中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、就業規則、退職金制度のセミナー、コンサルティングを得意とする中川式賃金研究所。

HOME > セミナー > Web「社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方」セミナー(1日版)

全国どこでもあなたの席が会場に!

Webセミナー

ある経営者は「このセミナーを受けたことは私の財産だ!」と語ったマイナンバー対応!
社員と、もめごとを起こさない
就業規則の作り方セミナー(1日版)

「このセミナーを受けたことは私の財産だ!」と言われました。申し込みが多数あるセミナーです。

時代の変化に対応できていますか?

ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートフォン、iPadなど情報の環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に会社のリスクがずいぶんと高くなっています。それらに的確に対応しなければ倒産の仲間入りをするかもしれません。
個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力への対応など、労務管理が求められる水準が格段に高まっています。
このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要です。御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?

まじめな社員があほらしくならないため、特別な遵守事項を入れる

たとえば、無断遅刻をする、無断欠勤をする、会社のルールを守らない、突然退職する、セクハラ、パワハラを平気でする、会社の悪口を実名でネットに流すなどの問題社員、けしからん社員にたいして毅然と対応するのが労務管理の基本です。そのカギを握っているのは管理監督者です。問題社員、けしからん社員に見て見ぬふりをする、自ら率先してセクハラ、パワハラをするような管理者の部下として働くまじめな社員はあほらしくなります。重要なカギを握っている管理職がしっかりしてもらうために、管理監督者に対する特別な遵守事項が必要なのです。
また、一般社員に対しても、セクハラ、パワハラ、身だしなみ、情報器機の使用、電話の使用、安全運転、車両管理、個人情報の保護、機密情報の管理などを具体的に就業規則で定める必要があります。
御社の就業規則は、まじめな社員があほらしくならないようになっていますか?

最新の法律改正に対応する

反社会的勢力条例、65歳までの雇用義務化、パートタイム労働法、労働契約法など、法律がどんどん改正されています。御社の就業規則はそれに対応していますか?

社長は仕組みを作るのが仕事です

セクハラ、パワハラ、反社会的勢力、加重労働時間、企業機密などへの取組は精神論では効果がありません。それぞれに具体的に様式を定めて、日常の中で労務管理が適切に対応できる仕組みが必要です。この仕組みを作るのが経営者の重要な仕事です。

セミナーでお話する内容の一部を紹介致します
  1. 先手必勝、最初が肝心、採用前に提出させる3点セット
  2. 年次有給休暇をちゃっかりとってやめる、引継ぎをろくにしないでやめる、急に出社してこなくなってやめるなどのけしからん退職者をどうしたらよいか
  3. 問題社員に対する始末書の書かせ方、懲戒処分のし方
  4. 解雇でもめないためのステップ方式
  5. セクハラ、パワハラに対応するひな形
  6. 個人情報保護法に対応した就業規則の作り方
  7. 反社会的勢力、携帯電話の取り扱い、顧客名簿、IDの管理、企業秘密漏洩防止を就業規則に盛り込む方法。

これ以外にもお伝えしたいことが多くあります。セミナーに参加してご確認いただくのが良いかと思います。

配付資料 (100ページ以上 ひな形30以上)

就業規則ひな形 / 個人情報規定 / 退職事由証明書 / 個人情報同意書 / 雇用契約書 / 身元保証書 / 入社誓約書 / 機密情報入社時誓約書 / セクシャルハラスメント防止規程 / パワーハラスメント防止規程 / 指導記録表 / 受診勧告書 / 診療情報提供に関する同意書 / 時間外労働連絡表 / 出勤簿 / 時間外労働の指⽰書 / 時間外のチェックシート / 育児・介護休業規程 / 離職証明書 / 退職確認書 / 競業避⽌および秘密保持契約 ほか

このセミナーに参加された方の声を一部紹介致します
  • セミナーで一番役に立ったのは、「時間外チェックシート」と「けしからん退職者について」です。作成は「性悪説」で、運用は「性善説」では大いなる気づきでした。資料がわかりやすい。
    …… (株)サイケイ 斎藤本部長
  • 言いにくい残業手当をかなり掘り下げて説明をしてもらったことが一番役立った。資料がわかりやすいので会社で検討するのに役立ち助かります。
    …… マイクロテック株式会社 田上総務部長
  • 先生の貴重なるセミナーを受講できたこと、今では私の財産であると思っています。知らぬは恥どころか、高い授業料に直結することは必至です。事実、昨年解雇した社員と裁判寸前まで行き、弊社では、弁護士と連携して臨戦態勢をとった経緯もあり、弁護士からも就業規則を見直すように言われた矢先でした。又、セミナーを受けて、如何に自分が無知であるか思い知らされました。今後は営業に注視するのでなく、労務管理方面でももっと勉強していきたいと思います。
    …… S産業 代表取締役 匿名希望
  • ポイントを明確にして、大変分かり易くまとめてもらってあり参考になりました。
    資料編も実務上すぐに使えそうな内容で役に立ちそうです。
    …… 株式会社電弘 代表取締役社長 小坂禎二様
講師 中川 清徳
講師 中川 清徳
(有)中川式賃金研究所所長
人事、労務畑で30年間、大企業と中小企業の両方を経験して中小企業は大企業のものまねをしてはダメを確信。
豊富な経験をベースにしたセミナーは、分かりやすくて、実践的であると好評。
特に中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、退職金制度のコンサルティングを得意とする。
コンサルティングは一般論、抽象論を嫌い、その会社に合った丁寧な指導で、クライアントの絶大なる信頼を得ている。
Webセミナーに必要なもの

インターネットに接続できるパソコン、タブレット等。マイク、スピーカー、カメラが付属しているか、外づけしていること。

※Zoomを使用します。
※接続方法はお申し込み後、ご連絡します。

WEBセミナーのよくあるご質問はこちら

無料参加者には最新法律に対応したモデル就業規則全文を差し上げます。

【Webセミナー】
社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー
(1日版)
対象者
経営者、管理職、人事、労務担当の皆さま
受講料
1名につき38,000円(税込 41,800円)
メール顧問契約をされている会社は半額
19,000円(税込 20,900円)

※参加人数は、お申し込みの会社の従業員であれば、何人でもOKです。

【メール顧問契約】とは

【メール顧問契約】とは、
メールやFAXにて気軽にご相談いただける有料のサービスです。
《無料メールマガジン会員》とは異なりますのでご了承ください。
詳しくはこちら

注意事項
録音はご遠慮願います。
社会保険労務士、経営コンサルタント、税理士等、同業者のお申し込みはご遠慮ください。
申込方法
下記よりご希望の日程をご選択のうえ、
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス・会社名・役職をご入力しお申し込みください。
折り返し、接続方法のご連絡をいたします。
お支払いについて
お支払いは請求書を郵送しますので、事前に銀行振り込みをしてください
※カードはご利用いただけません。
主催・申込先
(有)中川式賃金研究所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中4680-184
TEL 0299-85-1475
FAX 0299-85-1474

お申し込みについてのご注意

お申し込みいただくと、お申し込み内容の確認メールが送信されますが、メールが『迷惑メールフォルダ』に入ってしまう場合があります。

また、メールが一切届かず、消滅してしまう事例も発生しております。

確認メールが5営業日以内に届かない場合は、
以下の問い合わせ先まで、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

中川式賃金研究所 TEL 0299-85-1475  FAX 0299-85-1474

お申し込みはこちらから
半日版セミナーもございます

こちらのセミナーをギューッと圧縮し、半日版としました。
半日版であっても手抜きはしておりません。

「社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方」(半日版)
WEBセミナーはこちら

【メール顧問契約】とは

【メール顧問契約】とは、
メールやFAXにて気軽にご相談いただける有料のサービスです。
《無料メールマガジン会員》とは異なりますのでご了承ください。
詳しくはこちら

現在募集中の日程はありませんが、
下記よりWebセミナーをお申し込みいただけます。
上記の日程でご都合がつかない場合は、
下記よりWebセミナーをお申し込みいただけます。
ご希望の日時でお申込みいただけます

パソコン、タブレット等を使い、インターネット上でセミナーが受講できます。
会場までの移動時間や交通費がかからないので、受講者の時間、⼿間、コストが軽減できます。

お問合せ・ご相談はお気軽にお電話ください。

電話番号:0299-85-1475 受付時間:10時~16時(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

このページの先頭へ