賞与支給日には定年退職している人の賞与

[Web双方向セミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場!
[題名] パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
[講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長
[日時] 5月25日(水)13:30~16:30
6月22日(水)13:30~16:30
[料金] 24,000円(税別) 26,400円(税込)
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/088_web.html
Webセミナーはご希望により日程調整が可能です。
メールでご相談ください。
または下記にご記入のうえ、そのままご返信ください。
*******[パワハラ・セクハラ撲滅セミナー]申込書**************
日 程 下記にご希望日時をご記入ください。
第一希望 月  日  時~ 時
第二希望 月  日  時~ 時
社 名
役職名
氏 名
参加数  人 (人数は不問です)
電 話
****************************************************************
日程が合わない場合は日程調整します。

☆★☆───────────────────────────
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年
人事労務畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が
中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2022年5月17日 VOL.5227
──────────────────────────────

成功者は運命を忘れ、
失敗者は個人の力を忘れる

(続きは編集後記で)

──────────────────────────────
賞与支給日には定年退職している人の賞与
──────────────────────────────

Q
当社は7月10日に賞与を支給する予定です。
Aさんは6月末に定年退職します。
当社は賞与支給日に在籍していない場合は賞与を支給しない
ことになっています。
定年退職の場合も適用して問題ありませんか?


[結論]
賞与を支給しなくても問題ありません。

[理由]
賞与は賃金そのものではないので、賞与の支給基準は事業主が
自由に決定できるから。

[補足]
自己都合退職者は支給しないのが一般的です。
しかし、定年退職者は退職前に賞与相当額を支給するのが
良いと思います。

(中川コメント)
定年退職する方には賞与支給日に在籍していなくても
賞与相当分を払うことを推奨します。
退職金に上乗せし、賞与相当額を明示するとなお良いです。

──────────────────────────────

[Web双方向セミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場!
[題名] パワハラ・セクハラ撲滅セミナー
[講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長
[日時] 5月25日(水)13:30~16:30
6月22日(水)13:30~16:30
[料金] 24,000円(税別) 26,400円(税込)
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/088_web.html

──────────────────────────────
編集後記
──────────────────────────────

成功者は運命を忘れ、
失敗者は個人の力を忘れる

川をはさんで同じような村があった。
左岸の農夫は豆を植え、右岸の農夫も豆を植えた。ところが、秋に
なって洪水が発生し、左岸の堤防は決壊したが、右岸の堤防は
決壊を免れた。

このとき、左岸の農夫は運命が自分に味方してくれなかったことを
嘆いた。右岸の農夫は自分が汗水垂らして一生懸命働いたからこそ
決壊を免れ、収穫を得ることができたと考えた。

このどちらか一方だけが正しいというわけではない。
どちらにも、天運も人の力もあったのだ。
ただ、左岸の農夫は人力のことを忘れて運命のことだけを言い、
右岸の農夫は運命のことを忘れて人力のことだけを言ったに
すぎない。
人力や運命が一方だけにかたよっていたわけではないのだ。

(努力論 幸田露伴 三輪祐範訳 ディスカバー刊)

──────────────────────────────

[無料プレゼント]
昇給、賞与を自信を持って決めることができるプロット図を無料で!
https://nakagawa-consul.com/jitsuzaiChingin/

お待たせしました。
無料で令和4年版の賃金診断資料を作成します。
遠慮はご無用です。

賃金診断資料は、御社の従業員の年収、月額、所定内、賞与が
世間相場と比較して高いか低いか一目で分かるグラフです。
また、そのグラフは、社内バランスが見える化できますので、
誰の昇給をどうすればよいか課題も見えてきます。
昇給や賞与を検討としてご活用ください。

──────────────────────────────
ご注意
──────────────────────────────
このメルマガは、わかりやすさに重点をおいています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、
お役所の文書と同じになります。結局わかりにくい記事になり、
役に立たなくなることを懸念しているからです。
正確な情報を期待される方には、期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを
申し添えます。

──────────────────────────────
メールマガジン
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 https://www.mag2.com/m/0000283000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA