採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る
作者: 中川清徳  2021年3月29日
◆─────────────────────────────────◆
人の見ていないときこそ、
このあとに続く言葉は?
(続きは編集後記で)
◆─────────────────────────────────◆
[Web双方向セミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場!
[内容] 採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー
[価格] 15,000円(税別)
[日程] 4月13日(火) 10時00分~12時00分   
[講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長   
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/113_web.html
    日程が合わない場合は上記ページ末よりご希望の日程に
    調整できます。メールご相談も可能です。   
◆─────────────────────────────────◆
【新企画 「採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー」のご案内】
人事経験のある方であればご存じのとおり、採用の失敗は、採用後の教育
で時間も労力もかなり消耗され、うまくいくケースはまれです。
採用後に「しまった!」と気づいても解雇はよほどの根拠がなければ
解雇はできないのが実情です。
また、周りの従業員の影響も大きく、会社への信頼がゆらぎ社風、風土
まで悪化します。
昨今は求人難です。期待する社員像を求めるのは困難な状態ですが、
それに負けて根拠もなく採用することは避けるべきです。
採ったはいいが、期待外れで入社後に苦労する会社が少なくありません。
お気持ちはわかりますが、採否の決定にもう一手間掛けましょう。
その方が結局、会社も本人のためにもなります。
「人事の要諦は採用にあり」といわれるゆえんです。
採用のポイントは次の3つです。
1. 性格(感謝できる気持ち)
2. 計算能力
3. 仕事の適性
 この3つのポイントを適性検査で押さえれば採ってはいけない人を
見抜けます。
しかし、 採用時は適性検査にそれほど時間をかける余裕がないこと
でしょう。
このセミナーでご紹介する適性検査は45分程度です。
この適性検査は応募者のことが何もかもわかる魔法の杖ではありません。
採ってはいけない人を見抜くことに特化した適性検査です。
採用で後悔しないことを目的としています。
 適性検査はエクセルファイルで配布します。
適性検査は自社で集計し、自社で作成します。
エクセルシートを利用するたびに弊社に料金を支払うシステムでは
ありません。
ランニングコストがかかりません。
お申し込み方法
1.下記でお申し込みください
 【Webセミナー】https://nakagawa-consul.com/seminar/113_web.html
  Webセミナーの設定などはQ&Aでご確認ください。
   https://nakagawa-consul.com/web-seminar/index.html
2.または下記にご記入のうえそのまま返信してください。
******【申込み書】採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー****
希望日 月 日  時~  時
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
********************************************************************
なお、Webセミナーの場合は、弊社が調整可能な限り他の日程でも対応します。
休日、祝日でも対応します。
お申し込みをお待ちしております。
【参加者の声】
正直、面接を行うにあたり、このように客観的に数値化して行える資料が
あることに驚きました。
今まで薬剤師として受けた面接でもこのような形式のものはなかったですし、
弊社のような小さな会社では今までは「見た感じだらしなくなさそうか」
「ある程度のマナーはありそうか」「志望動機」あたりを聞き、あとは
履歴書の転職歴を参考に採用を決めてきました。
ですが、実際は、学歴は弊社にとっては申し分ないけれど実際採用して
みたらコミュニケーション面で大きな問題があった、段取りするのに優先
順位がつけられなく、どの仕事も中途半端だった、整理整頓がまったく
出来ず、メモの伝達もできない人を事務職として採用してしまった、等々、、。。
直近では、昨年末に退職した社員はその場限りのウソを平気でつき、
同じ質問をしても都度返ってくる答えがコロコロ変わり、その場でよくよく
話し合い本人も納得したように見受けられても退職後にハローワークに
行って「前の職場ではうまく口車に乗せられて退職させられた。有給も
消化させてもらえず、退職届を書かされた」など訴えているらしく、
問題が尽きません。
この社員は1年前の歓迎会の時に自身のお父様の悪口を散々言っていたのが
印象的でした。
今思えば、セミナーで大切なポイントと言われた「感謝の心」を持ち合わせ
ていなかった人でしょう。
過去の勤め先が金融系、その後結婚、出産を経て官公庁の契約社員、
商工会系、と堅いところを渡り歩いているような方も、履歴書は
弊社にとって申し分なくても実際性格面や、能力面までは図ることは出来
ません。
面接を控えていますので、どうにか初対面の短い時間の中でその人と
なりを客観的に確かに判断できる手段はないかと考えあぐねいておりました。
今回頂いたエクセル資料で多くのことが判断でき、とても心強い相棒を
得たようです。
今回、急な申し出に先生にはだいぶご無理を強いたことと思います。
ですが、今日の資料を基に良きご縁に繋がるような面接が出来ることに
感謝致します。
長くなりましたが、本当にありがとうございました。
(I社 岡田様)
今までは採用時は簡単な質問でおわっていたが、これからは適性検査
セミナー問題等を使用したい。
(Y社 Y社長様)
今までにない検査で勉強になりました。
自社で行えば現在の配置が適正かどうかわかると思います。
(匿名希望)
試してみようと思う。面接時での質問事項が使える
(匿名希望)
非常に参考になりました。
採用に際してはセミナーの内のテスト等を活用する前に
当社なりに当然のことですがどのような職種にどのような適性を
もった人物を見極めるかについて社内で共有(レベルの一致)が
必要と痛感しました。
(匿名希望)
計算問題は5問のうち2問間違いました。
つまらないミスですがあわてていたのだと思います。
最近、書類の整理等が大変苦痛で苦手な事は気がついてましたが
検査でそれが出たと思います。
(E社 H社長様)
採用試験などやったことが無い会社なので早速試してみたいと思います。
(匿名希望)
まずは参考になりました。性格検査はTAのエゴグラムを活用している
ことを感じました。私もTAを勉強しているので今後も採用だけでなく
教育や部下指導にも役立てられればと思います。
(W社 W社長様)
リクルートより試験時間が短く内容が判断し易いと思います。
高校生の採用には向き不向き検査は難しいかもしれません。
これまでの人生はかなりプライベートな内容で...。
(A社 T様)
とても役立つことを学べました。
向き不向きの検査で私自身が経営者として足りないところ、また
後継者の息子に求めることが理解できました。
(匿名希望)
お申し込み方法
1.下記でお申し込みください
 【Webセミナー】https://nakagawa-consul.com/seminar/113_web.html
2.または下記にご記入のうえそのまま返信してください。
******【申込み書】採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー****
希望日 月 日  時~  時
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
********************************************************************
なお、Webセミナーの場合は、弊社が調整可能な限り他の日程でも対応します。
休日、祝日でも対応します。
お申し込みをお待ちしております。
◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
人の見ていないときこそ、
このあとに続く言葉は?
答え きちんとやる生き力しよう!
人の見ていないときこそ、きちんとやる生き力しよう!
(レクサス星ヶ丘「日本一のお店を作る」今日の言葉より)

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
     
◆─────────────────────────────────◆