HOME > 中川清徳のブログ
中川清徳のブログ
2017年
8月18日

 【労務管理】行方不明になった

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】  9月14日(木) 10時~16時30分
   【東京】 11月22日(水)10時~16時30分    
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆
中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 
お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年8月18日号 VOL.3211
――――――――――――――――――――――――――――――――――
展示が終わったモデルハウスは再利用されないの?
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【労務管理】行方不明になった
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   Aさんが行方不明になりました。
中川:いつからですか?
社長:分かったのは3日前です。
   無断欠勤が続くので同居している両親に確認したところ、
   帰宅していないというのです。
中川:それで行方不明と断定できるのですが?
社長:両親の話によると放浪癖があるとのことです。
中川:勤続年数は何年ですか?
社長:1年足らずです。
中川:勤務態度はどうでしたか?
社長:普通です。
   この問題はどうしたらいいですか?
中川:御社の就業規則には、「無断欠勤が14日以上の場合は懲戒解雇する」
   と書いてあります。
   また、「行方不明になって30日に達したら退職」と書いてあります。
   どちらかを適用することになりますね。
社長:腹立たしいから懲戒解雇にしたいですね。
中川:であれば、解雇予告手当を払う必要があります。
社長:そんなバカな!
   会社が損害賠償をしてもらいたいくらいいです。
中川:解雇予告手当を払いたくなければ、労働基準監督署に「解雇予告除外
   認定」の申告をすることになります。
   ただし、なかなかOKがでないのが現実です。
社長:そうですか。
中川:それに加えて「公示送達」をしなければなりません。
社長:「公示送達」とはなんですか?
中川:公示送達とは、簡易裁判所に申立てをして、裁判所の掲示板、官報に
   掲載することです。
   官報に掲載された白から2週間が経過したら、相手方にその意思表示が
   到達したものとみなされます。
   裁判所の掲示板、官報に掲載して「Aさんを探していますよ」という
   意思表示をするのです。
社長:面倒ですね。
   公示送達をしなかったらどうなりますか?
中川:Aさんが不当解雇だと訴訟を起こす可能性があります。
社長:面倒ですね。
中川:であれば、「行方不明になって30日に達したら退職」と就業規則に
   書いてあります。
   それを適用すれば自然退職となります。
社長:30日は長いですが、自然退職の方が無難ですね。
中川:そうですね。
   どちらを選択するかは社長のお考え次第です。
社長:わかりました。
   検討します。

(中川コメント)
行方不明になった場合は
1.懲戒解雇
2.自然退職
のどちらかを選択することになります。
その前提条件として就業規則に明記してあることとなります。
あなたの会社の就業規則を確認しましょう。

――――――――――――――――――――――――――――
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日   10月27日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
――――――――――――――――――――――――――――

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
展示が終わったモデルハウスは再利用されないの?
マイホームを建てたいと夢見る人は、いくつものモデルハウスを見ながら
「こんな家に住めたら......」と憧れるもの。
おしゃれなインテリアでコーディネートされたモデルハウスはまさに
「夢の家」。
しかし、その寿命は意外にも短く一~三年程度だ。
これは住宅にも、その時々の流行があるため。
近年は、ソーラーパネルが屋根についていたり、エコをテーマに機能が
格段に充実していたりする。
どんどん進化する住宅機能に合わせて、モデルルームも新しくなっていく。
では役目を終えたモデルハウスは、いったいどうなってしまうのだろう。
住宅メーカーに問い合わせてみると、その"運命"はまちまちのようだ。
たとえば、ひとつのメーカーが単独で展示している場合、すでにメーカーが
土地を購入して、そこにモデルハウスを建てていることが多い。
そういうときは、展示を終えた後、モデルハウスと土地をセットにして
希望者に販売する。
モデルハウスだったために五〇〇万円引きなど大幅に値引される場合も多く、
希望者が殺到するという。
誰に売却されるかも、抽選あるいは先着順など、その方法は各メーカーに
よって異なる。
土地つきのモデルハウスでない場合は、プレハブエ法と呼ばれる方法で
建てられるケースがある。
プレハフエ法とは、一度解体しても、その資材を別の場所に運び再び組み
直して建てられるというもの。
すでに土地だけは持っているというなら、こうしたモデルハウスを選択すれ
ば、かなりお買い得な値段でマイホームを手に入れられる。
ただしプレハブエ法のモデルハウスは、大型のタイプが多いので、その場合は
広い土地が必要であるなど条件に制約がある。
こうして、モデルハウスとしての役目を終えた後も、一般の家としての役目を
担うものがある一方で、そのまま産業廃棄物としてお役御免になってしまう
ものもある。
プレハブエ法で建てられているモデルハウスでない限り、資材を再利用する
わけにもいかないからだ。
(雑学裏事情おもしろ事典 より 王様文庫発行)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 中小企業の賃金制度の作り方
◆─────────────────────────────────◆
弊社の主力商品である賃金制度、一般公開セミナーを開催していますが、
各地から地元での開催はないのか?との問い合わせをたくさんいただ
きました。
忙しくて東京まで行けない、忙しくてセミナーに参加できない方のために
DVDを作成することにしました。
内容は公開セミナーと同じですが、時間の制約上、評価制度と賃金制度移行の
方法は省略しました。しかし、このDVDで必要な情報を入っています。
よろしかったら下記からお申し込みください。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-11.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2017年
8月17日

【懲戒】始末書とは?

◆─────────────────────────────────◆
突然の申込を受けても慌てないために、「無期転換制度への備え方」セミナー
平成30年4月1日になってからでは遅い
    【東京】 平成29年11月16日(木)13時30分~16時
        http://nakagawa-consul.com/seminar/086.html
◆─────────────────────────────────◆
平成25年4月1日に労働契約法第18条(無期転換制度)が施行されました。
同制度は、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは、
その労働者の申込により、無期労働契約に転換できるというルールです。
施行日から5年となる平成30年4月1日以降、パートやアルバイトを含む
契約社員を雇用する企業では、無期転換申込権の権利行使が予想されます。
今から準備しましょう。
 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/086.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年8月17日号 VOL.3210
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ドイツ人とロシア人とアメリカ人が、汽車旅行をしている。
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【懲戒】始末書とは?
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   始末書について教えてください。
中川:はい、なんでしょう?
社長:顛末書(てんまつしょ)と始末書は違うのですか?
中川:一般的には顛末書は事実関係の列挙、始末書はお詫びという
   ように区分して使われています。
社長:そもそも顛末書の顛(てん)はどういう意味ですか?
中川:はじめという意味です。
   だから事故や不祥事についての最初から最後までの
   事実を列挙するのです。
社長:ふーん。
   始末書も最初から終わりまでを意味しています。
   同じではないのですか?
中川:いわれてみるとそうですね。
   でも、現在は顛末書と始末書は区分されて使われています。
   絶対的なルールはないのでしょうが。
社長:分かりました。
   従業員が仕事上のミスをしたとか無断欠勤をした
   場合に当社は始末書を提出することになっています。
   ということは詫びを入れる書類だということですね?
中川:そうです。
社長:始末書を提出させる意味はあるのでしょうか?
中川:どうして意味がないと感じるのですか?
社長:始末書を提出させても本人が反省していなければ
   意味がありません。
中川:以前、次のようなテレビ広告がありました。
   「心」は誰にも見えない。けれど「心遣い」は見える。
   「思い」は誰にも見えない。けれど「思いやり」は見える。
社長:良い言葉ですね。
   で、それがどうかしましたか?
中川:反省しているかどうかは心の中なのでだれにも見えません。
   しかし、書面があれば見えますよね。
社長:書面ではすみませんと詫びをいれていても
   本当に反省しているかどうか怪しいのです。
中川:それはそうです。
   だから始末書を提出させても意味がないと?
社長:そうです。
   形式的な気がします。
   私は形式的なことはきらいです。
中川:では、どうしてもらいたのですか?
社長:ミスをしたことに深く反省をしてもらいたいのです。
   それだけです。
中川:確かにそうですね。
   で、深く反省していることをどうやって見分けるのですか?
社長:心は見えませんね。
   テレビコマーシャルの言うとおりだ。
   うーん。
   結局、見えるようにするには始末書しかありませんね。
中川:そうですね。
   それから始末書は重要な証拠となります。
   だから、やはり必要なのです。
社長:始末書が重要な証拠になるのですか?
中川:たとえば、無断欠勤が多いから懲戒解雇したとします。
   その有効性は、会社がどの程度本人に注意を喚起したか
   指導したかが問われます。
   始末書を何度も提出させていればその証拠になるのです。
社長:そうですか。
   では、しっかりと始末書をとります。
中川:社長は奥さんから始末書を出せといわれないように
   注意してくださいね。
社長:...。

(中川コメント)
労働者が事故や不祥事を起こした場合
1.その事実関係を報告する
2.事故や不祥事に対し謝罪をする、将来繰り返さないと誓約する
ことがあります。
顛末書は1だけ。
始末書は1と2を合わせて記載します。

◆─────────────────────────────────◆
 ■ パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
   【東京】 10月6日(金) 13時30分~16時30分 
      http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html  
◆─────────────────────────────────◆
※Webセミナーも開催しています

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
ドイツ人とロシア人とアメリカ人が、汽車旅行をしている。
アメリカ人はコーラを飲み始めたが、一口飲んでポイと窓から捨てて
しまった。
アメリカにはコ--ラがいくらでもあるのだ。
ロシア人は、ウオッカを飲み始めたが、一口飲んでポイと捨ててしまった。
ロシアにはウオッカがいくらでもあるのだ。
ドイツ人はというと、汽車に乗っていたソ連兵を窓から捨てようとしている。
束ドイツには、ソ連兵がいくらでもいるのだ。
(世界ビジネスジョーク集 おおばともみつ著 中央公論新社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
【CD】バッチリ週休3日制!賞与も退職金もありの限定正社員制度
           講師 北見昌朗先生
  http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-17.html
◆─────────────────────────────────◆
とにかく人が採れない年中無休の小売り業、製造業にお勧めの新制度です。
HPからのお申し込みは下記からお願いします。
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-17.html
また、下記のご記入いただきそのまま返信でも申込みができます。
*********** 申込み書***********************************
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2017年
8月16日

 【人事】課長が降職を申し出た

――――――――――――――――――――――――――――
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日   10月27日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
――――――――――――――――――――――――――――
 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPad
など情報の環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に
会社のリスクがずいぶんと高くなっています。それらに的確に
対応しなければ倒産の仲間入りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力、
マイナンバーへの対応など、労務管理が求められる水準が格段
に高まっています。
 このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要
です。御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年8月16日号 VOL.3209
――――――――――――――――――――――――――――――――――
人は心を守るためにも怒りを使う
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【人事】課長が降職を申し出た
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   A課長のことで相談です。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:A課長は課長になって一年経ちます。
   課長の責任は重く耐えられないから降職して欲しいと
   言ってきました。
中川:それは穏やかではありませんね。
社長:たしかに、課長になれば責任は重くなります。
   しかし、それくらいは対応してもらわないと困ります。
中川:A課長は課長としてはどの程度の力量ですか?
社長:課長になって一年ですから、ベテラン課長と比べると
   見劣りします。
   しかし、やがて、力をつけてくると期待していました。
   がっかりです。
中川:で、どうするつもりですか?
社長:それで、相談です。
   A課長の言うことを聞かなくてはならないですか?
中川:従う必要はありません。
社長:しかし、嫌がる人をムリヤリ仕事をさせても、お互いに
   不幸です。
中川:であれば、降職すればいいでしょう。
社長:その場合に気をつけなければならないことは?
中川:役職手当がなくなることを説明しましょう。
社長:あのう、係長にしたいと思います。
   その場合は月額5千円の役職手当です。
   それは支給することでいいですか?
中川:そうですね。
   役職手当は係長の月額5千円になることを説明しましょう。
   そのほかに気をつけることは、残業代を払わなければならない
   ことです。
社長:それは当然です。
   残業代は払います。
中川:課長に昇進したときに基本給はどうしましたか?
社長:基本給を上げました。
中川:それはどうしますか?
社長:いやあ、初めてのことでそこは考えていませんでした。
   どうしたらいいですか?
中川:御社は、基本給に退職金や賞与が連動しています。
   仕事とのバランス上、基本給を元に戻すべきですね。
社長:しかし、基本給を下げることは不利益変更になりませんか?
中川:不利益変更になります。
   したがって、Aさんの同意が必要です。
社長:分かりました。
   今回はAさんが申し出ているので基本給が元に戻ることは
   同意してくれるでしょう。
中川:同意したら、書面を作成し、交付しましょう。
社長:わかりました。

(中川コメント)
降職は会社に人事権があります。
本人の申し出があっても、応じる義務はありません。
しかし、今回の事例のように、本人が職務に耐えられないと言っており
事業主もそう判断をした場合は応じることが望ましいです。
降職したら役職手当は減額になります。
この減額は不利益変更とはなりません。
なぜなら、制度として役職手当が設定されておりその設定どおりに
運用するからです。
問題は基本給です。
課長に昇進したことでご祝儀として昇給をしたとしても、それは
単なる昇給です。
基本給を下げるにはその理由が必要です。
また、基本給を下げることの同意が必要です。
なぜなら、不利益変更だからです。

◆─────────────────────────────────◆
 ■ パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
   【東京】 10月6日(金) 13時30分~16時30分 
      http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html  
◆─────────────────────────────────◆
※Webセミナーも開催しています

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
人は心を守るためにも怒りを使う
「身を守る」ということのなかには、心の安全も含まれます。
人から傷つくようなことを言われたり、バカにされたとき、
「なんてことを言うのよ!」
「あんただって人のこと言えないでしょ!」
と言い返すことがありませんか。
これは、心を守ろうとする行為です。
怒りにまかせて発する言業は、本心ではなく、相手を打ち負かす言葉で
あることが多いといわれています。
売り言菓に買い言薬でケンカになってしまうときには、これが起こり
がちです。
もうひとつ、相手と関わって怒りがわいてきたとき、
「あ!こんな人と関わるのはやめて逃げよう」
と距離を置くというのも、自分を守る行為のひとつといえます。
(アンガーマネジメント 戸田久実著 かんき出版刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 就業規則見直しをご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
 毎年のように法律改正が行われており、一年前に作成した就業規則ですら
すでに時代遅れになっています。多忙な経営者や総務関係者がその都度、法
改正に対応するご苦労はいかほどのものかと推察します。
 法改正のスピードが速いので最新情報による弊社主催の就業規則セミナー
にご参加いただくのが良いと思います。できればそうしていただきたいので
すが、セミナーを受けても帰社したら目先の仕事に追われ気づいたらまった
く着手できていない方も少なくありません。
「そのうち、そのうち」と思案中に1年が経ち2年が経ち...。
 中川が御社にお伺いして就業規則の見直しのお手伝いをします。中川がお
手伝いすることで確実に最新版の就業規則を作成できます。

   ◆就業規則見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後のお断りはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細は
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/work_regulations.html
でご確認ください。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2017年
8月15日

 【問題社員】なんでもかんでも質問をする部下

◆─────────────────────────────────◆
 ■ほしいお客が増える3つの営業方法改革講座
    【東京】  10月26日(木)13時30分~16時30分 場所:東京都 銀座
    講師 村上透氏
    http://nakagawa-consul.com/seminar/091.html
◆─────────────────────────────────◆
"お客が増える!"営業講座2018年の利益性を一段と良くするために!
勉強しているのにさほど業績が伸びない原因をつきとめ、対策を立てましょう
お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/091.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年8月15日号 VOL.3208
――――――――――――――――――――――――――――――――――
新築祝いで、火を連想させる言葉を使うのはタブー
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【問題社員】なんでもかんでも質問をする部下
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   A君のことで相談です。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:A君は上司にいつもこれはどうしましょうか?と聞いています。
中川:勝手なことをされるよりいいでしょう。
社長:それはそうです。
   しかし、何でもかんでも聞くのです。
   それで上司はかなりの時間をとられています。
   それがストレスにもなっているようです。
中川:へえ、たとえばどんなことですか?
社長:たとえば、お客への提案書は小冊子形式がいいか、レポート形式がいいかと
   聞くのです。
   また、横書きがいいか縦書きがいいか、用紙のサイズはA4でいいかなど。
中川:それは基本的なことですから、質問をするのは当然でしょう。
社長:それはそうです。
   しかし、同じような内容の提案書を作成する場合も
   いちいち上司に確認するのです。
中川:それはちょっと困った人ですね。
   昔「指示待ち族」という言葉がはやりましたね。
   その典型ですね。
社長:そうですね。
   どうしたものでしょう?
中川:うーん。
   それは上司にも問題がありますね。
社長:上司に問題ありですか。
   どうしてですか?
中川:部下を育てようという気持ちがないからです。
   A君の質問に答えるだけです。
   だから、A君は上司に確認するクセがついているのです。
社長:でも、質問や相談があったら上司としては
   ちゃんと答えを出さなければなりません。
   上司に問題があるとは思えません。
中川:最初は質問に答えなければなりませんが、わかりきっている
   ことまで繰り返し質問をするのは上司の責任です。
社長:そうですか。
   どうしたいいでしょうね?
中川:社長はどうしたらいいと思いますか?
社長:本人に自覚をさせなければなりませんね。
   別室に呼んで指導します。
中川:どんな風にですか?
社長:うーん。
   同じ事を何度も聞くものではない。
   上司は忙しいからと説明します。
中川:ということです。
社長:はあ?
   「ということです」とはどういうことですか?
中川:社長からA君のことについてどうしたらいいか
   質問を受けました。
   その質問に対して中川はなんと答えましたか?
社長:えーと。
   答えていませんね。
   社長はどうしたらいいと思いますか?と聞きましたね。
中川:そうです。
   そうしたら社長はご自分の考えを述べられました。
社長:それは質問をされたからです。
   それがどうかしましたか?
中川:上司にそうさせるのです。
社長:????
中川:A君から質問なり相談があったら「君はどう考えるか?」
   と聞き返すのです。
   そして、よほどのことがない限りA君の考えどおりで
   するように指示を出します。
社長:それで?
中川:そうすると、A君は上司に相談をしても君はどう考えるか
   と聞かれることを学習します。
   それで上司に相談する前に自分ならどうするかと
   考えるようになります。
社長:そうかもしれませんが、質問をするクセは治らないのでは?
中川:治る保証はできませんが、自分で考えるクセがつきます。
   しかも、A君の考えを上司が承認する確率が高いことが
   繰り返されると、A君は重要でないことは
   次第に相談をしなくなると思います。
社長:ふーん。
   では、上司に「A君はどう考えるのか?」と逆質問を
   させてみます。
中川:試してください。

(中川コメント)
部下は上司の指示どおりに仕事をするのが楽なのです。
仕事で面倒なのは考えることです。
また、自分が勝手に判断したことで上司から叱られると
自己保身のために上司の指示待ちとなります。
難しいテーマです。

◆─────────────────────────────────◆
 ■ パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
   【東京】 10月6日(金) 13時30分~16時30分 
      http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html  
◆─────────────────────────────────◆
※Webセミナーも開催しています

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
新築祝いで、火を連想させる言葉を使うのはタブー
新築祝いでは、「燃える」「焼ける」「灰になる」など、火事を連想さ
せる言葉はタブー。
「倒れる」「潰れる」「壊れる」なども忌み言葉とされる。
贈り物にも、ストーブやライターなど、火を使う道具は避けること。
(タブーの常識大事典 青春出版社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 長時間残業対応セミナー
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html
◆─────────────────────────────────◆
過労死事件が続発しています。
長時間残業は大きな問題だと思いつつ、その解決を先送りしていませんか?
「ノー残業デー」では効果は一時的なものです。
長時間残業を減らす具体的な方法をご提案します。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
2017年
8月14日

 【法令新着情報】労働相談100万件超

◆─────────────────────────────────◆
 「オーナー経営者のための上手な生命保険の活用のしかた」セミナー
    【東京】 平成29年10月25日(水)13時30分~16時
        http://nakagawa-consul.com/seminar/071.html
◆─────────────────────────────────◆
「いろいろとお付き合いもあり保険にはたくさん入っているものの、何が
なんだかよくわからなくなった」という経営者にお目にかかる機会が少な
くありません。
本当に必要なのかと思いつつ、しかし誰に相談したらよいかわからないの
で、ついつい先送りしてしまいがちです。
先送りする理由は、複数の保険会社と付き合いがあり、どの保険会社に相
談したらよいかわからない、何が正しいのかよくわからない、といったと
ころでしょうか?
このセミナーでは、一般に複雑でわかりづらいと言われる生命保険の基本
や、生命保険税制についてわかりやすくお伝えします。

 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/080.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2017年8月14日号 VOL.3207
――――――――――――――――――――――――――――――――――
謎だった恐竜の色を明らかにする最新科学の手法とは?
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【法令新着情報】労働相談100万件超
◆────────────────────────────────◆
【労働相談100万件超 昨年度の個別労働紛争の状況を公表】
厚生労働省は6月16日、「平成28年度個別労働紛争解決制度の
施行状況」を公表しました。
「個別労働紛争解決制度」は、個々の労働者と事業主との間の
労働条件や職場環境などをめぐるトラブルを未然に防止し、
早期に解決を図るための制度で、厚生労働省は、毎年度これら
の制度の利用状況などを取りまとめ、公表しています。
 
■個別労働紛争解決制度とは
 「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」に基づく
  3つの紛争解決援助制度であり、次の3つの解決方法が提供
   されています。
  〇総合労働相談コーナーにおける情報提供・相談
  〇都道府県労働局長による助言・指導
  〇紛争調整委員会によるあっせん
   ・都道府県労働局ではこれら3つの紛争解決援助制度を用
   意しています。利用は無料です。
   ・紛争解決援助制度の利用は、労働者、事業主どちらから
      でも可能です。
   ・制度に関する問い合わせ、申込みは総合労働相談コーナー
      で受けています。
   ・労働者がこれらの制度を利用したことを理由として、事業
     主が労働者に対して不利益な取扱いをすることは法律で
   禁止されています。

■平成28年度の状況のポイント
  全国380ヵ所の総合労働相談コーナーに寄せられた相談件数は
  113万741件となっています(28年度から、これまで都道府県
  労働局雇用均等室で対応していた男女雇用機会均等法等に関す
  る相談も計上)。
  このうち、民事上の個別労働紛争に関するものは25万5460件
  です。これを27年度と比べると、相談件数は9.3%の増加、
  民事上の個別労働紛争の相談件数は4.2%の増加となって
  います。
 
  民事上の個別労働紛争の相談内容の内訳は、いじめ・嫌がらせ
  に関するものが5年連続でトップとなり7万917件(全体の22.8%)、
  他では、自己都合退職に関するものが4万364件(同13.0%)、解雇
  に関するものが3万6760件(同11.8%)などとなっています。
  また、同制度にかかる都道府県労働局長による助言・指導申出
  件数は8976件で前年度と比べ0.6%の増加、紛争調整委員会に
  よるあっせん申請件数は5123件で同7.3%の増加となっています。
  厚生労働省では、今回の施行状況を受けて、総合労働相談コー
  ナーに寄せられる労働相談への適切な対応に努めるとともに、
  助言・指導及びあっせんの運用を的確に行うなど、引き続き、
  個別労働紛争の未然防止と迅速な解決に向けて取り組んでいく
  としています。

(中川コメント)
ご参考までに。

◆─────────────────────────────────◆
 ■ パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
   【東京】 10月6日(金) 13時30分~16時30分 
      http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html  
◆─────────────────────────────────◆
※Webセミナーも開催しています

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
謎だった恐竜の色を明らかにする最新科学の手法とは?
2010年(平成22)、イギリスのブリストル大学と中国科学院のチームが、
羽毛恐竜シノサウロプテリクスは、体が赤茶色だったと発表した。
1億年以上も前に生きていた恐竜の色を科学的に推定した成果だった。
また、その後、羽毛恐竜であるミクロラプトルの羽毛が、光沢のある
黒色だったことや、始祖鳥の羽毛が黒かったことが、世界の研究者から
相次いで発表された。
恐竜の姿をいまに伝えているのは、化石だけである。
だから、その体の色については、現代の爬虫類などから類推するしかなく、
かつての恐竜図鑑などでは、恐竜の体色はおもに現代の爬虫類のように
塗られてきた。
正確な色は、永久にわからないだろうともいわれていた。
それをくつがえしたのは、羽毛の化石に残っているメラノソームの形から
色を推定する方法が開発されたことである。
メラノソームとは、メラニン色素をつくる細胞小器官のことだ。
2006年(平成18)、最初にこれを発見したのは、古代イカの墨袋の化石を
研究していたアメリカ・イェール大学の大学院生ヤコブ・バンターだった。
墨袋の化石にメラノソームが残っており、同じものが恐竜の羽毛の化石に
も残っていた。
それを手がかりにすれば、恐竜の色もわかるはずだと気づいたのだった。
メラノソームには、球形と細長いものの2種類があり、球形は黄、赤、茶など
の色素を、細長いものは黒や灰色などの色素をつくる。
羽毛の色素自体は失われていても、メラノソームが化石として残っていれば、
その形から色が推定できるというわけである。
その後、恐竜の色の科学的特定で、「世界初の快挙」はイギリスと中国の
グループに譲ることになったが、バンターによる発見は、今後も羽毛恐竜の
生態や行動などを考える手がかりになると賞賛されている。
(退屈知らずのすべらない雑学 河出書房新社刊より)

◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。
専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。
専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。
   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
所在地:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 

 
 1