中川清徳のブログ

2014年5月の記事一覧

2014年
5月31日

【プチ紳士より】「俺んち、母子家庭なんだ」

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
              
         【東京】   6月 5日(木)13時30分~16時30分
       ★【群馬】   6月10日(火) 9時30分~12時30分       
       ★【栃木】   6月18日(水)13時30分~16時30分
       ★【札幌】   9月 9日(火) 9時30分~12時30分

         http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html
◆─────────────────────────────────◆

60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良かったのですが
それを実施していない会社の対応策もご提案します。

詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年5月31日号   VOL.1899
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[エジソンの名言|理論の短所]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【プチ紳士より】「俺んち、母子家庭なんだ」

◆────────────────────────────────◆


「俺んち、母子家庭なんだ」

 うちの高校生の娘と同じクラスの男の子の話です。毎日、マクドナルド
のハンバーガーを買って登校し、それをお昼に食べているのだそうです。
その男の子は、クラスのみんなにこう言うのだそうです。「俺んち、母子
家庭なんだ。お母さん、仕事が忙しくて大変なのに、弁当作ってもらった
ら、もっと大変だから、俺、ハンバーガー買ってきてんの!」一生懸命働
いているお母さんの姿を見て、自分にできることを彼なりに考えているん
ですね、素敵な子だなぁと思いました。娘の通っている高校は進学校では
ありません。家庭に色々な事情をかかえて、勉強だけやっていればいいと
いう環境にはなかった子供もたくさんいます。勉強はできないかもしれな
いけど、人への思いやりの心はきちんと持っている子供ばかりです。そん
な子供たちが、私の後輩!こんなに嬉しいことはないです。

 きっと、その男の子だって、お母さんのお弁当が食べたいに違いありま
せん。「武士は食わねど高楊枝」。そう強がりだとわっているから、その
台詞が胸に沁みます。きっと、心優しい大人に成長することでしょう。
(編集長・志賀内)


「修学旅行は収穫旅行」

 名古屋市立神の倉中学校の八幡順子先生から、一通のレポートが届きまし
た。中学三年の生徒さんたちが修学旅行に出掛けるにあたって、一つの宿題
を出したそうです。それは、「旅行中に触れあった『働く人』の中で、とび
きり素敵だと思った人の話をスピーチで紹介する」というものでした。旅行
から戻ると、驚くほど様々な職種の人たちとのエピソードを聞かせてくれた
そうです。ペンションのオーナー、駅員さん、同行したカメラマンさん、バ
スガイドさんなど...。それらの中で、一番多かったのは、ディズニーランド
のキャストさんの話でした。たくさんのレポートの中から、二編を紹介させ
ていただきます。

「スペシャルバーガー」
 僕はトゥモローランド・テラスで晩ごはんを食べました。その店はハンバ
ーガー店で、ハンバーガーセットはもちろん、ナゲットやサラダ、ポテトの
メニューがありました。僕は、基本的に野菜を食べることができないので、
チーズ、ポークハンバーグセットのベジタブル抜きを頼もうとしました。す
ると、キャストさんは「何の野菜を食べることができますか?」と聞いてき
ました。「野菜は食べることができないんです」と言うと、「そうですか、
かりこまりました」と答え、キッチンに向かって、「スペシャルバーガー一
つ入りました」と言いました。僕は、いつも他のハンバーガーショップで
「ピクルス抜き」などと頼むと、ダイレクトに「ピクルス抜き一つ」と大き
な声でオーダーされていました。それが別に嫌と言うわけではありませんで
したが、周りの人の視線がちょっと気になっていました。しかし、ディズニ
ーランドでは「スペシャルバーガー」と言ってくれ、さらにレシートにも
「☆スペシャル☆」という品名で印字されており、気分が良くなり楽しく食
事をすることができました。

「素敵なトイレ掃除のキャスト」
 私は、初めてディズニーランドのトイレに行ったとき、サービスエリアや
デパートのトイレとは何かが違うなと感じました。並んでいるお客さんの数
は他の施設よりも長いのに、どんどんスムーズに人が入れ替わっていって、
あっという間に自分の番が回ってきたのです。その謎は、すぐに解けました。
広いトイレなので、奥の方はどこが空いているのかよくわかりませんでした。
様子を伺っていると、隣で「左側の奥から三番目が空いていますよ」という
声が聞こえました。声の方を向くと、さっきまでトイレ掃除をしていたキャ
ストさんでした。掃除はとっくに終わっているのにもかかわらず、ずっと帰
らずにどこが空いているかを並んでいるお客様に教え続けていたのです。ど
の人も、そのキャストさんの誘導のおかげで、スムーズにトイレに入ること
ができました。もしも私がトイレ掃除の仕事をしていたとしたら、掃除が済
んだらすぐに帰ってしまうと思います。けっして目立つ仕事ではないのに、
お客様のために、できるかぎりのことをしているその人が素敵に思えました。
きっと、私が気づいていないだけで、目立たなくても人のために頑張ってい
る人はたくさんいると思います。これからは、そういう人に感謝の気持ちを
持って生活していきたいです。


 二人の生徒さんのスピーチに登場するキャスト。本当に素晴らしいですね。
誰でもできそうなことですが、なかなかできません。「野菜抜き」と言われ
たら、そのお客様は嫌な気分になるかもしれない。そんな「おもいやり」
「気遣い」から「スペシャル」という言葉が生まれたのでしょう。そして、
トイレのキャスト。これまた素晴らしい。自分の仕事を「ここまで」で終わ
りとするのではなく、「ここから」何ができるかを考えて実践しているので
すね。でも、一番に素晴らしいのは、この生徒さんたちです。修学旅行を、
見事に収穫旅行にしたからです。修学旅行でテーマパークを訪ねるのは、
「ただの遊びではないか」という批判の声を耳にしたことがあります。私も、
小学・中学・高校の修学旅行は、いずれも遊び気分でした。ただ、ディズニ
ーランドに行くのではない。視点一つで、人生を変えるかもしれない経験も
できるという証明ですね。(編集長・志賀内)


(中川コメント)

 本日の記事は許諾をいただいて掲載している「プチ紳士」の記事からです。
「プチ紳士」活動に関心のある方は下記ののぞいてみてください。

    HTTP://WWW.GIVEANDGIVE.COM/


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[エジソンの名言|理論の短所]

 もし自分が正規の教育を受け、一流大学の学士あるいは博士の資格を持って
いたならば、きっと理論に自信を持っていたに違いない。理論に自信があれ
ば、2つのものをつなげたら何が起こるか、理論で結果を想定するだけで、
何もしなかっただろう。だが幸か不幸か、私は何の学歴もない。だから、何
でもやってみなければ分からないではないか。それで私は何でもつなげてみ
た。そうしたら、信じられない面白いことがいっぱい起きた。それが私の発
明の秘訣だ。


◆─────────────────────────────────◆
 【新商品】 CD音声版「業績連動!全社一丸となる年収の払い方」
             講師 北見式賃金研究所 所長 北見昌朗氏
◆─────────────────────────────────◆

CDに音声収録されている内容(一部ご紹介)

その1 会社の業績に対する関心を高めてもらうには、どうしたら良いの
        か?
その2 時間あたりの生産性を高めるには、どうすれば良いか?
その3 会社の利益に対する関心を高めるには、どうすれば良いか?
その4 年休の取得が多かった人間の賞与を減らしたいが?
その5 上司と部下の賃金が、時間外手当のおかげで逆転。是正の方法は?
その6 工場の現場で材料のムダやロスが多い。その削減を真剣にやっても
        らうには?
その7 小売店だが、来客の増加に対して真剣になってもらうにはどうした
        ら良いか?
その8 "生活残業"をさせないためにはどうしたら良いのか?
その9 年功序列のおかげで給料が高いが業務成果がイマイチの社員はどう
        したら良いか?
その10 個人の作業能率を反映させるため、歩合給の賃金体系を導入したい
        が?
その11 部下に対する指導ができない管理職が多い。どうすれば良いか?
その12 業績が下がっている。賞与を年間4ヶ月出していたが今年か2ヶ月分
        しか出せないがどうすれば良いだろうか?
その13 業績の悪化が止まらない。今年は全く支給できないがどうすれば良
        いだろうか?
その14 業績が上がっている。今年は倍額支給できそうだ。どうすれば良い
        だろうか?
その15 業績が回復してきた。賞与を2ヶ月分くらい出せそうだ。どうすれば
        良いだろうか?他

お申し込みはこちらで→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-11.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
5月30日

【労働時間】時間の把握はどうするのか?

◆─────────────────────────────────◆
 【新企画】「非売三原則」でお客が増える! セミナー

      7月 8日(月)10時00分~16時30分 東京にて
     ★9月12日(金)10時00分~16時30分 ★札幌にて

     ★ 村上講師の動画メーッセージがあります

◆─────────────────────────────────◆

「こんなにいい商品なのに、あまり売れないのはおかしい...」と思ったこと
はありませんか。
「これだけ営業しているのに、お客が増えない...」と嘆いていませんか。

あなたの会社が選ばれる理由を整理しましょう。
断られない営業を実現しましょう。
村上透(お客が増える★プロダクション)が、「非売三原則」により、こん
な時代に、お客を増やしている事例を伝えます。


詳しくは下記からご確認ください。(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/065.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年5月30日号   VOL.1898
――――――――――――――――――――――――――――――――――

映画の字幕になぜ「変な書体」が使われる?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【労働時間】時間の把握はどうするのか?

◆────────────────────────────────◆


中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   当社はタイムカードを使っていますが、最近はICカードが
   流行しているようですね。
   ICカードに変更したほうがいいのでしょうか?

中川:ICカードもタイムカードとたいした違いはありません。
   大企業の場合は、部屋ごとにICカードをかざさないと入室が
   できない仕組みになっていることが多いです。
   それで、ついでに出退勤の記録もICカードで記録しています。
   タイムカードが不要なので場所もとらないし、カード購入費も
   不要になります。
   その記録が人事部につながっているので賃金計算も
   それを元に行います。コストダウンになっています。

社長:そうですか。
   首からカードをぶら下げている人が多くなったのは
   ICカードなのですね。

中川:そうですね。身分証明も兼ねますので便利ですね。

社長:うーん。当社はそんなことは不要ですね。
   タイムカードでいいです。

中川:そうですね。
   ところで、厚生労働省が発表している労働時間の把握の基準は2つです。

   1.使用者が現認する
   2.タイムカードまたはICカード

社長:へえ、そうなんですか。
   ところで、現認とはなんですか?

中川:現場で確認をするので現認です。

社長:え?
   出退勤を現場で確認するというイメージが湧かないのですが。

中川:従業員の出退勤を経営者や管理者が自分の目で確認するのです。
   
社長:ああ、上司が何時に出勤した、何時に退勤したと確認すること
   ですか。上司がタイムレコーダーの身代わりですね。
   そんなことをやってられません。
   やはりタイムカードが一番いいですね。

中川:タイムカードの弱点は実際の出退勤と実労働時間に差が
   生じることです。
   たとえば9時出勤であっても打刻は8時45分とか。

社長:それは当然でしょう。

中川:しかし、その差が残業代だと主張されて払わされている事例が
   少なくないのです。

社長:へえ、そんな理不尽な。

中川:退職した営業マンがタイムカードをコピーして労基署に
   残業代を払ってもらっていないと訴えることがよくあります。
   記録が残っているので抗弁が難しいのです。
   労基署は労働者の味方ですし。

社長:うーん。
   どうしたらいいですか?

中川:それらの対策の一つが現認です。
   現認をしてその出退勤時間を記録すれば差が生じません。
   だから残業未払いでもめることが少なくなります。

社長:へえ、それは検討の価値がありますね。
   記録の方法はどうしたらいいですか?

中川:メルマガでは説明に限界があります。
   宣伝となり恐縮ですが弊社のセミナーに参加されれば
   ひな形をお見せできます。

社長:そのセミナーはいつあるのですか?

中川:下記のHPで確認、お申し込みください。

   http://nakagawa-consul.com/000005.html

社長:実務担当がいいですか?

中川:経営者向けのセミナーです。
   経営者がいいです。
   もちろん、実務担当者も役立ちますが
   実務的なことはあまり触れていません。
   一番いいのは社長と担当者の2人が参加することです。

   お待ちしています。


(中川コメント)

労働時間の把握はタイムカードだけに頼るのは賃金未払い問題が
生じやすいので現認を推奨しています。
詳しくはセミナーでお話しします。
お申し込みは下記からどうぞ。

   http://nakagawa-consul.com/000005.html
  

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

映画の字幕になぜ「変な書体」が使われる?

 映画館で目にする字幕は、なんとも趣のある独特の文字が使われている。
テレビで表示されるテロップはもちろん、DVDの映画字幕でもあの味わいの
ある文字にはお目にかかれない。

 それもそのはず、映画館の字幕は、職人の手書き文字を基本にしてつく
られた特別な文字なのだ。日本の映画で手書きの字幕が使われるようになっ
たのは、戦前、日本の活字技術が進んでいなかったために、字幕を手書きで
つくることになったことがきっかけ。

 このとき、文字がつぶれて読みにくくならないように、画数を省略する工
夫がなされて、映画字幕特有のあの文字が誕生したのである。
当初から字幕を書いてきた歴代のタイトルライターの癖や、読みやすくする
工夫が織り込まれて、あのような風合いのある文字となっていった。

(雑学裏事情おもしろ事典 より 王様文庫発行)


◆─────────────────────────────────◆

 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
 https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
5月29日

【メンタルヘルス】できていますか?貴社のメンタルヘルス対策

◆─────────────────────────────────◆
  「ポイント制退職金制度への見直し方」セミナー
  
    【東京】 平成26年6月 3日(火)13時30分~16時30分
   ★【群馬】 平成26年6月10日(火)13時30分~16時30分
   ★【栃木】 平成26年6月17日(火)13時30分~16時30分
    【東京】 平成26年6月24日(火)13時30分~16時30分

 http://nakagawa-consul.com/seminar/075.html
 
◆─────────────────────────────────◆

基本給連型や勤続年数定額型から、貢献度を重視した退職金制度への見直し
実務を徹底的にお伝え致します。
退職金の様々な準備制度についても本音でお伝え致します。
2014年4月法改正。厚生年金基金への対応のコツもお伝えします。

 講師:濱田勝則(1級ファイナンシャル・プランニング技能士/社労士)

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://nakagawa-consul.com/seminar/075.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年5月29日号   VOL.1897
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[孫正義の名言・格言|会社に新しい血を注ぎ続けろ]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【メンタルヘルス】できていますか?貴社のメンタルヘルス対策

◆────────────────────────────────◆


・年間自殺者数の増加
 内閣府の「自殺統計」によると、自殺者数は平成25年は27,283
 人と平成24年から減少傾向にあるが、依然として高い数で推移
 しており、勤労者の割合は総数の1/4の7,272人となっている。

・精神障害の労災認定件数の増加
 精神障害の労災認定件数が3年連続で過去最高を更新するなど
 増加が続いている。
 (平成22年度:308件、平成23年度:325件、平成24年度:475件)

・メンタルヘルス対策の促進
 近年、精神疾患により医療機関にかかっている患者数が増加
 しており、平成23年は320万人と300万人を超える数となって
 いる。

なお、今回の改正案では以下の内容が定められています。

・労働者の心理的な負担の程度を把握するための、医師や保健師
 等による検査(ストレスチェック)の実施を事業者に義務づける。
 (50人未満の事業所は当面の間、努力義務)

・事業者は、検査結果を通知された労働者の申出に応じて医師に
 よる面接指導を実施し、その結果、医師の意見を聴いた上で
 必要な場合には、作業の転換や労働時間の短縮など、適切な
 就業上の措置を講じなければならないこととする。

上記のストレスチェックは以下の項目を中心にチェックすること
となりますが、各企業が独自に項目を追加することもできます。

 1.ひどく疲れた
 2.へとへとだ
 3.だるい
 4.気が張り詰めてる
 5.不安だ
 6.落ち着かない
 7.ゆううつだ
 8.何をするのも面倒だ
 9.気分が晴れない

メンタルヘルス不調を訴える方が増加し続ける中、企業における
メンタルヘルス対策は避けては通れない問題です。しかしながら、
平成24年度の厚生労働省の調査では、50人未満の小規模事業者が
メンタルヘルス対策に取り組んでいる割合は約50%という結果が
出ており、まだまだ高い数字とは言えません。

予防策には、「健康増進」のための0次予防、「未然防止」のため
の1次予防、「早期発見・早期対応」のための2次予防、そして、
「休職と職場復帰支援、再発防止」のための3次予防と4段階あり
ますが、それぞれについて、自社の状況に鑑み、対策を講じて
いく必要があります。

労働者が生き生きと働き、生産性も高い。そのような魅力的な
職場づくりのためにも、改めて自社のメンタルヘルス対策について
見直してみてはいかがでしょうか。


(中川コメント)

 貴社のメンタルヘルス対策に関する診断や、関連する社内規程の整備に
ついてご相談がございましたら、弊所までお気軽にお問い合わせください。

 このメルマガに下記の項目を入力しそのままご返信ください。

  会社名
  所在地
  お申込者
  役職名
  電話番号
  ご相談内容
   

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[孫正義の名言・格言|会社に新しい血を注ぎ続けろ]

会社に新しい血を注ぐことで、チャンスや可能性が広がる。


◆─────────────────────────────────◆
 【CD】 消費税アップにベア要求 さあどうする賃金対策!
                                                  講師 北見昌朗
◆─────────────────────────────────◆

その1 過去に学ぶ消費税率引き上げの影響
その2「ベア」は本当に実行されるのか?
その3「ベア」を行う前にリーマンショック以降発生した「ヒズミ」を
       是正しよう
その4「人員構成」を是正する
その5「年収」を是正する
その6「基本給」を是正する
その7「初任給」を是正する
その8「コンプライアンス」の徹底
その9「賞与」を是正する

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/cd-14.html



◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
5月28日

【就業規則】労働契約の代わりになるか?

◆─────────────────────────────────◆

  ■ パートの賃金制度セミナー
     
     【東京】セミナー開催日 6月 3日(火) 9時30分~12時30分
    
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/055.html

◆─────────────────────────────────◆

パートの賃金制度を研究しませんか?

→  http://nakagawa-consul.com/seminar/055.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年5月28日号   VOL.1896
――――――――――――――――――――――――――――――――――

相手の頭の中を覗きたい皆さん!

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【就業規則】労働契約の代わりになるか?

◆────────────────────────────────◆


中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   読者から質問があるそうですね。

中川:はい、匿名希望さんからです。

(引用開始)
いつもとても参考になる情報をありがとうございます。
基本的な質問で恐縮ですがご指導ください。
社員を雇用する際は、「労働契約書」を社員に説明して交付すると
ありますが入社前の研修で、就業規則(労働時間・賃金・退職金等)
で説明し、各人に就業規則を配布しています。改めて「労働契約書」
を交付していませんが、それでよろしいでしょうか?
(引用終わり)

社長:それでもいいような気がします。

中川:残念ですが正しいとは言えません。

社長:どうしてですか?

中川:労働条件は就業規則に記載されています。
   それはそのとおりです。
   しかし、より細かな労働条件が書かれていません。

社長:より細かなといいますと?

中川:たとえば、本人の給料、職種、勤務場所、雇用期間などです。

社長:本人の給料は賃金規程に基づき決定し、採用時に給料の内容
   は説明しておればそれでいいのではないですか?
   また、職種は限定しないし、勤務場所は今の会社ですから
   説明するまでもありません。
   雇用期間は定年までも決まっています。

   と、考えますが間違いですか?

中川:以前は口頭で労働条件を説明するだけで雇用契約が
   成立していました。
   しかし、言った言わない、聞いた聞かないともめごとが
   多発しました。
   それで労働条件は書面で通知するように義務づけられました。

社長:そうなんですか。

中川:給料は残業込みで募集することが多いと思います。
   仮に残業が少なかったら話が違うとなります。
   でも、雇用契約書に明記してあればもめることはないでしょう。
   もめたとしても、雇用契約書を見せれば収まるでしょう。

社長:でも、そもそも、もめることはほとんどないのが現実でしょう?

中川:いいえ、もめているから政府が労働条件は書面で
   提示するようにとしたのです。
   たしかに、会社によってはそれでもめたことがない
   でしょう。
   でも、なにかあったらのためでもあります。

社長:なにかあったらといいますと?

中川:たとえば、労働組合に労働条件で団体交渉を申し込まれた
   とします。
   雇用契約書があれば、その範囲内で問題を処理できます。
   それがなければ、不当な要求にも妥協せざるを得ないかも
   しれません。

社長:労働組合と交渉することもめったにないことでしょう?

中川:あのう、東日本大震災はめったにないことです。
   しかし、現実に起きました。
   労使トラブルも同じでいつ起きるか分かりません。

社長:面倒でも労働契約書を作成します。


(中川コメント)

就業規則などを提示したり説明してもそれは雇用契約書とは違います。
各人に書面で労働条件を提示することが必要となっています。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

相手の頭の中を覗きたい皆さん!

 人間、うれしいことがあると口元が緩むもの。これだけでも、心理状態が
表情に与える影響はかなり大きいことがわかる。

 アメリカの心理学者エクマンとフリーセンによれば、人間が驚いたときは
顔全体に、恐怖を感じたときは顔の上半分に、そして嫌悪の情は顔の下部と
下まぶたに表れるという。そういわれると、確かに思い当たるフシがあるの
ではあるまいか。

 それさえわかれば、相手の心を自由自在に読み取れる...かというと、必ず
しもそうではない。気持ちが顔に出やすいことは誰もが知っているので、本
心を隠したいときはそれを抑えようとするからだ。とはいえ、ある程度であ
れば本心を見破る方法はある。注目すべきは、顔の左側半分である。人間の
顔は右半分と左半分でかなり違う。左右対称ではないのである。
 顔の半分だけを切り取り、反転して貼り合わせてひとつの顔にした合成写
真を見ると、右側半十分でつくった顔と左側半分でつくった顔のあまりの違
いに愕然とさせられることがある。この合成写真を調べたところ、驚くこと
に右側半分でつくった顔よりも、左側半分でつくった顔のほうが表情がハッ
キリと表れていたという。

 そうとわかれば、話は簡単。相手が何を考えているか知りたければ、顔の
左面を注視すればよいのである。

 横並びに座る際は、必ず相手の左側に。恋の駆け引きを制する絶対条件で
ある。

(本当は怖い心理学 齋藤勇監修 イーストプレスト刊より)


◆─────────────────────────────────◆
  【無料】 月刊「ピカイチ情報通信」を無料でお送りします      
◆─────────────────────────────────◆
「ピカイチ情報通信」を月間で発行しています。
貴重は情報をありがとうと言われ、ついつい張り切ってしまいます。
日刊メルマガとはひと味ちがった情報をお届けしています。

読者の方で、月刊「ピカイチ情報通信」を会社に送って欲しいかたは
下記より申し込んでください。

→ http://form.mag2.com/goslathiui

今、お申し込みをいただきましたら、最新号からお届けします。
最大1ヵ月お待ちいただくことがあります。

コンサルタント、社会保険労務士の方はお断りします。


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
5月27日

 【何もないときに労務負債は償却しておこう】

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京開催】 平成26年7月8日(火)13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年5月27日号   VOL.1895
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[ヘンリー・フォードの名言・格言|栄える事業と、衰退する事業の違い]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【何もないときに労務負債は償却しておこう】

◆────────────────────────────────◆

恒例の川越さんのメルマガを全文転載します。


(引用開始)

2014年05月19日(月曜日)08時57分48秒

 いつもお読みいただきありがとうございます。

さて、今朝の日経新聞に面白い広告が載ってました。
あなたにとって【社長】とは?という質問に対して
実際の社長の答えです。

どれも含蓄がありますが、中でも「タクトを持って
いないコンダクター」というのに目がとまりました。
経営は思い通りになりそうで、思い通りにならない
ということでしょうか。

思い通りにならないと言えば、経営の中でも労務は
特にそうですね。人には感情があるからです。
一見穏やかそうに見える労使関係が、ある日突然
炎上することもめずらしくありません。
まるで"含み損"のようなものですね。

そこで今回、中小企業が抱え込みやすい労務に関す
る"含み損"についてのお話です。



【何もないときに労務負債は償却しておこう】

 人を使っていると、知らず知らずのうちに含み損的な
労務負債を抱え込みやすい。
そして、一旦事が起きると少々の利益は吹っ飛んでしま
うし、場合によっては会社の屋台骨を揺るがしかねない
ことになる。

そうならないためには、まずは自社の労務負債の程度を
知り、問題点を認識したうえで、何もないときから少し
ずつ償却しておくことが重要だ。


1.抱え込みやすい3つの労務負債
 労務負債などと言う勘定科目はないし、決算書のどこ
にも出てこないが、一旦事が起きると大きな負担がのし
かかる含み損のようなものだ。

1)未払いの残業代..."未払い"などと人聞きの悪いこ
  とを、とも思うがこんなケースでも"未払い"にな
  る。
  ・うちは残業代30時間分打ち切り
  ・残業計算は基本給のみでやっている
  ・課長にすれば残業代はいらない
  ・固定残業代を年間通じて払っているから
  ・この業界ではどこも払っていない
  ・営業だから残業代なんて払えない

2)危険極まる長時間労働...月に80時間超えの残業を
  させていると、脳・心臓疾患を引き起こした場合、
  過労による労災認定をされやすいとされている。
  たとえば、毎日始業時刻1時間前に出勤し、終業時
  刻後1時間30分残っていれば、月に50時間、これ
  に土、日休みのうち土曜日を月4回出勤したら32時
  間、合計82時間となる。

3)我流の事務手続き...事務手続きに限ったことではな
  いが基本を忠実に守ることは難しいものだ。それに、
  なまじっか我流でたまたまうまくいっていると、
  我流が本流だと勘違いしてしまう。また、中小企業
  では労務関係の事務担当者が変わることが少ないので、
  間違いが蓄積していく。
  ・試用期間中の社会保険、雇用保険未加入
  ・保険料の控除間違い
  ・期限過ぎの手続き


2.一旦事が起きると
 労務負債は含み損だから、何もなければ実損は出ない。
しかし、一旦事が起きると...。
吉と出るか凶と出るか、まさに"紙一重"である。

1)2年間さかのぼられる残業代...仮に月給20万円、
  月に50時間程度残業をしていると、
  月額73,500円の残業代となり、2年間だと
  1,764,000となる。さらに訴訟にでもなれば、
  同じ額の付加金まで請求されかねない。10人いたら
  その10倍であり、少々の利益など吹っ飛んでしまう。

2)遺族から「会社に殺された」呼ばわり...長時間労働で
  怖いのが「過労死」と「精神障害」の労災認定だ。
  自宅で倒れても自殺でも労災認定される場合がある。
  もちろん、労働時間だけで判断されるわけではないが、
  月80時間超えの残業があると、会社の立場はすこぶ
  る悪くなってしまう。ちょうど、飲酒運転があると、
  ちょっとしたことでも大ごとになるのと同じだ。

3)ケチがつきやすい法律違反...手続きの間違いというの
  は厳しく言えば法律違反だ。法律違反だと一企業とし
  て中々反論できないし、そんなとき、往々にして世間
  は冷たいものである。もっと怖いのは、我流でいい加
  減な手続きをしていると従業員からなめられることだ。
  ・3か月間加入期間が足りなかったので失業保険がもら
   えない
  ・未加入期間中に交通事故を起こし障害となったが、
   入社前にも滞納期間があって障害年金がもらえない
  

3.だから少しずつでも身軽にしておく
 金で片がつくことであれば、どおってことない会社は
いいが、普通の会社なら致命傷になりかねない。
だから、変な労務負債は何もないときに、少しずつでも
償却しておき会社を身軽にしておく。

1)残業は払える範囲でおさめる...いくら成果主義だか
  らと言ったところで、法律による賃金支払いは時間
  が軸だ。だから、所定労働時間を超える時間につい
  ては、事前に仕事をさせるかどうか会社が吟味する。
  黙認も含めて残業をさせたあとでは遅い。自分で払
  える分しか買い物ができないのと同じだ。また、賃
  金の時効は2年間あることも肝に銘じておく。

2)月の残業時間は45時間以内を死守する...原則とし
  て月45時間以内を死守する。今はいろいろな従業員
  がいるとは言っても、「●時までには帰ってくれ」
  とトップがはっきり宣言すれば、それを無視して居
  残る人はそういない。時間無制限で100の成果を上げ
  させるよりも、制限時間中に100の成果を上げさせる
  ように仕向けることこそがトップの仕事である。

3)当たり前のことを当たり前にしておく...まず、何が
  当たり前なのかを理解する。「今までこれでやって
  来た」「他社だってこのようにやっている」を一旦
  リセットすることが必要だ。当たり前のことを当た
  り前にやっておけば、変な従業員は近づかなくなるし、
  まっとうな従業員が定着しやすくなる。


 含み損と言うのは表面化しない限り実損はない。
しかし、一旦事が起きるとその損害は際限なく拡がり
会社の屋台骨を揺るがす。

だからこそ、何もないときから少しずつでも償却して
身軽にしておきたいものである。


※次回は【退職時のことは入社時に確認・誓約させて
 おこう】の予定です。

---------------------------------------------

川越の日記帳  http://blog.livedoor.jp/kawagoeyu/
【ブログ】  毎日更新しています!
---------------------------------------------
■中小企業の賃金相場をつかむサイトが
 できました!
★「ズバリ!実在賃金統計ドットコム」
 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=1355
--------------------------------------------
■川越事務所は、キッチリした労災・雇用・社会保険
 事務手続きをベースに、地に足のついた給与・労務
 相談を得意とする、社会保険労務士事務所です!
---------------------------------------------
  *** ワンランク上の経営をめざそう ***

川越社会保険労務士事務所
〒880-0053
宮崎県宮崎市神宮2丁目3番11号 1F 
TEL0985-31-1231(代) FAX0985-31-1447
Mail info@kawagoe-roumu.jp
ホームページ http://www.kawagoe-roumu.jp
川越の日記帳  http://blog.livedoor.jp/kawagoeyu/
【ブログ】  毎日更新しています!
-------------------------------------------------

(引用終わり)


(中川コメント)

 ある会社の入り口にあるガラスのドアに「18時30分までには退社してく
ださい」という張り紙がしてあります。

 長時間労働が当たり前の小売系の会社ですが残業が多くても20時間程度
です。業績は同業者を圧倒しています。
長時間労働と会社業績は連動しないかもしれません。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ヘンリー・フォードの名言・格言|栄える事業と、衰退する事業の違い]

 奉仕を主とする事業は栄る。利得を主とする事業は衰える。


◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の診断をいたします
◆─────────────────────────────────◆

賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html

◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆