HOME > 中川清徳のブログ
中川清徳のブログ
2019年
3月23日
カテゴリー

 【退職】退職勧奨

◆─────────────────────────────────◆
 「オーナー会社のM&Aのキホン」セミナー
  【東京】 平成31年4月19日(金)13時30分~16時 2万円(税別)
        https://nakagawa-consul.com/seminar/110.html
◆─────────────────────────────────◆
事業承継対策や成長戦略のためのM&Aのキホンをできるだけわかりやすく
お伝えします。
M&Aの法務や税務は?
社員の雇用はどうなる?
複雑といわれるM&A法務を解説します。
 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ https://www.nakagawa-consul.com/seminar/110.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年3月23日号   VOL.4022
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジャガイモの漬け物がないわけ
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【退職】退職勧奨
◆────────────────────────────────◆
1.使用者による退職勧奨の意味
退職勧奨とは、使用者が雇用する労働者の自発的な退職意思の形成を働き
掛けるための説得等の行為と解されているところ、厳密には、二つに分け
られる。
(1) 労働者からの退職の意思表示を勧めるもの(使用者による勧奨は
 「合意解約の申込みの誘引)
(2) 使用者からの労働者に対する合意解約の申込みに対する承諾を勧める
 もの(使用者による退職勧奨は「合意解約の申込み」となるため、労働者
 による受諾の意思表示により合意解約が成立する)
そのため、「退職勧奨の受け入れ」も、(1)の場合は退職の申込み、(2)の
場合は退職の承諾という意思表示になる。
なお、退職諸条件がすべて書面に記載され、対象となった労働者が書面に
よる受諾回答をする場合など客観的に使用者の意思が明らかとなっている
場合に限って、上記(2)の合意解約の申込みと考えるべきである。

2.口頭、電子メールによる受け入れ
退職の意思表示は、書面で行わなければならないという法律上の規制は
ないため、退職の意思表示および退職日が明確になっていれば、面談の際
の口頭によるもの、電話や電子メールであっても、労働者の真意に基づく
ものであれば有効である。
しかし、退職の意思表示は、労働契約を終了させる重要な法的効果を生じ
させるものであるため、その意思表示を受ける使用者としても慎重に取り
扱う必要がある。
そこで、使用者は、口頭や電子メールによる退職の意思表示があった場合
には、念のため、退職願(退職勧奨受諾書)や退職に関する覚書(確認書)
の提出を求めるべきである。
なお、退戦願の提出を受けた使用者は、(2)の退職勧奨が使用者の「合意解
約の申込み」であると認識していたとしても、トラブルを防ぐために、
退職に関する受理通知書を当該労働者に交付しておいたほうがよい。

3.代筆による受け入れ
代筆による退職の意思表示は、退職する本人の意思が当該書面から明らかで
はないことから、原則として無効である。
もっとも、代筆された退職願や受諾書が使用者に提出された後、本人に対し
てその意思を電話や面談、電子メール等によって確認することができた場合
には、例外的に、代筆による退職の意思表示が認められることもあり得る
ものと解される。
しかし、前述のとおり、退職の意思表示は労働契約終了の効果を生じさせる
ため、慎重に取り扱う必要がある。そのため、使用者としては、本人による
退職願(退職勧奨受諾書)や退職に関する覚書(確認書)の提出を求めるべきで
ある。

(中川コメント)
退職は口頭や電子メールによる意思表示も有効ですがトラブル防止のため
書面の取り付けも行いましょう。また、代筆による意思表示は原則として
無効であるため、労働者本人から書面の取り付けを行いましょう。
懲戒解雇以外は退職願いをとりましょう。
定年とか休職期間満了などの場合は退職願いはとらないで、会社からの
通知書等で行います。
詳しくはひな形も例示する下記のセミナーが参考になります。
──────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】4月12日(金)10時~16時30分 38,000円(税別)
   →→→ https://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ https://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ https://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
ジャガイモの漬け物がないわけ
ほとんどの野菜は漬け物にできるが、イモの漬物を見たという人はいない
だろう。
ジャガイモは潰物にはできないのだ。
ジャガイモには、βデンプンが13~23%も含まれている。このβデンプンは
安定性の高い高分子なので、生のままでは消化しにくいという難点がある。
漬物にしても、βデンプンは分解されないため、舌触りが悪く、消化しにく
いという理由から、ジャガイモの漬物はつくられていないのだ。
同様に、サツマイモもデンプンをたっぷり含むため、潰物にしても、ガリ
ガリとした舌触りでおいしくは仕上からない。一方、キクイモは名前はイモ
でも、キク科の植物でデンプンを含まないので、漬け物としても売られて
いる。
(おいしい雑学 博学こだわり倶楽部編 河出書房社刊 より)
◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分
    レジメ等46ページ(PDFファイルをCDにて配布) 1万円(税別) 
 → https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2019年
3月22日
カテゴリー

「パワハラ・セクハラ撲滅セミナー」のご案内


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年3月22日号   VOL.4021
◆─────────────────────────────────◆
「きっとよくなる 」を口ぐせにすると
もっとよくなる

(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 ─────────────────────────────────
 ■「パワハラ・セクハラ撲滅セミナー」セミナー 24,000円(税別)
   【東京】 5月14日(火)13時30分~16時 
    http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html
   【Web】 4月18日(木) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/seminar/088_web.html   
 ─────────────────────────────────
「パワハラ・セクハラ撲滅セミナー」のご案内

業務上精神障害(パワハラ労災)の認定率は36.8%
いきなりですが、ゲッとする数字をご紹介しましょう。
「36,8%」。
これは「精神障害」(うつ病)が「業務上災害」だと認定されて
「労災保険給付」が決まった率です。
言ってみれば「パワハラ労災」です。
平成28年度の場合、精神障害の労災申請は1586件あり、
そのうち498件(36.8%)が認められました。
その精神障害の中で「自殺」は198件が申請され、
そのうち84件(47.7%)が認められました。
業務上の災害だと認められた「出来事」を見てみますと、多いのは次の順です。
1位「仕事の内容・仕事量の大きな変化を生じさせる出来事があった」
2位「ひどい嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」
3位「1ヶ月に80時間以上の時間外労働を行った」
4位「2週間以上にわたって連続勤務を行った」
5位「上司とのトラブルがあった」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120427.pdf
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11402000-Roudoukijunkyokuroudouhoshoubu-Hoshouka/h27_seishin.pdf

上記の中でパワハラかな?と想像させるのは「ひどい嫌がらせ、いじめ、
又は暴行を受けた」です。
いったん業務上災害だと認められてしまうと、会社は次のようなリスクを
負います。
(1)療養期間中、解雇できない。(ずっとです)
(2)自殺でもされたら、とんでもない損害賠償・慰謝料を払うハメになる。
(3)民事訴訟になったら、弁護士費用だけで目から火が飛び出そう
  (マンション1軒分)
自殺案件になると、損害賠償はもちろん1億円超です。
弊社がパワハラ・セクハラセミナーに力を入れている理由は、
わかっていただけたと思います。
 
弊社では、「パワハラセクハラ撲滅セミナー」を開催してます。
お申し込みは下記からお願いします。
【東京会場】 http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html
【Webセミナー】https://nakagawa-consul.sslserve.jp/seminar/web-seminar.html
または、下記の申込書欄にご記入のうえ、そのままご返信ください。
受講票と請求書を郵送します。
複数のご参加は連名でご記入ください。
********************************************************************
    「パワハラセクハラ撲滅セミナー」 24,000円(税別)
                         二人目 半額
1.社名
2.役職名
3.お名前
4.会社所在地
Webセミナーをご希望の場合下記の()内に○をご記入ください。
   ( )Webセミナーを希望 
            遠隔地でもその場で受講できます
      日程が合わないなどの事情で参加できない方に朗報です。
      お申し込み後、弊社より日程調整のご連絡を差し上げます。
      インターネットに接続でき、マイク、スピーカが接続できる 
      パソコンがあれば特別なソフトは不要です。
社内研修も承ります。
   (  )社内研修を希望
       日程、費用、内容等を打ち合わせをします。
       その結果で実施の可否を決定してください。
       ご希望があっても実施する義務は生じません。
********************************************************************
セミナーの内容(講師の都合で変更することがあります)

・ハラスメントの種類
・パワハラ・セクハラとは
・パワハラ・セクハラの事例
・パワハラを起こさないポイント
・パワハラによる精神疾患の予兆
・慰謝料の事例
・パワハラ・セクハラに対する社内体制のつくり方
・諸規程の作成
・社員教育の仕方
・経営者、上司がパワハラと言われない指導方法
・部下と信頼関係を築く方法
・使用者責任保険について
パワハラ、セクハラが中心となりますが、下記の行為についても
触れます。
・モラルハラスメント
・マタニティーハラスメント
・パタニティーハラスメント
・ジェンダーハラスメント
これ以外にもお伝えしたいことが多くあります。
セミナーに参加してご確認いただくのが良いかと思います。

(中川コメント)
 お申し込みをお待ちしております。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「きっとよくなる 」を口ぐせにすると
もっとよくなる

何か問題があるのですか?
心配?...ですか?
だいじょうぶです。
問題があれば、
その後はよくなるんです。
「きっとよくなる」
「必ずよくなる」
「もっとよくなる」
問題を解決していくことが
楽くなります。
問題を解決していくことが楽くなります。

これでハッピー!
問題は、さらによくなるチャンス!

(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2019年
3月22日
カテゴリー

 【労働時間】管理職も含めた「労働時間の把握」が義務化されます!

 ■ パワハラ・セクハラ撲滅セミナー 受講料 24,000円(税別)
   【東京】 5月14日(火) 13時30分~16時30分 
      https://nakagawa-consul.com/seminar/088.html
   【Web】 4月18日(木) 13時30分~16時30分
    https://nakagawa-consul.com/seminar/088_web.html  
       
◆─────────────────────────────────◆
大手の広告会社で社員がパワハラと長時間労働で自殺した事件がありました。
それをきっかけにパワハラ問題が一段とクローズアップされるようになり
ました。
ガラス細工と言われる世代には、昔風の叱り方は通じません。
大事なのは、モノの言い方、伝え方です。
「若い社員に対して、きつい叱り方をして自殺でもされたら」と思うと
ゾッとしませんか?
お申し込みは下記から
  東京開催→   https://nakagawa-consul.com/seminar/088.html
  Webセミナー→ https://nakagawa-consul.com/seminar/088_web.html 
☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年3月22日号   VOL.4020
――――――――――――――――――――――――――――――――――
[アインシュタインの名言|驚きを感じられなくなったら人は死んだも同然]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【労働時間】管理職も含めた「労働時間の把握」が義務化されます!
◆────────────────────────────────◆
いよいよ4月から、順次働き方改革関連法の施行が始まります。
「年5日の年次有給休暇取得義務化」や大企業では「時間外労働
の上限規制」が設けられる(中小企業では1年間の猶予有り)こと
から、対策を急がれた方、または現在急がれている方もいらっ
しゃるのではないでしょうか。
今回はその改正法のうち、企業規模に関わらず適用される
「労働安全衛生法」の「労働時間の適正把握の義務化」について
見ていきましょう。
これまでも「労働基準法」によって、従業員の労働時間を把握
することは「使用者の責務」として規定されていましたが、
今回は「労働安全衛生法」により「使用者の義務」として明文化
されました。加えて、この度の改正では、その対象が「管理
監督者」まで拡大されていることがポイントとなります。
「労働基準法」での労働時間の把握は、労働時間を正確に把握
することで、時間外割増賃金の認識の相違等が労使双方で
起こらないようにすることが主な目的でした。しかし、本改正
では、健康管理の観点から今まで労働時間等の規制の適用を
受けなかった管理職にも「健康確保」を意識付け、社会全体の
長時間労働等の抑制を進める狙いがあります。労働人口が減少し、
多様な人材が働ける社会づくりのためにも、労働時間の削減は
国を挙げての急務となっているわけです。
それでは、どのような方法で労働時間を「適正」に把握すれば
良いのでしょうか?それについては厚生労働省のガイドライン
により以下の通り示されています。いずれの場合も客観的な
記録を基礎として、確認ができるような体制になっていることが
求められます。
●自己申告(※)
●タイムカードの打刻
●ICカードの入退出記録
●パソコンの使用時間の記録
(※)自己申告の場合は実際の労働時間と合致しているか否か
  について、必要に応じて実態調査を実施し、所定の労働
  時間の補正についても配慮することが推奨されています。
また、下記のように使用者の指揮命令下に置かれていると評価
される時間も労働時間に該当しますので、併せて把握する必要
があります。
●業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装へ
  の着替え等)や業務終了後の後始末(清掃等)を事業場内に
 おいて行った時間
●使用者の指示があった場合、即時業務に従事することを求め
 られており、労働から離れることが保障されていない状態で
 待機等している時間(いわゆる「手待時間」)
●研修・教育訓練の受講や、参加することが業務上義務づけ
 られている学習等を行っていた時間
さらに、企業は出勤簿やタイムカード等の労働時間の記録に
関する書類(※)を3年間保存しなければなりませんが、今回の
改正により、保存義務の対象に「管理監督者」も含まれること
になりますので、注意が必要です。
(※)始業・終業時刻が記録された書類等の他、残業に係る命令
  書やその報告書、労働者が自ら労働時間を記録した報告書
  等も該当しますのでご留意ください。なお、保存期間で
  ある3年間の起算点は、それらの書類ごとに最後の記載が
  された日となります。
ひと昔前「名ばかり管理職」といったワードが話題になり
ましたが、これからは、管理監督者としての実態の有無に
関わらずに、健康管理の観点から労働時間の把握が求められる
ことになります。
働き方改革を進め、従業員が働きやすい環境を作り出すことは
今後生き残る会社にとって、必要不可欠といえるでしょう。
しかしながら、その分、管理監督者や下請け企業にしわ寄せが
いくようでは、改革達成とはいえません。今一度、会社全体が
健康で生き生きと働ける職場環境づくりについて、考えてみる
良い機会かもしれません。
労働時間に関する制度をはじめ、貴社の新しいお取り組みに
関するご相談等がございましたら、弊所までぜひお気軽に
ご相談ください。。

(中川コメント)
課長には残業代を払わなければならない時代に変わりました。
下記のセミナーが参考になります。
──────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】4月12日(金)10時~16時30分 38,000円(税別)
   →→→ https://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ https://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ https://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[アインシュタインの名言|驚きを感じられなくなったら人は死んだも同然]
私たちが体験しうる最も美しいものとは、神秘です。これが真の科学の源と
なります。これを知らず、もはや不思議に思ったり、驚きを感じたりでき
なくなった人は死んだも同然です。

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】 慶弔見舞金規程つくり方セミナー 1万円(税別)
               → https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-18.html
◆─────────────────────────────────◆
「うちの会社は社員を大切にするホワイト企業だ」と、つい自慢したくなる
慶弔見舞金規程つくり方をご紹介します。
ご都合でWebセミナーにご参加いただけない方のためにDVDを作成しました。
→ https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-18.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2019年
3月21日
カテゴリー

 【パワハラ】パワーハラスメント防止対策の法制化

◆────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  
       【東京】 4月17日(水) 13時30分~16時30分
       【東京】 7月17日(水) 13時30分~16時30分
         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
       【Webセミナー】2月8日(金) 13時30分~16時30分
     → http://nakagawa-consul.com/seminar/004_web.html
      日程が合わない場合は上記ページ末より調整ができます
◆────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
東京→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
web→ http://nakagawa-consul.com/seminar/004_web.html
   日程が合わない場合は上記ページ末より調整ができます

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年3月21日号   VOL.4018
――――――――――――――――――――――――――――――――――
[ヘンリー・フォードの名言・格言|どうしようもなくなったら成行きに
任せる]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【パワハラ】パワーハラスメント防止対策の法制化
◆────────────────────────────────◆
【女性活躍推進とハラスメント対策を強化する法案に 
           パワーハラスメント防止対策の法制化も】
厚生労働省から、「女性の職業生活における活躍の推進に関する
法律等の一部を改正する法律案要綱」の諮問及び答申について、
資料が公表されています。同法律案要綱について、厚生労働大臣が
労働政策審議会に対して諮問をし、同審議会から「おおむね妥当」
との答申が行われたとのことです。
厚生労働省では、この答申を踏まえ、現在開会中の通常国会への
法案提出の準備を進めるとのことです。
法律案要綱のポイントは、次のとおりです。
1.女性活躍の推進
 (1)一般事業主行動計画の策定等の義務の対象拡大
   ・一般事業主行動計画の策定義務の対象を、常用労働者301人
     以上から101人以上の事業主に拡大する。
 (2)基準に適合する認定一般事業主の認定
   ・女性活躍に関する取組が特に優良な事業主に対する特例
     認定制度を創設する。
 (3)女性の職業選択に資する情報の公表
   ・情報公表義務の対象を常用労働者101人以上の業主に拡大
     する。
  ・あわせて、情報公表に関する勧告に従わなかった場合に
     企業名公表ができることとする。など
2.ハラスメント対策の強化 
 (1)国の施策
   ・国の講ずべき施策に「職場における労働者の就業環境を
     害する言動に起因する問題の解決を促進するために必要な
     施策を充実すること」を規定する。
 
 (2)パワーハラスメント防止対策の法制化
   ・事業主に対して、パワーハラスメント防止のための雇用
   管理上の措置義務(相談体制の整備等)を新設する。
     あわせて、措置の適切かつ有効な実施を図るための指針の
     根拠規定を整備する。
  
   ・パワーハラスメントに関する労使紛争について、都道府県
     労働局長による紛争解決援助、紛争調整委員会による調停
     の対象とするとともに、措置義務等について履行確保の
     ための規定を整備する。
 (3)セクシュアルハラスメント等の防止対策の強化
  ・セクシュアルハラスメント等に起因する問題に関する国、
   事業主及び労働者の努めるべき事項を明確化する。
  ・労働者が事業主にセクシュアルハラスメント等の相談をした
   こと等を理由とする事業主による不利益取扱いを禁止する。
       
  ※パワーハラスメント及びいわゆるマタニティハラスメント
   についても同様の規定を整備。
 
3.施行期日 
 公布日から起算して1年を超えない範囲内で、政令で定める
  日(ただし、(1)(3)の対象拡大は3年、2(1)は公布日。また、
 2(2)の措置義務について、中小企業は公布日から起算して
 3年を超えない範囲内において政令で定める日までは努力義務)
「パワーハラスメント防止対策の法制化」は、労働施策総合
推進法に、パワーハラスメント防止のための雇用管理上の
措置義務(相談体制の整備等)などを新設する形で行われます。
公布日から起算して1年を超えない範囲内で、政令で定める日
から施行される予定ですが、中小企業においては、公布日から
起算して3年を超えない範囲内において政令で定める日までは
努力義務とされるようです。

(中川コメント)
パワハラに法案が成立しそうです。
あなたkの会社はパワハラの対策げできていますか?
弊社では社内研修を承っています。
──────────────────────────────────
 【出前社内研修】パワハラ・セクハラ防止社内研修 半日10万円+交通費
◆─────────────────────────────────◆
パワハラ・セクハラ防止社内研修を承ります。
ご希望の方は下記よりお申し込みください。
お申し込みは下記から
→ https://nakagawa-consul.sslserve.jp/seminar/089.html
お申し込み前の確認はメールにてお願い申し上げます。
確認方法 
 1.このメルマガの返信として確認内容を記載していただく
 2.メール info@nakagawa-consul.com 宛てに送信していただく
 3.電 話 0299-85-1475で確認していただく
 4.FAX 0299-85-1474に送信していただく
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
→ https://form.mag2.com/sufraegepr

ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。
→ https://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[ヘンリー・フォードの名言・格言|どうしようもなくなったら成行きに
任せる]
もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせる
だけだ。


◆─────────────────────────────────◆
 【経営成功事例】さかもとこーひーに学ぶ増客・増益事例 CD
◆─────────────────────────────────◆
「コーヒーはフルーツだ!」と言う坂本社長いわく、「顧客名簿とハガキが
あれば、お客が増える!」
お客が増える! No.48〈読む・見るCD〉+〈音声CD〉 村上透氏作成
6,000円(税別・送料無料)
下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
在庫少なく、売り切れ次第で販売終了です。
****【 申込書 さかもとこーひーに学ぶ増客・増益事例 CD】*********
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2019年
3月20日
カテゴリー

   退職金制度の見直し方セミナーご案内


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2019年3月20日号 VOL.4018
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「文学的に、生きなさい」
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
   日程を追加しました 退職金制度の見直し方セミナー  
       【東京】 4月17日(水) 13時30分~16時30分
       【東京】 7月17日(水) 13時30分~16時30分
         → https://nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆────────────────────────────────◆
  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
       【Webセミナー】2月28日(金) 13時30分~16時30分
         → https://nakagawa-consul.com/seminar/004_web.html
       【東京】 4月17日(水) 13時30分~16時30分
       【東京】 4月17日(水) 13時30分~16時30分
         → https://nakagawa-consul.com/seminar/004.html
急きょ日程を追加したためHPの日程に掲載されていないかもしれません。
その場合は、下記にご記入のうえ、そのまま返信してください。
***********【 退職金制度の見直し方セミナー 申込み書 】************
希望日 月 日
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
********************************************************************
【Webセミナーについて】
  セミナーは弊社が設定するSkypeforBusinessによるWebセミナーです。 
  特別なソフトはいりません。
  Webセミナーに参加するために必要なもの 
   1.インターネットに接続できるパソコン、タブレット等
   2.マイク、スピーカー、カメラが付属しているか、外づけしていること
WebセミナーのQ&Aは下記でご確認ください。
https://nakagawa-consul.com/web-seminar/index.html
  接続方法はお申し込み後、ご連絡します
 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
たった一言で<心に響いた「たった一言」
「文学的に、生きなさい」
 大学のゼミの先生は、とても頭の良い人だった。不真面目な学生だった
私は、先生の言っていることなんてほとんどわからなかった。わからなく
てもいいと思っていた。
 でも、先生が頻繁に言っていたこの言葉だけは、なんだか心に引っかかっ
たまま。
 社会人になって三年が過ぎた。仕事はとてもしんどい。でも、仕事って
楽しいものじゃないでしょう? みんなつらくても頑張っているんでしょう?
と思って頑張っていたら、身体が動かなくなってしまった。
 そんなとき、「文学的に、生きなさい」という先生の声が聞こえた気が
した。たぶんこの言葉って、「わたし」という文学があったとき、今の生き
方はそこに書きたいものなの? と、問うことが必要って意味なんじゃない
のかな。仕事の良し悪しって、上司からの評価とか、お給料とか、福利厚生
とか、そういうものも大事だけど、なにより「わたし」という文学の
エピソードとして、相応しいかどうかという軸で決めてもいいんじゃないか
な、と思えた。そうしたら、なんだか肩の荷が下りて、ほどほどにがんばろ
う、自分がやりたいようにやろう、と思えるようになった。
 ...先生、こういう意味であってるかな?
 調味料さん
(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しようとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
 1