中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、就業規則、退職金制度のセミナー、コンサルティングを得意とする中川式賃金研究所。

HOME > CD・DVDセミナー > 経営が苦しいときに経営者がうつべきことセミナー
CD・DVDセミナー

もし、あなたの会社の経営が苦しいとしたら、
ひょっとしたら何か気づいていないことがあるのかもしれません。
経営が苦しいときに経営者がうつべきことセミナー

講師:村木貞之氏

各地で引っ張りだこです。
講師:村木貞之氏

社長になることはできても経営者になることはできません。講師が赤字会社立て直しで得た教訓です。
中小企業は、お金がない人材がいない立地条件が悪いなど、ナイナイづくしでやりくりしているのが実態です。
悪条件でやりくりしている社長に必要なのは、「どんなにつらくても最後までがんばり抜くパワー」です。これさえあれば、少々のことは乗り切れると考えています。「どんなにつらくても最後までがんばり抜くパワー」は、ある二つのことをしっかりと腹に落とすことです。これは赤字会社の再建の経験で確信したものです。この二つは建物で言えば土台です。土台がグラグラしていては経営は安定しません。


セミナーでお話するのは、会社再生ということです。なぜ、会社再生という言葉を使うのか?講師は「再生」という言葉に特別の意味を込めています。「再生」とは生まれ変わるということです。

経営が苦しい会社に必要なことは、今までの延長線上であれこれ工夫することではありません。生まれ変わることです。その方法を、実際に赤字会社を立て直した経験をもとに具体的にお話しします。
経営は根元が大事であり、ツールとかテクニックに走りたくはありませんがやはりツール、テクニックがあると最短距離で到達できます。便利です。そのツール、テクニックも惜しまずに公開します。


ツールやテクニックは次の資料です。

会社再生の応用編(実例)
(1)
人員削減を伴う大幅な固定費削減の実施計画の作り方
…「損益改善計画書」の雛形とは。
(2)
職場風土の活性化に有効な方策
…「元気朝礼の実践」、「コンピテンシーの導入」
(3)
全社員の一体化、やる気をおこす方策
…「社長レター」、「賞与2倍作戦」で一体化、やる気が起きた実例とは。
(4)
どの部門がどれくらい業績に貢献しているのかを数字で把握する方法
…「部門別・月別損益管理表」の雛形とは。
(5)
月末締め切りを待たずに、当月の売上、利益をつかむ方法
…「営業マン別、売上・粗利月末見通し報告・集計表」の実例とは。
おもな内容
  1. 会社再建は、手遅れにならないよう短期間に劇的に行わねばならない。
  2. 改革は痛みを伴う。
  3. 階段は上から掃除する。
  4. 再建のプロセスでうそ、隠し事、ごまかしがあってはならない。
  5. メイン銀行、主要仕入先を説得するコミットメントとは?
  6. 再建を成功させる経営者の心構えとは?
  7. カリスマ性を身につけるにはどうしたらよいか?
  8. 退職希望がでたらどうすべきか?
セミナー参加者の方の声をご紹介します。
  • 先日は貴重なお話ありがとうございました。
    弊社は、下請にて通信工事とPCメンテナンスをやり、またそこからの脱却のために模索しています。
    内部留保が乏しく仕事がないとすぐ苦しくなります。
    苦しいとき、なりふり構わずリストラしていくのか悩んでおりましたが、会社をいい方向に作りあげていく過程をとり、そこにやれない人はやめて頂く、という方向性が必要と思いました。
    人をすげかえる、という点では私が変わるのが早い気もしますが、まずはもう一度やってみようと思います。ありがとうございました。(T社 I社長)
講師 村木 貞之
講師 村木 貞之
ムラキ総研ターンアラウンド・マネージャー(再建請負人)
1943年生まれ。65年、日本板硝子に入社し、営業マンとして活躍。その後、日本板硝子の販売子会社2社に専務として出向。95年、東北日本板硝子に社長として出向、再建請負人の第一歩を踏む。97年からガラステック茨城に転籍し、3年で黒字に転換。2005年、ムラキ総研を設立し、再建請負人として再出発。同年より長野板販の副社長として再建にあたる。07年春、増収増益基調にのせて退任。現在も2社の会社再生に尽力中。
DVD経営が苦しいときに経営者がうつべきことセミナー
内容
DVD2枚組(約144分)
対象者
経営者、役員、管理職の皆さま
※同業者の購入はお断りしています。
販売価格
24,000円(税別・送料無料)
申込方法
「カートに入れる」ボタンを押すと、買い物かご画面が表示されます。
お届け・お支払い情報をご入力の上、お申し込みください。
お支払は銀行振込(先払い)・クレジットカード払いをご選択いただけます。
※クレジットカード払いをご選択の場合、必ず購入者ご本人のクレジットカードをご使用ください
主催・申込先
(有)中川式賃金研究所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中4680-184
TEL 0299-85-1475
FAX 0299-85-1474

お問合せ・ご相談はお気軽にお電話ください。

電話番号:0299-85-1475 受付時間:10時~16時(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

このページの先頭へ