中川清徳のブログ

2012年12月の記事一覧

2012年
12月31日

【就業規則】就業規則のカギ

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    1月22日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年12月31日号   VOL.1364
――――――――――――――――――――――――――――――――――

豆腐は豆を腐らせて作る?


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【就業規則】就業規則のカギ
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   今年もいよいよ終わりですね。

中川:そうですね。

社長:今年を振り返ってどう感じましたか?

中川:脇が甘いと感じました。

社長:といいますと?

中川:無防備だからです。

社長:はぁ...。

中川:たとえば解雇問題です。

社長:はい。

中川:有期契約のパートさんを期間満了で雇い止めにしたのです。
   しかし、パートさんは一方的に解雇されたと言い出し、
   ユニオンに加入しました。

社長:ユニオンとは何ですか?

中川:1人でも加入できる労働組合のことです。
   労働組合が団体交渉を申し込むとそれを拒否することは
   できません。

社長:そうなんですか。

中川:無防備が目立つのが就業規則です。
   時代の変化に対応していません。
   トラブルが起きない方がおかしい状態です。

社長:たとえばどんなことですか?

中川:たとえば、携帯電話、パソコンの使用、ツイッターやフェイ
   スブックなど従業員は容易に情報発信ができる環境にあります。
   会社の機密情報が漏洩している事件が後を絶たないのに
   それへの対応が遅れています。

   会社に対応に不満があれば、ネットで検索すると
   無料の情報が山ほど見つかります。

社長:たしかに。

中川:労使トラブルのカギは就業規則です。
   まずは足下をガッチリと固めることです。
   時代遅れの就業規則で労使トラブルに対応しようとしても
   打つ手が後手後手に回ります。
   労使トラブルのプロであるユニオンに団体交渉を申し込まれると
   なすすべもなく過大な要求に応じざるをえなくなります。

社長:うーん。
   どうしたらいいですかね?

中川:就業規則をガッチリと作り上げることです。
   また、作り上げても法律の改正や時代の変化に対応するためには
   毎年就業規則の見直しが必要になっています。

社長:そうですか。
   では、当社の就業規則の見直しを手伝っていただけますか?

中川:はい、よろこんで。
   では、来年早々に開始しましょう。

社長:そうですね。
   新年度の4月までには完成させたいですね。

中川:お任せください。


(中川コメント)

 就業規則を作成するポイントは

1.解雇トラブルに対応できる
2.労働時間問題(サービス残業等)に対応できる
3.賃金の見直しに対応できる
4.インターネット時代に対応できる

ことです。

 あなたの会社の就業規則は対応できますか?

ブログ、ツイッター、フェイスブック、スマートフォン、iPadなど情報の
環境がめまぐるしく変わっています。便利の裏側に会社のリスクがずいぶ
んと高くなっています。それらに的確に対応しなければ倒産の仲間入りを
するかもしれません。
個人情報、企業秘密、パワハラ、セクハラ、反社会的勢力への対応など、
労務管理が求められる水準が格段に高まっています。

就業規則セミナーでは中小企業向きの作り方の内容となっています。
セミナーのお申し込みは正月も受け付けています。

→ http://nakagawa-consul.com/seminar/005.html


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
  最新情報です DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいです。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

豆腐は豆を腐らせて作る?

 健康食品、ダイエット食品の代表選手として欧米でももてはやされて
いる豆腐は、2200年ほど前に、前漢(中国)の高祖の孫にあたる准南王が
発明したものと伝えられます。わが国には奈良時代に遣唐使の手で伝来
され、はじめは寺の精進料理や貴族の食べ物でしたが、室町期に入り茶
道や、懐石料理が発達するにつれて庶民の間に広まるようになりました。

 さて、豆腐は水に浸した大豆をくだいて煮た汁を絞り、ニガリで固め
て作りますが、「豆が腐る」 と書くのはどうしてでしょうか。豆を腐ら
せて作るのは豆腐ではなく、なしろ「納豆」です。中国でもこの食品を
「豆腐」と呼んでいるのですから、これはちょっとミステリアスで、解
けそうもない難問です。

(おもしろ雑学552 刑部澄徹編著より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
12月30日
カテゴリー

【残業】ラッシュを避けて早く出社する

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    1月22日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年12月30日号   VOL.1363
――――――――――――――――――――――――――――――――――

お国自慢


(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【残業】ラッシュを避けて早く出社する
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   Aさんについて相談です。

中川:はい、なんでしょうか?

社長:当社は8時30分始業ですが、Aさんは7時30分には出社しています。

中川:はい、それがどうかしましたか?

社長:タイムカードの打刻が7時30分前後なのです。
   時間外を請求されないかと心配なのです。

中川:Aさんが7時30分に出社するのは仕事があるからでしょう?

社長:Aさんは電車出勤なのですが混雑がきらいなのです。
   それで早く出社しているのです。

中川:会社の玄関の鍵はどうなっているのですか?

社長:一番先に出社した人が鍵を開けることになっています。
   だからAさんが開けています。

中川:で、Aさんは出社後、始業時刻まで何をしているのですか?

社長:お茶を煎れて新聞を読んでいます。
   
中川:であれば、時間外労働ではありませんね。
   Aさんはそれを時間外労働と請求してきたのですか?

社長:請求はしてきません。
   Aさんはそんな人ではないと思っています。
   しかし、豹変するかもしれませんし。

中川:それは否定できませんね。
   それより労働基準監督署が監査で指摘する可能性がありますね。

社長:労働基準監督署ですか?

中川:そうです。
   タイムカードの打刻時刻は強い証拠となります。
   Aさんは1時間も早出をしているのに時間外手当を支給していない
   のは賃金不払いだと指摘される可能性があるということです。

社長:労働基準監督署に指摘されたくありませんね。

中川:そうですね。
   労働基準監督署に指摘されると早出している時間帯が労働時間では
   ないことを会社が証明しなければなりません。

社長:Aさんが勝手に出社しているのですから証明しろと言われても...。

中川:なにしろタイムカードという動かぬ証拠がありますから。

社長:Aさんが勝手に出社していると言えばいいのでは?
   それではダメなのですか?

中川:仕事をしていないという証拠が必要です。
   Aさんが自分が勝手に混雑を避けるために出社していると言えば
   労働基準監督署は納得するかもしれません。
   しかし、監督官によっては納得しないかもしれません。

社長:あのう、監督官によって違うのですか?

中川:そうです。
   法律を守るのが監督官の仕事ですが、実務の細部までは
   法律に定められていません。
   監督官の考えで対応が違うことがあるのです。

社長:それでは不平等でしょう。

中川:そう思いますが、それが現実です。

社長:では、Aさんに出社はぎりぎりにするようにと指導する
   しかありませんね。

中川:それもなんだか変ですね。

社長:変ですがしょうがないでしょう。
   お国は監督官によって異なる扱いをするのですから。

中川:早めに出社することは否定すべきことではないでしょう。
   1時間も前からはちょっと早すぎと思いますが
   始業時刻ぎりぎりに出社するよりはいいですよね。

社長:そう。
   ぎりぎりに出社する人が多いのです。
   内心はAさんを見習ってほしいと思っています。

中川:Aさんに、早く出勤するのはかまわないが、タイムカードの打刻は
   始業時刻前にするようにと指導したらどうですか?

社長:なるほど。
   そうしましょう。


(中川コメント)

 始業時刻より早く出社することは従業員の当然の責務ですが、あまりに
早い出社は時間外労働時間か否かが問題視されます。
早く出社しても仕事をしていないのであれば、タイムカードなどの打刻は
始業時刻直近とするように指導をしましょう。

 あなたの会社はどうなっていますか?


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
  最新情報です DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいです。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

お国自慢

 スコットランド人のガイドがアメリカ人の観光客を山岳地帯に案内して
いた。ガイドは自慢の山びこを実演してみせた。彼が山に向かって大声で叫
ぶと、四分後にその叫び声が戻ってきた。

「どうですか。スコットランドの山びこ、すごいでしょ?アメリカにこんな
ものありますか?」

 アメリカ人はとぼけ顔で答えた。

「これと比べられるかどうか。おれの国のロッキー山中で、夜寝る前に「朝だ、
起きろ!」と谷底に向かって叫んでおくと、次の朝叫び声が一戻ってくるんだ。
それをおれたちは「モーニングコールやまびこ」 と呼んでいるけどね」

(これが本当のジョーク世界一 より 天満龍行編著 アカデミー出版)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
12月29日
カテゴリー

【賃金】社員にお金を貸した場合の取り扱い

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    1月22日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年12月29日号   VOL.1362
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「豚に真珠」は聖書の言葉

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【賃金】社員にお金を貸した場合の取り扱い
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   社員のAさんにお金を貸すことにします。

中川:理由はなんですか?

社長:借金があるのです。
   それを返済するためです。

中川:何の借金ですか?

社長:詳しくはいえません。

中川:いくら貸すのですか?

社長:50万円です。

中川:そうですか。

社長:で、従業員にお金を貸す場合に気をつけることはありますか?

中川:社長が個人で貸すのですか?

社長:いいえ、会社として貸します。

中川:であれば、会社とAさんの間で契約書を作成することですね。

社長:利息はどうしたらいいですか?

中川:利息は4.3%以上であれば給与課税はされないことになっています。

社長:そうなんですか。
   利息は1%程度でいいかと思っていますが。

中川:50万円×4.3%=の金利は21,500円ですね。
   50万円×1.0%=の金利は5000円ですね。
   その差が21,500円-5000円=16,500円となります。
   その差が5000円以上なので給与課税されます。

社長:どのような金利だったら給与課税されないのですか?

中川:利息を3.3%にすることです。

社長:その根拠は何ですか?

中川:4.3%の利率と貸し付けている利率との差額の利息の
   金額が1年間で5,000円以下である場合は給与課税されないことに
   なっています。

   逆算すると
   (21,500円-5,000円)÷50万円=3.3%となります。

社長:そうなっているのですか。
   わかりました。


(中川コメント)

会社が従業員にお金を貸す場合は4.3%以上の金利をとらなければ金利分が
給与課税されます。

なお、4.3%未満の金利でも給与課税されない条件があります。


所得税法基本通達36-28に金銭の無利子貸付け等に関する規程があります。
 
(1)は病気等により臨時に貸す場合は妥当な貸付期間であれば無利子でOK
   と記載されています。
 
(2)は会社が金融機関から借り入れしている利率を基に従業員に対する貸付
   金利を設定している場合はOKと記載されています。
 
(3)無利子の場合、4.5%で計算された利息が1年間当たり5,000円
   以下であれば給与にしなくてもOKと記載されています。
 
   http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2606.htm
 
詳しくは税理士に確認してください。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
  最新情報です DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいです。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「豚に真珠」は聖書の言葉

 価値がわからない人に貴重なものを与えてしまうことを「豚に真珠」と
いいます。ときどき使う言葉ですが、その語源はどこにあるのかと問われ
ると、なかなか答えられませんよね。

 実は「目から鱗が落ちる」と同様に、「豚に真珠」という言葉も聖書か
ら抜粋されたものです。

 マタイ伝には「神聖なものを犬に与えてはなりまぜん。あなた方の真珠
を豚の前に投げてもなりません。彼らがそれを足で踏みつけ、向き直って
あなた方をかき裂くことのないためです」とあります。

 興味深いのが「豚に真珠」と同じたとえとして述べられている「犬に神
聖なものを与えてはならない」という言葉。さすがに「犬に神聖」では
語呂日が悪いですし、何のことかわからないので、日本では「猫に小判」
といわれていますよね。

(つい他人に自慢したくなる無敵の雑学 角川ソフィア文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
12月28日
カテゴリー

【健康診断】受診しない人の対応策

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
    1月22日(火) 10時~16時30分 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年12月28日号   VOL.1361
――――――――――――――――――――――――――――――――――

サーモンピンクのサケは、赤身魚か、自身魚か?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【健康診断】受診しない人の対応策
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   ローソンで変なことを始めましたね。

中川:変なことといいますと?

社長:新聞記事に載っていましたよ。
   健康診断を受けない人は賞与を15%減額すると。

中川:ああ、あれですね。
   あれは変なことですか?

社長:変というか、健康診断は全員受けさせなければならないと
   中川さんから強く言われていますので、全員受けさせています。
   ローソンでは健康診断の受診率が8割強ですね。
   定期健康診断を受けていない人がいるということはどうでしょう。

中川:確かに、全員受診が義務づけられています。

社長:ローソンでは賞与の減額を覚悟すれば健康診断をしなくても
   よいことになります。

中川:そうですね。そういう趣旨ではないでしょうが。
   従業員が多いと何らかの事情で健康診断を受診できな人が
   いるものですよ。

社長:どんな事情ですか?

中川:出張続きだとか、多忙すぎるとか。

社長:そんなことは理由にならないでしょう。

中川:そのとおりです。
   しかし、現実には受診しない人がいるものです。
   中には結果が怖くて受診しない人もいます。

社長:それで賞与で減額としたのですね。

中川:仮に30万円の賞与の15%というと4万5千円ですね。
   結構痛い額ですね。

社長:それでも健康診断を受診しない場合はどうなるのですか?

中川:会社責任となります。
   それでローソンでは健康診断を受診しない人の上司の賞与も
   10%カットとなりますね。

社長:じゃあ、部下が10人いて、全員健康診断を受けなければ
   10人×10%=100%となり賞与はなくなるのですかね?

中川:さあ、そこまでは新聞記事ではわかりません。
   健康診断を受診させるのは会社の責任だが、直接的には
   上司の責任としている点が工夫ですね。
   上司としては積極的に健康診断が受診できるように
   環境を整えるでしょうから。

社長:なるほど。
   変なことではないですね。

中川:そうですね。
   給料ではなく賞与で減額しているのも工夫ですね。

社長:どうしてですか?

中川:給料を減額するとなると不利益変更の問題が生じます。
   仮に懲戒処分として給料を減額するとしても
   法規制があり減額は一日の半分程度が限度です。

社長:なるほど。
   賞与の方がこたえますね。

中川:そうですね。

社長:どうしても本人が健康診断を拒否する場合はどうしたら
   いいですか?

中川:そういう場合は誓約書をもらいます。

社長:誓約書ですか?

中川:そうです。
   誓約書です。

社長:どんな内容ですか?

中川:定期健康診断を受診しなければならないことを知っているが
   一身上の都合で受診を拒否するので、受診しないことによる
   自身の損害は会社に一切請求しなことを誓約するというよう
   な内容です。

   できれば配偶者の署名捺印ももらいます。

社長:そこまでするのですか。

中川:そこまで求めれば定期健康診断を受診すると思います。

社長:当社はとにかく全員受けさせています。

中川:それが当然のことなのですが、意外とルーズになっています。


(中川コメント)

新聞記事を引用します。

(引用開始)

コンビニエンスストア大手のローソンが、健康診断を受けない社員の賞与を
15%減額する異例の制度を、来年度から導入することが23日分かった。直属
の上司も10%カットする。多忙を理由に健診を受けず、健康を害して仕事を
続けられなくなるケースを減らすのが狙いだ。

企業の医療費負担の軽減にもつなげたい考えだ。2013年度中に健診か、人間
ドックを受けなかった社員とその上司について、14年度の賞与を減額する。
会社の健診を仕事の都合で受けられない場合も、会社の費用負担で別の日に
受診できるため、どんなに忙しい職場でも健診を受けることは可能とみてい
る。厳しいペナルティーを科すことで全員の受診を目指す。
ローソンでは、11年度の健診受診者が約83%にとどまった。「社員の健康管
理のため社としてすぐ行動すべきだ」(担当者)と判断したという。

(引用終わり)

あなたの会社は全員定期健康診断を受診させていますか?
受診させていない場合は安全配慮義務違反として罰せられることがあります。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
  最新情報です DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいです。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

サーモンピンクのサケは、赤身魚か、自身魚か?

「サーモンピンク」という言葉もあるがサケは、実は白身魚である。
 ためしに、サケの身をすりつぶし、水を混ぜて漉してみると、透明な
液が抽出される。それが白身魚の証拠で、一般に、透明な液の抽出でき
る魚を自身魚、赤い液の似てくる魚が赤身魚と呼ばれている。たとえば、
赤身魚の代表絡のマグ口を同じように処置すると、赤い液が出てくる。

 では、白身魚なのに、なぜピンク色をしているかというと、オキアミ
に合まれる色素にある。オキアミをたくさん食べたサケほど、赤みが
酷なり、エサを食べたサケは太るので、赤みの濃い
サケほど脂がのって
いる。もっとも、数近は、商品を見た目で選ぶ日本人に合わせ、養殖業
者にはエビの殻をエサに混ぜて、サケの身を赤くしている場合もある。

(おいしい雑学 博学こだわり倶楽部編 河出書房社刊 より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
12月27日
カテゴリー

【賃金】60歳以降の賃金決定

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 60歳以上の給料の決め方セミナー開催
      12月10日(月)13時30分~ 東京にて
◆─────────────────────────────────◆

60歳以上の給料の決め方をほとんどの会社が間違っています    
60歳以降の給料は、年金と合わせて決めなければなりません。
現役時代の給料の70%とか80%とかいう決め方はご本人も会社も損をします。
また、法律が65歳までの義務化されました。
新しい法律改正による60歳以上の給料の決め方をお話しします。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方が良いですよ。
その理由も説明します。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年12月27日号   VOL.1360
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本いい国

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆
【賃金】60歳以降の賃金決定
◆────────────────────────────────◆

こんにちは、中川清徳です。

日経新聞の社説 12月26日号を一部引用してコメントします。


(引用開始)

企業は雇用延長にとどまらぬ処遇改革を

 改正高年齢者雇用安定法が来年4月に施行され、企業は段階的に、
65歳までの希望者全員の雇用を義務づけられる。これを受け、再雇
用制度の拡充や定年延長などの準備が企業の間で進んでいる。

(引用終わり)

 法律が変わりました。あなたの会社は準備をしていますか?
 61歳まで段階的に希望者全員を雇用することが義務付けられました。
 段階的とは厚生年金の年金が段階的に受給が下がるためです。
かなり複雑ですから、研究に専門的な知識が必要です。

 

(引用開始)

 60歳以降の雇用の義務化は同じ企業に人が漫然ととどまり続ける
恐れがあり、成長分野に労働力が移りにくくなる。企業の人件費が
増え、若者の採用が抑えられる心配もある。見直しを求めたい。

 ただ専門的な知識、技能や取引先との太いパイプを持つ高齢者は、
戦力として活用することが企業の成長力向上につながる。シニアが
力を発揮する制度づくりに知恵を絞る必要がある。
 シニアの雇用でも賃金などの処遇の決め方では、生産性向上を考
えて、本人が持っている専門性や業績への貢献度などを反映させる
仕組みが要るだろう。
 あわせて企業に求められるのは、60歳までの賃金決定についても
役割や貢献度などに応じた方式を強め、グローバル競争に勝てる人
事・処遇制度に改めることだ。

(引用終わり)

同感です。
60歳以降の給料は工夫する余地があります。
一律に60歳定年時給料の80%とかで決めていませんか?
中小企業はそれらしい給料の決め方があります。
役割や貢献度に応じて決めるべきですね。

 

(引用開始)

 NTTグループは65歳まで希望者全員を再雇用するのに伴い、
40~50代を中心に平均賃金カーブの上昇を抑え、個人の成果や職務
内容を賃金により反映させる。日本企業は年功による昇給がまだ根
強い。海外事業を伸ばす外国人を受け入れやすくし、若手の採用を
増やす原資を確保するためにも、実力主義の徹底は欠かせない。

(引用終わり)

 大企業はすでに対応策を検討すみです。
中小企業も65歳までの雇用義務化が適用されます。
対応策の取り組みは進んでいますか?

 

 

(中川コメント)

 弊社主催の60以上の賃金の決め方セミナは好評です。
満席が予想されます。
まだの方はご参加をご検討ください。
来年の4月から65歳までの雇用義務化が適用されます。

セミナーのお申し込みは下記からどうぞ。
→→  http://nakagawa-consul.com/seminar/051.html


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/niaslaisea


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 ■60歳以上の高齢者の給与の決め方 個別セミナー
  御社に訪問してマンツーマン形式です。
◆─────────────────────────────────◆

法律が改正され60歳の定年後も本人が希望すれば65歳まで雇用する義務
が生じました。
しかし、平成25年3月31日までに労使協定を締結すれば一定の基準を満
たしていない場合は雇用する義務がありません。
緊急性があるので特別に個別セミナーを開催することにしました。

これは「セミナー」となっていますが、講師と二人きりのマンツーマン形式です。
集合形式ではありません。
2人きりのマンツーマン形式であれば「今さら聞けない質問」も可能です。


お申し込みは下記から
→  https://nakagawa-consul.sslserve.jp/seminar/064.html


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

日本いい国

外国人留学生と日本語教師の会話

留学生 「日本で感動したのは松阪牛ですね。

先生  「...」

留学生 「世界のどの牛肉よりすばらしい」

先生  「...」

留学生 「あんなにおいしいものが毎日食べられる日本人がうらやましい
     です」

先生  「...」(心の中→私、まだ一度も食べたことないんですけど)


(日本人の知らない日本語 蛇蔵&海野凪子著より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆