HOME > 中川清徳のブログ > 賃金レンジについて
中川清徳のブログ
2021年
10月18日
カテゴリー

賃金レンジについて

[Web双方向セミナーのご案内]
[題名] ポイント制退職金制度への見直し方」セミナー
[対象] オーナー経営者さま・役員さま・人事労務担当者さま
[特典] 退職金規程簡易診断
※よろしければ退職金規程コピーをご持参ください
[講師] 濱田勝則
[日時] 10月22日(金)10時00分~12時30分
[料金] 20,000円(税別) 22,000円(税込)
[場所] 全国どこでもあなたの席が会場
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/121_web.html
または、下記のご記入のうえそのまま返信してください。
*******************************************************************
社名
役職名
氏名
希望日時
※日程が合わない場合はご希望の日時をご記入ください。
日程調整します。
********************************************************************
※ Webセミナーはメールで日程調整が可能です。

☆★☆────────────────────────────
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 
人事労務畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が
中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2021年10月18日 VOL.5017
───────────────────────────────

前年にならないと日付が決まらない「国民の祝日」がある
ホント?ウソ?

(続きは編集後記で)

──────────────────────────────
賃金レンジについて
──────────────────────────────

社長:こんにちは。
   先日の賃金セミナーは大変役立ちました。
あのセミナーの中で職務給の範囲(レンジ)について
   話がありました。
   どうしようかと思案中です。

中川:職務ごとに賃金の上限額と下限額を設定することですね。

社長:当社は3段階の職務給にしたいと考えています。
   しかし、上限額と下限額の設定がいまいちわからないのです。

中川:上限額と下限額を決める場合のパターンとしてつぎの3つが
あります。
    1.重複型
    2.接続型
    3.間隔型

社長:重複型とはどんなものでしたっけ?

中川:職務を3段階に分けた場合の名称を1等級、2等級、3等級
としましょう。
   1等級が一番低いランクで3等級が一番高いランクとします。
   1等級の上限金額が2等級の下限金額を上回っている。
   2等級の上限金額が3等級の下限金額を上回っている。
   このような型を重複型といいます。

社長:当社はこれがいいかなと思っています。

中川:ではそれを採用してください。

社長:あのう、重複型の特徴を教えてください。

中川:これは年功的な運用になりやすいです。

社長:どうしてですか?

中川:下限と上限の範囲が広いため、勤続年数が長い人は昇給を
繰りかえし結果的に上位等級を追い越してしまうからです。

社長:なるほど。

中川:逆転現象が起きることは人事制度上好ましくありません。

社長:そうですね。

中川:それから上位等級に昇格しようという意欲が薄れます。
   1等級から2等級に昇格してもすでに逆転していれば
   昇格によってそれほど昇給させるわけにもいきませんから。

社長:そうですね。
   では、接続型とはなんですか?

中川:接続型は下位の等級の上限と上位の等級の下限が同額である
   賃金制度です。

社長:接続型の特徴は何ですか?

中川:仕事が上位等級ランクにならない限り昇給は頭打ちに
   なります。
   年功賃金とはなりにくいのです。
   上位等級に昇格すれば重複型よりはメリハリのある昇給が
   できるでしょう。

社長:間隔型とは何ですか?

中川:1等級の上限額と2等級の下限額、
   2等級の上限額と3等級の下限額が重ならないように間隔を
   設けて賃金制度を作ります。
   
社長:これが一番理屈に合っていますね。

中川:そうですね。
   しかし、範囲が狭くなり昇給がすぐに頭打ちになります。
   昇格時は昇給額が大きいのでインセンティブ(やる気)は
   高まります。

社長:これがいいですね。

中川:失礼な言い方をしますが、御社は賃金水準がそれほど
   高くありません。
   範囲が狭くなりすぎてすぐに頭打ちになり、同一の等級に
止まればモチベーション(やる気)が落ちるでしょう。

社長:間隔型は大企業向きなんですね。

中川:そうです。
   賃金水準が高ければ間隔型がよいですね。

社長:説明を聞くと、接続型がよいように思えます。

中川:しれにするかの選択は社長のお考えでよいです。
   中川のイチ押しは接続型です。

社長:では、それで検討します。

(中川コメント)
 賃金制度のなかの基本給設計は
1.重複型
2.接続型
3.間隔型
の3種類あります。

それぞれ特徴があります。
中川は接続型を推奨していますが、それにこだわることはありません。
社長がご自由にお決めになればよいのです。
下記のセミナーが参考になります。
http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html

──────────────────────────────
[題名] パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
[講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長
[日時] 11月 9日(火)13:30~16:30
12月 2日(木)13:30~16:30

[料金] 24,000円(税別) 26,400円(税込)
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/088_web.html

──────────────────────────────
編集後記      
──────────────────────────────

前年にならないと日付が決まらない「国民の祝日」がある
ホント?ウソ?

答え ホント

それは、春分の日と、秋分の日である。

春分、秋分の日は、前年の二月一日に、「こよみ要綱」が官報
(法令などを公報する刊行物)に掲載されることによって正式に
決定される。
それより以前は、春分・秋分の日はまだ正式に決まっていない。

ところが、五年日記、 10年カレンダーなどには、五年先、10年先の
春分・秋分の日がきちんと明記されている...。
これはいったいどういうわけか。

天文学では、太陽の通り道(実際は太陽のまわりを地球が公転して
いるが、地球のまわりを太陽が公転すると仮想したときの軌道)を
「黄道」、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」と
いう。
両者は、お互いに傾いているために二点で交わるのだが、その交点
の一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼んでいる。
そして、太陽が、この春分点・秋分点の上を通過する瞬間が、
それぞれ「春分」「秋分」と定義され、その日をそれぞれ
「春分日」「秋分日」と呼ぶのである。

国立天文台によれば、春分の日と秋分の日は、何年か先まで計算に
よっておおよその日付が出せるという。逆にいえば、正確な日付を
出すのは難しいのだ。
春分の日も秋分の日も、太陽が春分点、秋分点を通過すると予測
される時間を秒単位で計算して出している。
ところが、地球の自転速度は一定ではなく、季節変化や地震に
よって微妙に速くなったり遅くなったりする。
そのため、春分日、秋分日の正確な時間を出すのは困難だという。
そのため、公式には、官報で一年先の日付だけを公表することに
しているのだ。
したがって、計算によって算出された日付はあくまでも参考に
しかならない。
五年日記、10年カレンダーの春分・秋分の日は、計算によって
算出された暫定的な日付を記していたわけだ。

(雑学裏事情おもしろ事典 より 王様文庫発行)
https://amzn.to/3lYIRFr

──────────────────────────────

[無料プレゼント] 
昇給、賞与を自信を持って決めることができるプロット図を無料で!
https://nakagawa-consul.com/jitsuzaiChingin/

──────────────────────────────
ご注意      
──────────────────────────────
このメルマガは、わかりやすさを重視していそのため、
用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、
お役所の文書と同じになります。結局わかりにくい記事になり、
役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを
申し添えます。

──────────────────────────────
メールマガジン
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html