HOME > 中川清徳のブログ
中川清徳のブログ
2019年
7月21日
カテゴリー

 賃金制度の見直をご検討の方へ


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年7月21日号   VOL.4192
◆─────────────────────────────────◆
死んだらどうなるの?
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。
専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。
会社の規模にもよりますが、期間は3ヶ月から6ヶ月程度です。
賃金制度の見直しは次のステップで行います。
一つの例です。
会社の事情により異なります。
 ステップ1 世間相場との比較 
 ステップ2 社内バランスの検討
 ステップ3 人事制度の構築
 ステップ4 諸手当の見直し
 ステップ5 基本給の決定
 ステップ6 昇給(減給を含む)システムの構築
 ステップ7 人事考課の見直し
 ステップ8 賃金規程の見直し
 ステップ9 従業員への周知、同意
専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。
   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
電話番号:
会社所在地:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
死んだらどうなるの?
「ママの写真いっぱい撮ってね」
 先日五歳の娘が、「死んだらどうなるの?(自分が死ぬことを考えると)
今からドキドキする」と言ったのです。私はそんな幼くして死について考え
るなんてと驚き、どう答えたらよいのか悩みました。
そして、「ママの写真いっぱい撮ってね。ママが死んじゃったら沢山写真で
見たいから」と言われました。
 写真写りの悪い私は、子供達の写真ばかり撮って、自分はほとんど写って
きませんでした。今まで撮ってきた写真は、自分たち親が、子供達が巣立っ
た後に懐かしむためのものと思っていました。でも娘の一言で、子ども達が
親を懐かしむものにもなりうるんだと気づきました。これからは、ちゃんと
自分たち親も一緒に、写真の中に残ろうと思いました。
こん太さん

(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2019年
7月21日
カテゴリー

 【労務管理】今年の新入社員の傾向からみる今後の若手社員への対応

◆─────────────────────────────────◆
「ムダなく!」「ラクに!!」エクセルで年休管理 10,000円(税別)
最低でも5日の消化義務に対応するために見直しをしましょう
【東京】 9/18(水)13時30分~15時30分(2時間) 
→   https://nakagawa-consul.com/seminar/112.html
【web】   8/ 9(金) 10時00分~12時00分(2時間)
→   https://nakagawa-consul.com/seminar/112_web.html
◆─────────────────────────────────◆
年次有給休暇の付与を4月1日とか、1月1日に統一していませんか?
そんなことをしていたら、法定以上の有給を取られてしまいます。
入社後半年を経過しますと、一定の要件を満たすことでほとんどの労働者に
年次有給休暇の権利が発生します。
しかしながら個々それぞれの年次有給休暇の基準日で管理することは、
管理をしていく上で事務が煩雑になりがちです。
かといって、年1回の全体での統一基準日を設けた場合は、管理しやすく
なるものの労働者に不利にならないよう基準日を設ける必要があるため、
会社からするとロスが大きくなります。
そこで、中川式賃金研究所としましては「ロスを少なく・管理はラクに」を
モットーに、年12回の管理方式を提案します。
これまでの年休管理があまりうまくできておらず、管理方法の見直しを
お考え中の事業所の皆様向けのセミナー内容になっております。

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行:中川式賃金研究所 中川清徳  2019年7月21日号   VOL.4191
――――――――――――――――――――――――――――――――――
良いマニュアル
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【労務管理】今年の新入社員の傾向からみる今後の若手社員への対応
◆────────────────────────────────◆
6月19日に学校法人産業能率大学総合研究所は「2019年度 新入
社員の会社生活調査」を公表しました。
それによると、「業務時間外でセミナーや通信研修、学校、自習
などの勉強をしたいか」との設問では、
「会社が費用を全額負担してくれるなら勉強したい」(38.6%)
「会社から費用の一部援助があれば勉強したい」(32.7%)
となり、会社からの
援助があれば勉強したいとする新入社員は、合わせて71.3%と
なっています。なお、ほかの回答としては「費用は全額自己負担
でも勉強したい」(13.6%)、「勉強したいと思わない」(15.1%)
となっています。
また6月27日には、公益財団法人日本生産性本部と一般社団法人
日本経済青年協議会は「平成31年度 新入社員働くことの意識
調査結果」を公表しました。
それによると、「人並み以上に働きたいか」との設問では、
「人並みで十分」(63.5%)が昨年度に続き過去最高を更新し、
過去最低となった「人並み以上に働きたい」(29.0%)の倍以上
の回答割合となりました。その差も34.5ポイントで過去最高を
更新しました。
「若いうちは進んで苦労すべきか」との設問では、「好んで苦労
することはない」(37.3%)が過去最高となった一方、「苦労
すべきだ」(43.2%)は減少を続け、最大54.3ポイントあった
その差は過去最小の5.9ポイントにまで急速に縮小しました。
また、「仕事中心」か「(私)生活中心か」との設問では、常に
「両立」(77.0%)が多数を占めていますが、「仕事中心」
(6.0%)、「私生活中心」(17.0%)と、私生活の方が、
11.0ポイント優位となっており、差は拡大傾向にあります。
このような傾向は、本年度の新入社員のタイプにも現れている
かもしれません。産労総合研究所が公表した本年度の新入社員
のタイプは、「呼びかけ次第のAIスピーカータイプ」であり、
「多機能だが、機能を十分に発揮させるためには細かい設定
(丁寧な育成)や別の補助装置(環境整備)が必要」と説明が
付してあります。
※株式会社産労総合研究所
 「2019年度(平成31年度)新入社員のタイプ」より引用
上述の調査結果から読み解くなら、「丁寧な育成」は「会社が
援助しながら、勉強の機会を設けること」、「環境整備」は
「業務内容に無理なくワークライフバランスが保たれている
こと」となるでしょうか。
これは新卒採用をしていない企業にとっても、今後の若手社員
の傾向を考える上で、一つの指標となるものです。そして、
この傾向の変化を認識して対応していかなければ、今後の採用
には苦労することになりかねません。
従業員の「丁寧な育成」「環境整備」への対応を検討するに
当たってご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。
   
(中川コメント)
 本日の記事は弊社が有料会員となっている「中小企業福祉事業団」の
記事を転載しました。
新入教育は下記のDVDが役に立ちます。
──────────────────────────────────
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分
    レジメ等46ページ(PDFファイルをCDにて配布) 1万円(税別) 
 → https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
このメールに返信メールで御願い申し上げます。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
*******************************************************************
社名:
役職名:
氏名:
質問、感想、意見(フリー記入)
*******************************************************************
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
良いマニュアル
マニュアルに「4本の電線を、黒、白、黄、赤の順に接続してください」
と書かれていたらどうでしょうか?
マニュアルの目的は、そのしくみ全体を理解することではありません。
より少ない労力で、誰もが正しい手順を辿れることです。
4本の電線の接続は、「白←赤←黒←黄」の順でも「黒←黄←白←赤」の順
でもいいので、この書き方は「100パーセント正しい」とはいえません。
しかしこの通りにやれば誰でも、迷うことなく電線を接続することができま
す。それが大事なのです。
たとえ正しくなくても、その通りにやったらできてしまうマニュアルが、
ユーザの立場に立った「よいマニュアル」なのです。マニュアルは技術解説
書とは違います。
間違ったことが書いであっては困りますが、正確である必要はないのです。
(仕事が早いのにミスをしない人は、何をしているのか? 飯野謙次著 
文響社刊)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 長時間残業対応セミナー 24,000円(税別)
               → https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html
◆─────────────────────────────────◆
過労死事件が続発しています。
長時間残業は大きな問題だと思いつつ、その解決を先送りしていませんか?
「ノー残業デー」では効果は一時的なものです。
長時間残業を減らす具体的な方法をご提案します。
→ https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-16.html
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2019年
7月20日
カテゴリー

 【労務管理】ハラスメント対策強化法案成立

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】 令和元年10月10日(木)10時~16時30分
      https://nakagawa-consul.com/seminar/002.html 
   【Web】  令和元年8月8日(木)10時~16時30分
      https://nakagawa-consul.com/seminar/002_web.html 
◆─────────────────────────────────◆
中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 
お申し込みは下記から
【東京】→  https://nakagawa-consul.com/seminar/002.html
【Web】 →  https://nakagawa-consul.com/seminar/002_web.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行:中川式賃金研究所 中川清徳  2019年7月20日号   VOL.4190
――――――――――――――――――――――――――――――――――
人は薄情だと知る
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【労務管理】ハラスメント対策強化法案成立
◆────────────────────────────────◆
【女性活躍推進とハラスメント対策を強化する法案可決・成立】
令和元年(2019年)5月29日、参議院本会議で「女性の職業生活
における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が、
与党などの賛成多数により可決・成立しました。この改正法は、
女性の活躍推進に関する一般事業主行動計画の策定義務の対象
拡大やパワーハラスメント防止対策の法制化などの措置を講ず
るものです。
■改正の趣旨
女性をはじめとする多様な労働者が活躍できる就業環境を整備
するため、女性の職業生活における活躍の推進に関する一般
事業主行動計画の策定義務の対象拡大、情報公表の強化、パワー
ハラスメント防止のための事業主の雇用管理上の措置義務等の
新設、セクシュアルハラスメント等の防止対策の強化等の措置
を講ずる。
■改正の概要
1.女性活躍の推進【女性活躍推進法】
 (1)一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大
   一般事業主行動計画の策定義務の対象を、常用労働者
   301人以上から101人以上の事業主に拡大する。
 (2)女性の職業生活における活躍に関する情報公表の強化及び
   その履行確保
   情報公表義務の対象を101人以上の事業主に拡大する。
   また、301人以上の事業主については、現在1項目以上の
   公表を求めている情報公表項目を「①職業生活に関する
   機会の提供に関する実績」、「②職業生活と家庭生活との
   両立に資する雇用環境の整備に関する実績」に関する項目
   に区分し、各区分から1項目以上公表することとする。
   あわせて、情報公表に関する勧告に従わなかった場合に
   企業名公表ができることとする。
 (3)女性活躍に関する取組が特に優良な事業主に対する特例
   認定制度(プラチナえるぼし(仮称))の創設
2.ハラスメント対策の強化
 (1)国の施策に「職場における労働者の就業環境を害する言動
   に起因する問題の解決の促進」(ハラスメント対策)を
   明記【労働施策総合推進法】
 (2)パワーハラスメント防止対策の法制化
  【労働施策総合推進法】
  a.事業主に対して、パワーハラスメント防止のための雇用
   管理上の措置義務(相談体制の整備等)を新設
   あわせて、措置の適切・有効な実施を図るための指針の
   根拠規定を整備
  b.パワーハラスメントに関する労使紛争について、都道府県
   労働局長による紛争解決援助、紛争調整委員会による調停
   の対象とするとともに、措置義務等について履行確保の
   ための規定を整備
 (3)セクシュアルハラスメント等の防止対策の強化
  【男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、労働施策総合推進法】
  a.セクシュアルハラスメント等に起因する問題に関する国、
   事業主及び労働者の責務の明確化
  b.労働者が事業主にセクシュアルハラスメント等の相談を
   したこと等を理由とする事業主による不利益取扱いを禁止
  ※パワーハラスメント及びいわゆるマタニティハラスメント
   についても同様の規定を整備
■施行期日
 公布日から起算して1年を超えない範囲内において政令で
 定める日(ただし、1(1)(2)の対象拡大は3年、2(1)は公布日。
 また、2(2)aについて、中小事業主は公布日から起算して3年
 を超えない範囲内において政令で定める日までは努力義務)
   
(中川コメント)
パワハラ対策を優先するのが良いでしょう。
パワハラと社内研修が義務化されます。
下記のセミナーが参考になります。
──────────────────────────────────
 ■ 総務のためのパワハラ対策セミナー 受講料 24,000円(税別)
   【東京】 10月11日(金) 10時~12時 
      https://nakagawa-consul.com/seminar/114.html
   【Web】 7月22日(月) 10時~12時
       8月23日(金) 13時30分~15時30分
    https://nakagawa-consul.com/seminar/114_web.html  
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
このメールに返信メールで御願い申し上げます。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
*******************************************************************
社名:
役職名:
氏名:
質問、感想、意見(フリー記入)
*******************************************************************
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
人は薄情だと知る
人というものは現金なもので、自分の腹が空いているときには、しげ
しげとやってくるのに、満腹になれば去っていく。こちらの景気がいい
ときは、ご機嫌うかがいにせっせと足を運ぶくせに、いったん落ち目に
なると、寄りつきもしなくなる。これは人の世の常である。
(紫根譚 祐木亜子訳 ディスカバー刊)

◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の見直をご検討の方へ
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度を見直したいが、勉強している時間がない...。
中川式賃金研究所のセミナーに参加したが賃金制度の見直しが後回しに
なっていつの間にか半年が過ぎ、1年が過ぎ...となっている...。
専門家にコンサルティングを依頼した方が良いかもしれません。
よろしければ賃金制度の見直しのお手伝いをさせていただきます。
専門家の力を借りて賃金制度の見直しをしたい方は下記にご記入し
そのままメールをください。
   ◆賃金制度見直しコンサルティングの仮申込み◆
(正式依頼ではありません。お申込み後に断ることはご自由です)
御社名:
役職名:
お名前:
所在地:
上記項目にご記入の上そのまま送信してください。
コンサルティング料を含めた詳細をご連絡します。

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2019年
7月19日
カテゴリー

60歳以上の給料の決め方セミナーのご案内


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2019年7月19号   VOL.4189
◆─────────────────────────────────◆
「一人じゃなくて二人ですよ」
(続きは編集後記で)

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催のご案内
  【東京】  11月20日(水)  13時30分~16時30分
   → https://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
  【Web】   8月22日(木)13時30分~16時30分
    → https://nakagawa-consul.com/seminar/051_web.html

◆─────────────────────────────────◆
60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)
東京セミナー →  https://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
Webセミナー  → https://nakagawa-consul.com/seminar/051_web.html

お申し込みをお待ちしております。

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「一人じゃなくて二人ですよ」
私は病院で働いています。ある日、一人では車椅子に乗れない患者さんを
同僚が介助して車椅子に乗せようとしていました。最近、車椅子に乗り始め
たばかりで筋力が弱く、まだまだたくさんの介助が必要でした。患者さんが
ぽつりと言いました。
「一人でがんばってもらって悪いわね」
同僚はすかさず、
「一人じゃなくて二人ですよ」
見た目は同僚がほとんど乗せているけれど、患者さんも車椅子に乗ろうと
必死にがんばっていました。良くなろう、良くなってもらおうという二つの
思いがあっての共同作業ということに改めて気付かされました。
ゆうこさん

(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 09 60歳以上の給料の決め方セミナー Webあり 確定版.pdf

2019年
7月19日
カテゴリー

【雇用】70歳までの雇用を閣議決定

――――――――――――――――――――――――――――
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】9月13日(金)10時~16時30分 38,000円(税別)
   →→→ https://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
    【Web】8月6日(火)10時~16時30分 38,000円(税別)
   →→→ https://nakagawa-consul.com/seminar/005_web.html
――――――――――――――――――――――――――――
 ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートホン、iPad
など情報の環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に
会社のリスクがずいぶんと高くなっています。それらに的確に
対応しなければ倒産の仲間入りをするかもしれません。
 個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力、
マイナンバーへの対応など、労務管理が求められる水準が格段
に高まっています。
 このように難しい時代にしっかりと対応した就業規則が必要
です。御社の就業規則は時代の変化に対応できていますか?
詳しくは(セミナー申し込みもできます)
→→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行:中川式賃金研究所 中川清徳  2019年7月19日号   VOL.4188
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「下戸」でなぜ「酒の弱い人」の意昧になる?
(続きは編集後記で)
◆────────────────────────────────◆
 【雇用】70歳までの雇用を閣議決定
◆────────────────────────────────◆
政府は、6月21日、経済財政諮問会議の答申を経て、「経済財政運営と改
革の基本方針2019」(いわゆる「骨太方針」)を閣議決定した。
骨太方針では、「新たな時代への挑戦」として、デジタル化を原動力と
する「Society5.0」の実現を経済財政運営の重要テーマに掲げ、成長力
の強化や人づくり革命、所得向上策の推進をはじめとする政策パッケージ
を設定。
その中で、「全世代型社会保障への改革」を柱の一つに据え、70歳まで
の就業機会確保に向けて、定年廃止や70歳までの定年延長、継続雇用制度
導入など七つの選択肢を設け、労使協議に基づいていずれかを実施するこ
とを努力義務とする法律案を2020年の通常国会に提出する方針を示した。
これと併せて、
(1)年金支給開始年齢を65歳から引き上げないことを明記する一方、70歳
 以降の受給開始も選べるよう範囲を拡大すること
(2)現行の在職老齢年金制度については、就労意欲を阻害しない観点から、
 将来的な制度廃止も視野に今後見直しの議論を行うこと
としている。
さらに、所得向上策の推進を図る取り組みとして、民間ノウハウを活用し
た就職支援や職業訓練を組み入れた「就職氷河期世代支援プログラムJを
新たに設定。不本意に非正規雇用で働く氷河期世代の者や長期無業者等、
100万人程度と見込まれる者を対象に支援策を講じ、3年間の取り組みを通
じて同世代の正規雇用者を30万人増やす目標を示した。
   
(中川コメント)
 現在の雇用義務年齢は65歳ですが、70歳までの雇用義務化は遠くない時代
になりました。
人手不足で困っている会社は、技能研修、特定技能などの他に65歳以上の高
齢者の雇用で対応することも選択肢の一つでしょう。
──────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】9月13日(金)10時~16時30分 38,000円(税別)
   →→→ https://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
    【Web】8月6日(火)10時~16時30分 38,000円(税別)
   →→→ https://nakagawa-consul.com/seminar/005_web.html
──────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
このメールに返信メールで御願い申し上げます。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。
*******************************************************************
社名:
役職名:
氏名:
質問、感想、意見(フリー記入)
*******************************************************************
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「下戸」でなぜ「酒の弱い人」の意昧になる?
お酒が飲めない人を「下戸」と呼ぶ。
しかし、もともとは体質的に飲めないのではなく、飲みたくても飲めない人
たちを指す言葉だった。
はるか昔、人々を「大戸」「上戸」「中戸」「下戸」などと階層分けし、
それに応じて祭りなどの酒も振る舞われたという。だから「下戸」は、飲み
たくてもほとんど飲めない。
本当に酒が嫌いなら、かえってムリに飲まされなくていいだろうが、好きな
のにちょっとしか飲ませてもらえないなんて、なんと気の毒なこと。昔の下
戸より、今の下戸のほうがはるかに幸せと言えるだろう。
ちなみに、酒好きのことを「左党」「左利き」などと表現するのは、大工の
仕事に由来する。ノミとカナヅチを使うとき、ノミは左手に持ち、右手のカ
ナヅチで叩いていく。「ノミ=飲み」。
 ここから、酒飲みはもっぱら「左」の字で表すようになったのだという。
(日本語のマル得雑学 知的生き方文庫より)

◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】「新人教育を見える化してグングン成長するツール」セミナー
   新人が育たないのはその仕組みがないからかもしれません
  録画時間(DVD) 1時間5分
    レジメ等46ページ(PDFファイルをCDにて配布) 1万円(税別) 
 → https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html
◆─────────────────────────────────◆
セミナーの内容
1.新人教育計画を見える化するコツ
2.新人が励みになるしかけ
3.多能工化のコツ
4.トレーナー制度の導入の仕方
お申し込みは下記からお願いします。
→ https://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-19.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
 1