副業の時間数の報告を義務化したい

[Web双方向セミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場!
[内容] 採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー
[価格] 15,000円(税別) 16,500円(税込)
[日程] 2月 2日(水) 14時00分~16時00分 2時間
3月11日(金) 14時00分~16時00分 2時間
[講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/113_web.html
または下記にご記入のうえ、そのままご返信ください。

**[申込み書]採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー**
希望日 月 日  時~  時
社 名
役職名
氏 名
郵便番号
所在地
電 話
********************************************************************
日程が合わない場合はご希望の日程に調整できます。
メールご相談ください。

☆★☆───────────────────────────
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年
人事労務畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が
中小企業経営者のために語る

発行者: 中川清徳  2022年1月26日 VOL.5116
──────────────────────────────

自分の能力を引き出してくれる人に従え

(続きは編集後記で)

──────────────────────────────
副業の時間数の報告を義務化したい
──────────────────────────────

Q
当社は許可制で副業を認めています。
副業での労働時間を報告させて、通算の労働時間を把握し、
場合によっては副業の許可を取り消すことを検討しています。
副業の労働時間の報告を義務化することは違法ですか?

A
[結論]
違法ではない。

[理由]
通算して長時間労働になる場合は、御社の業務に支障がでる
ことがあるから。

(中川コメント)
労働時間のほかに業務内容も報告させましょう。
業務上の秘密漏洩、自社の損害発生、自社の信用や名誉を損なう
おそれがあるからです。

──────────────────────────────

[Web双方向セミナー]全国どこでもあなたの席がセミナー会場!
[内容] 採ってはいけない人を見抜く!適性検査セミナー
[価格] 15,000円(税別) 16,500円(税込)
[日程] 2月 2日(水) 14時00分~16時00分 2時間
3月11日(金) 14時00分~16時00分 2時間
[講師] 中川清徳 中川式賃金研究所所長
[申込] https://nakagawa-consul.com/seminar/113_web.html

──────────────────────────────
編集後記
──────────────────────────────

自分の能力を引き出してくれる人に従え

あまり能力があるようには思えなかった人が、数年間ある上司の下
についたところ、突知として頭角を現してくることがある。
その人のことをよく見てみると、以前のような凡人ではなく、
優れた人物に変貌している。

これは、その人が上司のおかげで新しい自分を造り出し、自分の
新しい運命を獲得できたからだ。
自分の運命を切り開きたかったら、自分の能力を引き出してくれる
人に近づくのも一つの方法だ。

(努力論 幸田露伴 三輪祐範訳 ディスカバー刊)

https://amzn.to/3cX2Dh7

──────────────────────────────

[退職金制度のコンサルティング]
中途採用が多い会社にピッタリする退職金制度の見直をお手伝いします。
[担当] 中川清徳 中川式賃金研究所所長
[見積] 30万円(税別) 33万円(税込)
[申込] https://nakagawa-consul.com/inquiry/index.html
または、下記のご記入のうえ、そのまま返信してください。
*********** *********** 申込書***************************************
題 名 退職金制度のコンサルティング
社 名
役職名
氏 名
所在地
電 話
******************************************************

──────────────────────────────
ご注意
──────────────────────────────
このメルマガは、わかりやすさを重視していそのため、
用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、
お役所の文書と同じになります。結局わかりにくい記事になり、
役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを
申し添えます。

──────────────────────────────
メールマガジン
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト https://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ info@nakagawa-consul.com
☆バックナンバー https://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 https://www.mag2.com/m/0000283000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA