HOME > 中川清徳のブログ > 普通解雇と懲戒解雇の違いは?
中川清徳のブログ
2021年
10月20日
カテゴリー

普通解雇と懲戒解雇の違いは?

[Webセミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場!
[内容] 新ルール適用後の生命保険の活用方法と社内規程整備の
ポイントセミナー
[講師] プルデンシャル生命保険(株)ライフプランナー濱田勝則
    (社会保険労務士/1級ファイナンシャル・プランニング
技能士/M&Aシニアエキスパート)
https://mylp.prudential.co.jp/lp/page/katsunori.hamada
[価格] 22,000円(税込)
[日程] 10月27日(水)9時30分~12時30分
[申込]   https://nakagawa-consul.com/seminar/080_web.html
または、下記のご記入のうえそのまま返信してください。
*******************************************************************
社名
役職名
氏名
希望日時
※日程が合わない場合はご希望の日時をご記入ください。
日程調整します。
********************************************************************

☆★☆───────────────────────────
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 
人事労務畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が
中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2021年10月20日 VOL.5019
──────────────────────────────

公衆電話に100円玉を入れてもおつりが出ないワケ

(続きは編集後記で)

──────────────────────────────
普通解雇と懲戒解雇の違いは?
──────────────────────────────

Q
解雇には普通解雇と懲戒解雇がありますが、違いはなんですか?

A
[結論]
普通解雇は、勤務成績不良などの理由で解雇することです。
懲戒解雇は、金銭横領など秩序違反の理由で解雇することです。

[注意点]
普通解雇や懲戒解雇する場合は就業規則に根拠を記載する
ことです。
就業規則に記載されていない事案の解雇は無効となることが
あります。

(中川コメント)
普通解雇にしろ懲戒解雇にしろ解雇は不当解雇だと訴訟になり
やすいものです。
できれば自主退職で円満退職するのが良いでしょう。
下記のセミナーが参考になります。
──────────────────────────────
[題名] 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
[配布] レジメ89ページ 資料120ページ
[講師] 中川清徳(中川式賃金研究所 所長)
[料金] 38,000円(税別) 41,800円(税込) 人数不問
[日時] 10月20日(水) 10時00分~16時30分(5.5時間) 
11月19日(金) 10時00分~16時30分(5.5時間) 
12月14日(火) 10時00分~16時30分(5.5時間) 
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/005_web.html

──────────────────────────────
編集後記      
──────────────────────────────

公衆電話に100円玉を入れてもおつりが出ないワケ

携帯電話の普及で最近は使われる機会がめっきり少なくなり、
設置台数も減少する一方の公衆霞話だが、災害が起きたときや
電波障害が発生したときには非常に重宝されている。

そんな公衆電話はご存じのとおり、100円玉を入れたときは
おつりが出ない仕組みになっている。
たまにクレームが入ることもあるが、これにはもちろん理由が
ある。

それは、公衆電話のような小さな電話機の中に、おつりを出す
システムを人れるのは不可能だからである。仮に100円玉を人れ
て10円玉がおつりで戻ってくる形にするならば、もっと大きな
サイズの公衆電話にしなければならないのだ。

これを解消するために登場したのがテレホンカードだが、最近は
携帯電話の普及もありカードを持っていないという人が増えた。
慌てて100円玉を入れたがおつりが戻らず、腹立たしい思いを
した人も多いだろう。

しかし、携帯電話の普及で利用者が激減している昨今、公衆電話
におつりを出すシステムを採用する経済的余裕はとてもないと
いうのが実情らしい。

(「あの業界のタブー」より 青春出版 発行)
https://bit.ly/31geK4b

──────────────────────────────

[メール顧問契約]  全国どこでもあなたの席でご相談できます
監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
[契 約] 7,700円/月(税込) 相談件数に制限はありません
[担 当] 中川清徳 中川式賃金研究所所長
[詳 細] https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** メール顧問契約申込書**********************************
社 名
役職名
氏 名
所在地
電 話
**********************************************************************

──────────────────────────────
ご注意      
──────────────────────────────
このメルマガは、わかりやすさを重視していそのため、
用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、
お役所の文書と同じになります。結局わかりにくい記事になり、
役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを
申し添えます。

──────────────────────────────
メールマガジン
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html