中川清徳のブログ

2018年11月の記事一覧

2018年
11月30日
カテゴリー

【セミナー名】介護と仕事を両立させ、介護離職を防止する実践セミナー


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2018年11月30日号   VOL.3861
◆─────────────────────────────────◆
付き合っていた彼女と富士山に旅行へ行った時のことです
(続きは編集後記で)
───────────────────────────────────
Webセミナーのご案内
【セミナー名】介護と仕事を両立させ、介護離職を防止する実践セミナー
                部長、課長、介護で会社を辞めることはないですよ!
【日程】平成31年1月24日(木)13:30~16:30(3時間)
【場所】御社(Webセミナーです)
【料金】15,000円(税別) セミナー終了後請求書を郵送
【お申し込み方法】下記にアクセスしてお申し込みください
http://nakagawa-consul.com/seminar/108_web.html

DVD版のご案内
【セミナー名】介護と仕事を両立させ、介護離職を防止する実践セミナー
                部長、課長、介護で会社を辞めることはないですよ!
【料金】15,000円(税別) DVD版 一枚組(収録2時間10分)
                レジメはPDFでCDにて配布
【お申し込み方法】下記にアクセスしてお申し込みください
http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-20.html

お申し込みをお待ちしております。

【セミナーの内容】
1. えええ!!そんなに深刻なの・介護の現状
 ・介護は誰もが直面する課題
 ・介護に無関心ではいられない
2. ああそうなっているのか、介護保険制度の仕組み
 ・地域包括支援センターの存在を知るだけでほぼ解決
 ・介護保険の利用条件は?
 ・介護にかかる費用(自己負担分の事例)
 ・要介護の内容はどうなっているのか?
 ・頼れるケアマネージャーの仕事は?
 ・これなら両立できるケアーマネージが-た作るケアプランの例
3. なんだ、介護休業はこうすればよいのか
 ・介護休業の盲点 勘違いしやすい介護休業
 ・介護のために離職したら負担が増える現実
 ・育児介護休業法の改正点
 ・これは助かるわ!介護休業給付とは
 ・意外でしょうが介護をしすぎないことです
 ・そうなんだ、介護と仕事は両立するんだ!
4.会社はこうすると信頼を得られます
 ・なにはともあれ実態把握
 ・両立支援体制を作り上げる
 ・介護のために離職してはいけない意外な理由
 ・仕事と介護が両立できる介護事例 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
付き合っていた彼女と富士山に旅行へ行った時のことです
「決めた一言」
金沢市【ペンネーム】romvlvs様からの報告
 今から三十年ほど前、付き合っていた彼女と富士山に旅行へ行った時の
ことです。
社会人二年目であり、あまり旅行などしたことがなかったので、泊まる
ところも決めていませんでした。
東京の友人のところへ寄ってから富士急ハイランドで遊んで、河口湖傍に
ある旅館案内で紹介してもらった湖畔のホテルで泊まることにしました。
 多少無理してもいいホテルにし、夕食の時間になり、部屋に料理が
運ばれてきた時のことでした。
自分は好き嫌いが激しいのですが、せっかくですから美味しいものを、
と思い、食卓に運ばれてきたのは豪勢な船盛りでした。
普段贅沢なデートもしていない二人でしたので、さぞかし喜んでくれると
思いましたが、その時彼女の口からは、「すごい料理。お母さんに食べ
させてあげたい」
てっきり彼女が喜んでくれると思っていたのに意外な一言でした。
三十年前でも、人より先に自分が、という娘は大勢いました。
小さいころから自分は塩をなめてでも、他の人にはいいのにしてあげな
さいと言われていたこととダブり、その一言で決意しました。
結婚をするなら、この娘だと。
それから二年後に結婚し、三人の子供にも恵まれました。
でも、その時の話は嫁にも、子供にも話しておりません。
子供たちもそろそろ結婚の年齢になってきましたが、今度その思い出の
ホテルへ家族で出かけたいと思っています。
そして、その時の話を聞かせてやろうと。
 自分より先に、人のことを考えられる、そして実践する。
そんなことが何より大切で、なかなかできないことであることを。
そして、尊い事であることを。
そして、それを実践することが生活を送るうえで自分の、この上もない
支えになることを。
(編集長 志賀内)
 いやあ〜、ステキな彼女...いや、奥様ですね。
それに、「親孝行」という基準で結婚を決めるなんて、素晴らしい!
 この紙面を奥様が読まれたら、どういう顔をされるかなあ〜。

(プチ紳士からの手紙 より)
http://giveandgive.com/
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
11月30日
カテゴリー

 【賃金】残業時間を過少申告している

◆─────────────────────────────────◆
「同一労働同一賃金と残業規制強化への対応」セミナー 24,000円(税別)
【東京】 12/12(水)/1/17(木)/2/18(月)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109.html
【web】 12/5(水)/1/30(水)
    13時30分~16時30分(3時間) 
→   http://nakagawa-consul.com/seminar/109_web.html
◆─────────────────────────────────◆
【セミナー副題】
・家族手当をパートにも払う時代がやって来る?
・迫られる「手当」と「基本給」見直し
・働き方改革関連法案が成立したことへの対応

さて、「同一労働同一賃金」を争点にした最高裁判決が出ました。
「定年後の継続雇用の賃金を下げる、非正規従業員の賃金格差」が違法か
どうかの判決です。
争点は諸手当でした。
そこで示された判決から従来の考えを改める必要がでてきました。
正規と非正規との間の「均等待遇」と「均衡待遇」の実現が今後の課題に
なりそうです。
それにより、諸手当の見直しが話題になりそうです。

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年11月30日号 VOL.3860
―――――――――――――――――――――――――――――――――
その傾向は、とくにキャリアの短い若手社員にこそあります
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【賃金】残業時間を過少申告している
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   Aさんについて相談です。
中川:はい、なんでしょうか?
社長:Aさんの先月分の残業時間が少なすぎるので、理由を聞いたら
   本来ならもっと短時間に終わるべき仕事だったらというのです。
中川:御社はどのようにして労働時間を把握しているのですか?
社長:出勤簿です。
   出退勤時刻を手書きさせています。
中川:上司から残業時間を削減するようなプレッシャーがあったのでは
   ありませんか?
社長:それはありません。
中川:どうして本来なら短時間で終わるべきだったとAさんは判断した
   のでしょうか?
社長:エクセルのデータ分析で使うマクロを改修していたら
   不具合が生じて、それを直すのに時間がかかったからだというの
   です。
   それを直すのは基礎知識があれば短時間でできるのですが、
   わからなかったから、ネットや本を調べながらしたからだそうです。
   本来はそれほど時間がかからないはずなので、残業をした分を
   きっちり申請するのはおかしいと思ったらと言うのです。
中川:なるほど。
   しかし、効率が悪かったとしても仕事をしたのは事実です。
   労働時間として扱うべきです。
社長:しかし、Aさんは自分の責任だから申請しないと言うのです。
   本人がいらないと言えば払わなくてもよいですか?
中川:それはダメです。
   たとえば、労働基準法では残業は25%以上の割増賃金を払わなければ
   なりません。
   その25%分はいらないと言っても、労働基準法で定められていますので
   割増賃金を払わなければなりません。
   それと同じ考え方です。
社長:わかりました。
中川:今後は困った場合は周囲の助けを求めることを助言したらいいでしょう。

(中川コメント)
本人が自主的に残業時間を過少申告した場合、そのまま割増賃金を
払うのは違法となります。
労働した分は賃金を払う義務が事業主にはありますから。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
その傾向は、とくにキャリアの短い若手社員にこそあります
会社の仕事は、だいたい2割は「やらなくてもいい仕事」です。
会社の仕事には大して重要でもない雑用や、悪しき伝統ともいえるムダな
作業がはびこっているからです。
一方で、「本当にやるべき重要な仕事」もまた2割しかないのです。
問題は、人は「やるべき仕事」を選ぼうとすると、あれもれこれも「やる
べきだ」「重要だ」と考えがちなことです。
その傾向は、とくにキャリアの短い若手社員にこそあります。
経験が浅ければ仕事の全体像をつかむのは難しいものです。
自の前にある仕事は、何もかもがやるべき、大切な仕事に見えるのは仕方
ありません。
だからこそ上司が指導し、「捨てる仕事」を決めるよう教えるのです。
最初に「少なくとも2割は捨てる」と決めてから計画する、いわば戦略的
計画立案です。
(すぐ動くのはやめなさい 佐々木常夫著 青春出版社刊)
◆─────────────────────────────────◆
【DVD版】 慶弔見舞金規程つくり方セミナー 1万円(税別)
               → http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-18.html
◆─────────────────────────────────◆
「うちの会社は社員を大切にするホワイト企業だ」と、つい自慢したくなる
慶弔見舞金規程つくり方をご紹介します。
ご都合でWebセミナーにご参加いただけない方のためにDVDを作成しました。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-18.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
11月29日
カテゴリー

 【不利益変更】出張日当を下げたいが問題ないか?

◆─────────────────────────────────◆
 「ガラッと賃金一新セミナー」2019  
      【東京】平成31年2月14日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年2月25日(月) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年3月 7日(木) 13時30分~16時30分
      【東京】平成31年4月 4日(木) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/000057.html
      【Webセミナー首都圏版】13時30分~16時30分
     2/12(火)/2/19(火)/3/5(火)/3/12(火)/3/19(火)
     4/9(火)/4/16(火)
         http://nakagawa-consul.com/seminar/057_web.html
◆─────────────────────────────────◆
人が採れない・定着率が低いと悩んでいませんか?
足で集めた生の情報「ズバリ! 実在賃金」で自社の競争力を再確認
しましよう。
「求人難」に悩む中小企業が多くなりました。
「定着率」も悪化しています。
そこで、自社の賃金水準を改めてチェックする必要があるのではないで
しょうか? 
初任給は?
賃上げは? 等々が気になります。
そこで中小企業の生の賃金データを集めている(有)中川式賃金研究所の
中川清徳がセミナーを開催します。
ワークライフバランスを達成しながら一定の年収を実現するべきです。
すぐ参考にできるノウハウ満載。ふるってご参加下さい。
第1部 コレが現実 最新の賃金情報
第2部 今年の賃金改定はココがポイント
詳しくは(セミナー申し込みもできます。)

→→  http://nakagawa-consul.com/000057.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年11月29日号 VOL.3859
―――――――――――――――――――――――――――――――――
[松下幸之助の名言|
どの道を選んだら人に喜ばれるかを最終的な尺度にして経営判断をする]
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【不利益変更】出張日当を下げたいが問題ないか?
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   出張日当の相場は分かりますか?
中川:うーん。
   1000円から5000円くらいではないですか。
   一般社員は1000円くらいで役職者が2000円くらい、社長クラスで
   5000円という感じです。
社長:感じですか?
   
中川:はい、統計を取っていないので感覚です。
   どうしてそんな質問をするのですか?
社長:当社は日当が一律2500円なのです。
   高すぎるのではと思いまして。
中川:うーん。
   高すぎるとは思いませんが安くはありませんね。
社長:だから下げたいのです。
中川:なぜ出張日当を出すのでしょう?
社長:改めて聞かれると即答できませんね。
   昔からそうでしたから。
   たぶん、出張すると大変だからでしょう。
中川:何が大変なのですか?
社長:だって、外食をしますし。
   出張だと愛妻弁当を持って行くわけにもいかないでしょう。
   そう!日当は愛妻弁当の代わりです!
中川:いやに、愛妻弁当にこだわりますね。
   では、独身の場合は?
社長:うーん。
      ...!
   それは愛母弁当でしょう!
中川:苦し紛れに「愛母弁当」ですか。
   弁当を持参している人はどのくらいいますか?
社長:ほんの一握りですね。
   弁当屋に注文したり近くのコンビニで買ったりしていますね。
中川:では、出張日当は愛妻弁当の代わりというのは
   苦しくないですか?
社長:苦しいですね。
中川:昔は出張は珍しいことなので、社長がポケットマネーで
   「大変だろうから使ってくれ」と出したのが日当の始まり
   だろうと言われています。
   それが規程になって、今日にいたっていると...。
社長:なるほど。
中川:出張すると外食代がかさみますし、場合によっては
   新聞の購読や飲料の購入などをします。
   それらは、通常勤務であれば発生しないかもしれません。
   
社長:そうそう!
   出張させることによって持ち出しをさせるのは気の毒だから。
   そうなんですよ!
   
中川:で、出張の日当は出すことは賛成なのですね?
社長:そうです。
   でも、2500円の日当は多すぎますよね。
   昼食代は牛丼が高くても360円
   新聞代が160円
   缶コーヒーが120円
   合計 640円
   
中川:牛丼ですか?
   味噌汁くらいつけて欲しい!
社長:牛丼で十分です。
   お昼になると牛丼屋は大繁盛です。
   サラリーマンの殿堂です。
中川:はあ、殿堂ですか...。
社長:まあ、そんなことはさておき、ということで
   当社の出張日当は1000円にします!
中川:あのう、減額は不利益変更になるのですが...。
社長:はあ?
   賃金を下げるのではないですよ。
   労働基準法には日当は賃金とは書いてないでしょう。
   不利益変更ではないでしょう。
中川:たしかに、日当を支給するかしないかは会社が決めることです。
   しかし、一旦決めて規程になると労働条件になります。
   減額は不利益変更になります。
社長:では、どうしたら下げることができるのですか?
中川:従業員に十分説明をして同意を得ることです。
社長:ふーん。
   わかりました。

(中川コメント)
出張日当は賃金ではありませんが、規程に明記すると労働条件となります。
それを減額あるいは廃止することは不利益変更となります。
不利益変更の場合は
1.従業員に十分に説明する
2.同意を得る
ことが必要です。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
[松下幸之助の名言|
どの道を選んだら人に喜ばれるかを最終的な尺度にして経営判断をする]
製品のレベルを高めるために、松下独自の技術でやるか、外国の技術を
導入するかの選択を迫られた場合は少なくなかったが、いずれの場合に
しても、松下独自の技術を基礎にどの道を選んだら社会のためになり、
人々に喜ばれるかということを最終的な尺度にして態度を決めた。

◆─────────────────────────────────◆
 【経営成功事例】さかもとこーひーに学ぶ増客・増益事例 CD
◆─────────────────────────────────◆
「コーヒーはフルーツだ!」と言う坂本社長いわく、「顧客名簿とハガキが
あれば、お客が増える!」
お客が増える! No.48〈読む・見るCD〉+〈音声CD〉 村上透氏作成
6,000円(税別・送料無料)
下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
在庫少なく、売り切れ次第で販売終了です。
****【 申込書 さかもとこーひーに学ぶ増客・増益事例 CD】*********
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
******************************************************

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
11月28日
カテゴリー

 ■「社員が成長する人事考課表の作り方」セミナー

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
  【東京】    3月8日(金)13時30分~16時30分
   http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆
60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年11月28日号 VOL.3857
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「よし、着地を決めて勝つぞ!」
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【就業規則】パートの就業規則の意見聴取について
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   パートの就業規則について質問します。
中川:はい、何でしょうか?
社長:パートが30人います。遅まきながらパート用の就業規則を作りま
   した。
中川:がんばりましたね。
社長:エッヘン!
   ところで、この就業規則は労働基準監督署(労基署)に届け出な
   ければならないのですか?
中川:といいますと?
社長:正社員用の就業規則をすでに労基署に届け出ています。
   だから、パートの分は必要がないのではと思うのですが。
中川:パートの分として別に就業規則を作りましの他で労基署に届け出な
   ければなりません。
社長:めんどうですね。
中川:めんどうでも届け出てください。
社長:就業規則を届け出るときに従業員代表を選出し、意見聴取しなければ
   なりませんね。
   パートさんは従業員代表になることをいやがるような気がします。
中川:いやがろうがいやがるまいが代表者を選出しなければなりません。
   ところで正社員は何人ですか?
社長:50人です。
中川:であれば、パートさんが従業員代表とは限りませんよ。
社長:はあ?
   パートの就業規則の意見聴取ですからパートの代表でしょう。
   パート以外でも良いと法律に書いてあるのですか?
中川:そんな具体的な表現はしていませんが、従業員代表は従業員全員の
   過半数を代表するものです。
社長:従業員全員となると正社員が50人、パート30人ですから80人の
   過半数代表と言うことですか。
中川:そういうことです。
   パートさんだけでは30人ですから過半数になりません。
   正社員を含めて過半数の人を選出しなければなりません。
社長:であれば、正社員のAさんです。
   パートの就業規則の意見聴取はAさんでいいのですか?
中川:そうです。
社長:パートの就業規則の意見をAさんに聞くのはなんだか変な話ですね。
中川:そうですね。
   できるだけパートさんにも意見聴取をした方がいいです。
社長:それはそうですね。
   パートさんに意見聴取をしたら要望がバンバンでてきそうで
   怖いですね。
中川:いい機会ですよ。
   不満があるでしょう。
   聞いて上げましょう。
社長:そうですね。

(中川コメント)
パートの就業規則も労基署に届け出る義務があります。
パートの就業規則を労基署に提出する前提条件は従業員の過半数を代表する
者の意見を聞かなければなりません。
就業規則が法令に違反していなければ反対意見があっても従う必要はありません。
従業員とは管理職、正社員、パート、嘱託などを指します。
その過半数を超える人を代表とします。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「よし、着地を決めて勝つぞ!」
2016年のリオ・オリンピック、体操男子・個人総合決勝の場面を覚えている
方も多いのではないでしょうか。
日本の内村航平選手とウクライナのオレグ・ベルニヤエフ選手との間で金
メダルをかけて死闘が繰り広げられました。
全6種目のうち吊り輪や平行棒など5種目が終了した段階で、完壁に演技を
していたオレグ選手の合計点が内村選手を上回り、その調子でいくとオレグ
選手の金メダルが確定だと誰もが思いました。
まさにそのとき、言葉の力が明暗を分けたのです。
最後の鉄棒の演技に入る直前、内村選手のバックに控えていたコーチや仲間
たちは彼に向かって「着地を決めれば逆転できるぞ。頑張れ!」と声援を
送ったのです。
それに対して、オレグ選手のコーチたちは「着地で失敗すると逆転されるぞ」
と言ったそうです。
もうおわかりですね。「よし、着地を決めて勝つぞ!」とポジティブな発想で
臨んだ内村選手と、「着地で失敗すると負ける...」とネガティブな発想で
取り組んだオレグ選手との差は、まさにコーチたちからの言葉が招いた
リソースフルな状態だったか、そうでなかったかの違いが生んだものなのです。
リソースフルな状態で最終演技に臨んだ内村選手が逆転で金メダルを獲得
したエピソードは、ビジネスの場面でも十分に活用できます。
「お客様のニーズをつかまないと、売上はアップしないぞ」というネガ
ティブな表現と、「お客様の芦に素直に耳を傾け、それを商品開発や営業
活動に活かしていこう」というポジティブな表現とでは、明らかに後者の
ほうが「じゃあ、次に何をしたらいいか」という建設的な発想(リソース
フルな状態)に結びつきゃすいのです。
こうしたポジティブな言葉の積み重ねが売上アップという成果につながります。
(部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ 占部正尚著 日本実業出版社刊)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 全社員が一丸となる賞与の払い方
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.パットしないイマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っ
 ている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
方にお勧めです。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-02.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆
 
2018年
11月28日
カテゴリー

 【就業規則】パートの就業規則の意見聴取について

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
  【東京】    3月8日(金)13時30分~16時30分
   http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆
60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2018年11月28日号 VOL.3857
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「よし、着地を決めて勝つぞ!」
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【就業規則】パートの就業規則の意見聴取について
◆────────────────────────────────◆
中川:こんにちは。
社長:こんにちは。
   パートの就業規則について質問します。
中川:はい、何でしょうか?
社長:パートが30人います。遅まきながらパート用の就業規則を作りま
   した。
中川:がんばりましたね。
社長:エッヘン!
   ところで、この就業規則は労働基準監督署(労基署)に届け出な
   ければならないのですか?
中川:といいますと?
社長:正社員用の就業規則をすでに労基署に届け出ています。
   だから、パートの分は必要がないのではと思うのですが。
中川:パートの分として別に就業規則を作りましの他で労基署に届け出な
   ければなりません。
社長:めんどうですね。
中川:めんどうでも届け出てください。
社長:就業規則を届け出るときに従業員代表を選出し、意見聴取しなければ
   なりませんね。
   パートさんは従業員代表になることをいやがるような気がします。
中川:いやがろうがいやがるまいが代表者を選出しなければなりません。
   ところで正社員は何人ですか?
社長:50人です。
中川:であれば、パートさんが従業員代表とは限りませんよ。
社長:はあ?
   パートの就業規則の意見聴取ですからパートの代表でしょう。
   パート以外でも良いと法律に書いてあるのですか?
中川:そんな具体的な表現はしていませんが、従業員代表は従業員全員の
   過半数を代表するものです。
社長:従業員全員となると正社員が50人、パート30人ですから80人の
   過半数代表と言うことですか。
中川:そういうことです。
   パートさんだけでは30人ですから過半数になりません。
   正社員を含めて過半数の人を選出しなければなりません。
社長:であれば、正社員のAさんです。
   パートの就業規則の意見聴取はAさんでいいのですか?
中川:そうです。
社長:パートの就業規則の意見をAさんに聞くのはなんだか変な話ですね。
中川:そうですね。
   できるだけパートさんにも意見聴取をした方がいいです。
社長:それはそうですね。
   パートさんに意見聴取をしたら要望がバンバンでてきそうで
   怖いですね。
中川:いい機会ですよ。
   不満があるでしょう。
   聞いて上げましょう。
社長:そうですね。

(中川コメント)
パートの就業規則も労基署に届け出る義務があります。
パートの就業規則を労基署に提出する前提条件は従業員の過半数を代表する
者の意見を聞かなければなりません。
就業規則が法令に違反していなければ反対意見があっても従う必要はありません。
従業員とは管理職、正社員、パート、嘱託などを指します。
その過半数を超える人を代表とします。

─────────────────────────────────
■ 社員と、もめごとを起こさない就業規則の作り方セミナー  
    【東京】セミナー開催日    2月15日(金)10時~16時30分
   →→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html
─────────────────────────────────
◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
「よし、着地を決めて勝つぞ!」
2016年のリオ・オリンピック、体操男子・個人総合決勝の場面を覚えている
方も多いのではないでしょうか。
日本の内村航平選手とウクライナのオレグ・ベルニヤエフ選手との間で金
メダルをかけて死闘が繰り広げられました。
全6種目のうち吊り輪や平行棒など5種目が終了した段階で、完壁に演技を
していたオレグ選手の合計点が内村選手を上回り、その調子でいくとオレグ
選手の金メダルが確定だと誰もが思いました。
まさにそのとき、言葉の力が明暗を分けたのです。
最後の鉄棒の演技に入る直前、内村選手のバックに控えていたコーチや仲間
たちは彼に向かって「着地を決めれば逆転できるぞ。頑張れ!」と声援を
送ったのです。
それに対して、オレグ選手のコーチたちは「着地で失敗すると逆転されるぞ」
と言ったそうです。
もうおわかりですね。「よし、着地を決めて勝つぞ!」とポジティブな発想で
臨んだ内村選手と、「着地で失敗すると負ける...」とネガティブな発想で
取り組んだオレグ選手との差は、まさにコーチたちからの言葉が招いた
リソースフルな状態だったか、そうでなかったかの違いが生んだものなのです。
リソースフルな状態で最終演技に臨んだ内村選手が逆転で金メダルを獲得
したエピソードは、ビジネスの場面でも十分に活用できます。
「お客様のニーズをつかまないと、売上はアップしないぞ」というネガ
ティブな表現と、「お客様の芦に素直に耳を傾け、それを商品開発や営業
活動に活かしていこう」というポジティブな表現とでは、明らかに後者の
ほうが「じゃあ、次に何をしたらいいか」という建設的な発想(リソース
フルな状態)に結びつきゃすいのです。
こうしたポジティブな言葉の積み重ねが売上アップという成果につながります。
(部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ 占部正尚著 日本実業出版社刊)

◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 全社員が一丸となる賞与の払い方
◆─────────────────────────────────◆
1.賞与原資の決め方が分からない
2.パットしないイマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っ
 ている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる
方にお勧めです。
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-02.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆