子屋式です 。 3番目は、社長がインストラクターになります。DVDを15分くらい 見たあといったん止め、必要により社長が追加の説明をします。 このあと参加者1人1人か ら意見を聞きます。 こうしてあるテーマのDVDを見終わったら 「今後この仕事はこう します」と、社長が結論を出します。 こうすると社長の考えが全員に伝わるので社内の意識が統一できます。 これらのやり方を、従業員100人以下の会社に焦点を当てて説明を しているのがこのDVD です。 [CD収録内容] 第1章 従業員教育の基本原則 (約71分) A . 経営における従業員教育の位置付け B . 教育を構成する7大要因 1. 誰から教育するか? 2. 何を教育するか? (1)中小企業の利益実態 (2)経宮の基本原則を教育 (3)各人が担当している仕事を教育 (4)30歳を過ぎた人は担当以外の仕事を教育 (5)利益性の原則を教育 (6)弱者の戦略を教育、他 3. 従業員の素質を確認 第2章 従業員教育の実践 (約66分) 1. 必要な教材を準備 (1)教材で説明されている規模と自社の規模が同じ (2)業種が同じか近いこと (3)内容のレベルが高いこと (4)教材費を予算化すること 2. 誰が教育するか。社長がなる。 (1)寺子屋式の教育法 (2)戦術リーダーにはOJTを (3)外部講師の利用 (4)外部講習会への参加 3. 教育回数 を多くする (1)教育計画を立てる (2)自己学習の仕組みを作る 4. 実行力強化は朝の計画で決まる 5. 実行者は社長がほめる [CD] 従業員100人まで 従業員教育の戦略 改訂版DVD [時間] DVD2巻 2時間17分 テキスト付 [料金] 30,000円(税別)  [制作] 竹田陽一 ランチェスター経営株式会社 [販売] 代理店 中川式賃金研究所 [申込] 下記にご記入のうえ、そのまま返信で申込が完了します [社名] [役職] [氏名] [郵便] [住所] [電話] ───────────────────────────────     編集後記       ─────────────────────────────── 「腹が煮え返る」では怒りもうわべだけ 怒りに耐えられない様子を形容するのに「腹が煮え返る」と いうことばを使っていませんか。 この「腹」は「腸(はらわた)」でなければ間違いです。 「腹J といえば体の表面を指すだけで、精神的な意味はありま せん。 「腸」は肉体的な名称以上に「魂。こころ。性根」を表すこともある のです。 「断腸の思いJ の「腸」も同様の用法です。 心底から怒っているのでしたら腹のようにうわべでなく、腸のよう に内部が煮え返えるものです。 「腸が煮えくり返る」とも言います。 (間違いことばの本 講談社より) ───────────────────────────────     ご注意       ─────────────────────────────── このメルマガは、わかりやすさを重視しています。 そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。 むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を 犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と 同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。 正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。 このメルマガを解除してください。 このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。 ─────────────────────────────── メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報 ☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳 ☆公式サイト http://nakagawa-consul.com ☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp ☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html ☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html       ───────────────────────────────