中川清徳のブログ

2012年3月の記事一覧

2012年
3月31日

【労務管理】X理論Y理論

◆─────────────────────────────────◆
  ■ 就業規則の見直しをしましょう  
    【熊本】セミナー開催日 4月10日(火)10時~16時30分
        【東京】セミナー開催日 6月14日(木)(水)10時~16時30分
    
◆─────────────────────────────────◆
見直しのポイントは、
1.社員と、もめごとを起こさない予防策が織り込んであること
2.問題社員に「ビシ!」と言える作り方をしていること
3.権利ばかり主張する自分勝手社員に毅然とした態度ができること
です。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→→ http://nakagawa-consul.com/000005.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年3月31日号   VOL.1087
――――――――――――――――――――――――――――――――――

生パスタと乾燥パスタはどこがどう違う?

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【労務管理】X理論Y理論
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   労務管理についてX理論Y理論というのがあるそうですね。
   何のことですか?

中川:なんだと思いますか?

社長:分からないから聞いているのです。
   うーん。
   X理論のXは×(バツ)のイメージがありますね。
   Y理論のYは人が両手を上に上げているイメージがありますね。
   ということで、労務管理の基本は罰を与えるより、ワーイ!
   ワーイ!とほめることが良いという理論でしょう!

中川:うーん。
   御社の経営が心配になりました...。

社長:質問するから想像力を働かせたのです。
   知らないから教えてといっているのに、経営の心配をしていただき
   ありがとうございます。(怒)

中川:すみません。
   社長の想像力に感心しました。

社長:では、正解ですか?

中川:当たらずとも遠からずです。

社長:おお!
   私は天才か!

中川:すぐに調子に乗る...。
   X理論Y理論は仕事に対する人間の本性をマグレガーという
   学者が提唱したものです。

社長:まぐれ当たりではなく、マグレガーか。
   私はまぐれ当たりしたようだが...。

中川:「X理論」は従業員の生理的欲求、安全欲求に働きかけ、
   「アメとムチ」で管理し、目標を達成しようとするものです。

   「Y理論」は従業員個人が経営目標の達成にどれだけ貢献して
   いくかは自分の自己実現ができるかどうかによって決定される
   のであると提唱しています。

社長:へえ、先ほど私が言ったX理論は×=罰で、Y理論は
   自己実現のため上を目指すということと同じですね。エヘン。

中川:...。(ちょっとちがうような)
   
社長:で、X理論Y理論がどうしたのですか?

中川:Y理論の実現のためには「目標による管理」を提唱しています。

社長:へえ、いわゆる目標管理ですね。
   えーと、目標管理はドラッカーが提唱したと記憶していますが?

中川:ドラッカーは、まぐれ当たり、あ、違ったマグレガーが提唱する
   数年前に提唱していました。

社長:では、目標管理はやはりドラッカーが元祖なのですね。

中川:そうです。
   人はX理論に当てはまる部分もありますので、Y理論だけに
   偏るのは行き過ぎだと思いますが、Y理論で労務管理ができれば
   経営者も従業員もやりがいがあることでしょう。
   それには経営理念が欠かせないようです。
 

(中川コメント)

 X理論Y理論は古典的な労務管理の理論ですが、分かり易いことから
現在も脈々と生きています。
目標を与えると仕事の成果が上がることは経験済みだと思います。
成果主義賃金制度が破綻したのは、目標の達成を直接賃金に結びつけた
からです。目標管理は効果のある手法です。
 人は目標があれば一段と努力する性質をもっていると思います。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【CD】  「社長用 1位作りの営業戦略」 製作 竹田陽一
◆─────────────────────────────────◆

業績を良くするには自分の会社の規模に合った、全社的営業方法の営業戦略
が必要になります。

いきあたりばったりの営業はやめましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-5.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

生パスタと乾燥パスタはどこがどう違う?

 パスタには生パスタと乾燥パスタがあるが、「生パスタを乾燥させた
のが乾燥パスタ」と思ったら大遣い。両者は別物で、そもそもの歴史か
らしてまったく違う。
 乾燥パスタが生まれたのは11世紀。場所は、イタリアの南に浮かぶシ
チリア島だ。その頃、同島はアラブ人に支配されていたが、そのアラブ
人たちが砂漠を旅するときの保存食として乾燥パスタを生み出したので
ある。
 一方の生パスタが生まれたのは、北イタリア。いつ生まれたのかは定
かでないが、歴史は乾燥パスタよりも古い。ただし、麺状のパスタが生
まれるのは後のことで、最初は小麦のペーストをシート状にのばしたも
のを焼いたり、揚げたりしていた。パスタというより、ピザに近い食べ
物だったというわけだ。

(話題のツボをおさえる本より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
3月30日

【労基法】使用者とは

◆─────────────────────────────────◆
  ■ パートの賃金制度セミナー
     【東京】セミナー開催日 4月20日(金)14時~16時30分
◆─────────────────────────────────◆

パートの賃金制度を研究しませんか?

→  http://nakagawa-consul.com/000055.html
 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年3月30日号   VOL.1086
――――――――――――――――――――――――――――――――――

自身の体は究極の縄張り、触れられたら即不愉快に。

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【労基法】使用者とは
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   変なことを聞きますが、労働基準法は経営者の敵ですか?

中川:突然、穏やかではない質問ですね。

社長:労働基準法は、あれをしてはダメだ、これをしてはダメだ、
   こうすべきだと労働者の味方としか思えないような法律です。
   まるで、経営者を敵視しているような。

中川:過酷な労働条件、労働環境で働かせていた時代があり
   労働者保護のために作られた法律ですから、経営者敵視と
   みられてもしょうがない面がありますね。

社長:最近は労基法を盾に権利ばかり主張する社員が増えていると感じ
   ます。

中川:労基法の「使用者」とは誰のことを指すと思いますか?

社長:「使用者」ですから私のような経営者のことでしょう?

中川:労働基準法では「使用者」の定義が明記されています。

(引用開始)

第10条 この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その
    事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をする
    すべての者をいう。

(引用終わり)

社長:へ?
   なにこれ!
   事業主は社長である私のことでしょう?
   「事業主のために行為するすべての者」ということであれば、私の
   ために仕事をする人、つまり全社員が「使用者」となるという意味
   ですか?

中川:個人事業の場合は企業主本人を指しますが、法人の場合は法人の
   ことを事業主といいます。

社長:へえ、ということは法人の社長である私は事業主ではないのですか?

中川:ピンポーン!

社長:いやあ、驚きました。
   私は事業主でないとすれば何なのですか?

中川:先ほどの労基法の第10条を読み返してください。

社長:法人の場合の事業主は会社となります。
   使用者は事業主のためにする行為とありますから、私は使用者なの
   ですね?

中川:そうです。
   その他に部長、課長も使用者となります。
   係長、主任、現場責任者も使用者となることがあります。

社長:へえ、であれば労基法が適用される労働者も使用者となるので
   労基法は敵ですね。

中川:それは思い込みがすぎます。
   労基法が経営者の敵だと思いたくなるのも分からないではないですが、
   労基法があるから経営者の味方になることもありますよ。
   敵だと決めつけるのはいかがなものかと思います。

社長:たとえば、どんな場合が味方なのですか?

中川:たとえば、8時間以上の労働はさせてはダメなのですが、
   残業協定(36協定)があれば残業を拒否できません。
   労基法はそうなっているのです。

社長:うーん。
   立場が変われば労基法は労働者の敵だとなりますね。

中川:労基法を目の敵にしなことです。
   むしろ、労基法を徹底的に研究すればメリットもたくさんあります。

社長:どうやって研究するのですか?

中川:たとえば、弊社主催のセミナーに参加することです。

社長:お勧めはありますか?

中川:どれもおススメですが労基法に関しては次のセミナーが良いでしょう。

   就業規則セミナー
       http://nakagawa-consul.com/000005.html
   
   けしからん社員への対応セミナー
       http://nakagawa-consul.com/000059.html

社長:では、参加して勉強します。
   

(中川コメント)

 労基法の「使用者」は経営陣の他に部長、課長、係長、現場責任者など
幅広いのです。したがって、労働者でありながら、仕事の場面によっては
「使用者」となることがあります。
したがって、係長や主任の言動も要注意です。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

 

◆─────────────────────────────────◆
  【CD】  社長が変われば会社が変わります 竹田陽一
◆─────────────────────────────────◆

経営者が知っておかなければならない、経営の8大要因を知ることです。
そうすると、経営者は何から研究しなければならないかズバリと
分かります。

いきあたりばったりの勉強はやめましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-3.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

自身の体は究極の縄張り、触れられたら即不愉快に。

 自分の周囲の空間ですら我慢できない人間にとって、縄張り意識が最
大限に発揮されるのが、「自分の身体に触れられたとき」だ。
 身体の一部は、自分自身にとっての究極の縄張りであり、一瞬にして
不快感が爆発してもおかしくはない。路上で肩同士が触れる、相手が持っ
ているものが自分に当たる。こういった状況にあって、精神を一切乱さ
ない人間はかなりの少数派といえるだろう。
 ただし、感じた不快感を心の中にとどめるか、声に出して抗議するか、
いきなり暴力に訴えるかは個人の性質によるところが大きく、小競り合
いに発展するのが正しい形とはいえない。ちなみに、普段おとなしい人
ほど派手に爆発しやすい傾向がある。

(本当は怖い心理学 齋藤勇監修 イーストプレスト刊より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
3月29日

雇用促進税制をご活用ください

◆─────────────────────────────────◆
  ■ 就業規則の見直しをしましょう  
    【熊本】セミナー開催日 4月10日(火)10時~16時30分
        【東京】セミナー開催日 6月14日(木)(水)10時~16時30分
    
◆─────────────────────────────────◆
見直しのポイントは、
1.社員と、もめごとを起こさない予防策が織り込んであること
2.問題社員に「ビシ!」と言える作り方をしていること
3.権利ばかり主張する自分勝手社員に毅然とした態度ができること
です。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→→ http://nakagawa-consul.com/000005.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年3月29日号   VOL.1088
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「さばをよむ」

(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
            雇用促進税制をご活用ください
      ~ 雇用促進計画の達成状況報告の提出はお早めに ~

◆────────────────────────────────◆

厚生労働省が表題に告知をしています。
すでにご存じかと思いますが念のために送信します。


(引用開始)

 雇用促進税制は、平成23年4月1日から平成26年3月31日までの期間内に
始まる各事業年度において、雇用者(一般被保険者)を5人(中小企業は2人)
以上増やし、かつ、その増加割合が10%以上などの要件を満たす企業に、増や
した雇用者1人当たり20万円を税額控除するものです。

 平成23年4月1日から開始した事業年度で雇用促進計画を提出している場合、
事業年度が終了する平成24年3月末から2か月以内に、雇用促進計画の達成状
況報告をハローワークまたは都道府県労働局に提出する必要がありますが、達成
状況報告の確認には4、5月は約1か月程度かかることが予想されます。確定申
告期限(通常5月末)に間に合うよう、できるだけ早めの提出をお願いします。

 また、平成24年4月1日から開始する事業年度で雇用促進税制の適用を受ける
場合は、まず雇用促進計画を事業年度開始後2か月以内に、ハローワーク等に提出
してください。

 このほかにも要件がありますので、以下のホームページのパンフレットなどを
ご確認ください。

  http://krs.bz/roumu/c?c=6518&m=472&v=85e314d5

 雇用促進計画の詳細については本社・本店を管轄するハロ-ワークまたは都道
府県労働局(職業安定部)に、税額控除制度については最寄りの税務署にお問い合
わせください。

(引用終わり)
 

(中川コメント)

 弊社では手続きのお手伝いをしておりません。
社会保険労務士かお役所にご相談ください。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
  【CD】  「社長用 1位作りの営業戦略」 製作 竹田陽一
◆─────────────────────────────────◆

業績を良くするには自分の会社の規模に合った、全社的営業方法の営業戦略
が必要になります。

いきあたりばったりの営業はやめましょう。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-5.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「さばをよむ」

 あなたは、これまで何かを「さばよんだ」経験はあるだろうか?
 女性なら「年齢」とか?
 男性なら「年収」とか?
 人気男性アイドルの「身長さばよみ疑惑」が週刊誌をにぎわすように、
少しでも自分をよく見せたいがために、ちょっと数字をごまかすことは
よくある話。
 この「さば」、魚の「サパ」から来ていると言われている。
青魚は総じて鮮度が落ちやすいが、なかでもサパは「サパの生き腐れ」と
いう一言葉があるくらいに腐りやすい。だから、魚市場では売るほうも買
うほうも急いでいる。早口で数えて箱に投げ入れるため、あとから数える
と実数と違うことも多かったという。
 それにかこつけて、数をごまかして売った人もいることから、この言葉
が生まれたらしい。

(日本語のマル得雑学 知的生き方文庫より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
3月29日

【いじめ】職場のいじめによる自殺

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
    【熊本】4月11日(水) セミナー 熊本開催 
        【東京】6月15日(金) セミナー 東京開催
◆─────────────────────────────────◆


1.賞与原資の決め方が分からない
2.パットしないイマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

方はクリックしてください

http://nakagawa-consul.com/000003.html

 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年3月29日号   VOL.1085
――――――――――――――――――――――――――――――――――

車のタイヤが黒いのはカーボンのため?


(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【いじめ】職場のいじめによる自殺
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   いじめは会社責任になる可能性があると聞きました。
   本当ですか?

中川:はい、ある病院での職場のいじめが病院の責任とされました。

(引用開始)
 准看護師として勤務しながら看護学校に通っていたBさん(男性)が、
病院の物品設備部門責任者の先輩から、日常的に個人的な使い走り
をさせられるなどのいじめを受けて自殺したというのが原告の主張で
す。仕事上でも残業を強要され、仕事のミスで「何やっているんだよ。
お前がだめだから俺が苦労するんだよ」などといわれ、「死ね」「お
前のアフターは俺らのためにある」「殺す」などと言われ続けたとも
主張しています。
 Bさんに対するいじめは3年以上も続いており、病院はいじめの事実
を認識していながら防止する措置を執らなかったとして、両親が提訴
しました。
(引用終わり)

社長:うーん、ひどいですね。

中川:判例はいじめの実態がリアルに書かれています。
   この場では書けないようなひどいものです。
   
社長:で、判決はどうなりましたか?

中川:次のような判決です。

(引用開始)
 判決は、一般論としては、いじめが必ずしも自殺に結びつくような
ものではないが、自殺することが予見されるようなケースでは、使用
者は死亡の結果について責任を負うとした上で、この事件では、いじ
めと自殺による死亡についての予見可能性は否定しましたが、いじめ
とそれを防止できなかったことによってBさんが被った損害についての
責任を認め、1500万円の支払を命じました。
(引用終わり)

社長:いじめを防止できなかった責任があるのですね。
   1500万円は大金ですね。

中川:そうです。
   いじめを放置していたことが問題となりました。

社長:当社でもいじめがあるかもしれませんね。
   どうしたらいいでしょう?

中川:いじめ、パワハラ、セクハラなどは表面化しにくいので
   問題が深刻になる可能性があります。
   それらを表面化するようにしましょう。

社長:どのようにして表面化するのですか?

中川:苦情処理委員会を設置し、個別の相談に乗る仕組みを作ります。
   相談内容は本人の承諾がない限り公表しないという条件を
   つければ相談しやすいでしょう。

社長:本人ではなく周囲が相談することも可能にした方が
   よさそうですね。

中川:そうですね。
   今回の事件では周囲はいじめの実態を知っていました。
   誰かが病院に相談していたら自殺は防げたかもしれません。

社長:相談は面談がいいですか?

中川:メールや手紙など手段は自由に選択できるようにすべきですね。

社長:で、相談を受ける人は誰が適切ですか?

中川:会社によって異なるでしょうが、総務関係者が良いでしょう。
   信頼されている人物が前提条件です。
   なお、セクハラは女性が相談窓口になるほうが相談しやすいでしょうね。

社長:苦情処理委員会はどんな機能を持たせるのですか?

中川:事実関係の把握とそれにたいする対応策を審議、決定します。

社長:分かりました。
   

(中川コメント)

 「まさか当社ではいじめなないだろう」は幻想かもしれません。水面下で
行われますので表面化する仕組みを作りましょう。

本日の記事は
誠昇会北本共済病院事件を参考にしました。
http://homepage3.nifty.com/hamachan/kitamoto.html


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金問題は、1日も早く解決しなければリスクが大きくなります
◆─────────────────────────────────◆

基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。

→ http://nakagawa-consul.com/dvd-5.html
 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

車のタイヤが黒いのはカーボンのため?

 車のタイヤは、補強剤としてゴムの2分の1の量のカーボンを混ぜること
になっています。
 タイヤの色が黒いのは、実はこのカーボンの色、だったのです。
 タイヤは天然ゴムや人造ゴムを加工して作りますが、そのままでは弱い
のでカーボンを混ぜて強くしているのです。したがって、このカーボンを
脱色するか、あらかじめカーボンを入れずに白いタイヤを作ることもでき
ますし、また白いタイヤに着色剤を加えれば、どんな色のタイヤもできま
すが、やはり耐久性はカーボンを混ぜた黒いタイヤよりも弱くなってしま
います。

(おもしろ雑学552 刑部澄徹編著より)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2012年
3月28日

【雑談】セクハラ被害と過剰必要な要求を繰り返す

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 賃金制度の見直しが必要ではありませんか?
    4月12日(木) セミナー 熊本開催 
        5月16日(水) セミナー 東京開催
◆─────────────────────────────────◆

中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
それも拍子抜けするほど簡単な賃金制度が良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/000002.html
 

☆★☆―――――――――――――――――――――――――─―――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2012年3月28日号   VOL.1094
――――――――――――――――――――――――――――――――――

去る者、残る者


(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【雑談】セクハラ被害と過剰必要な要求を繰り返す
◆────────────────────────────────◆

中川:こんにちは。

社長:こんにちは。
   何か話題はないですか?

中川:では、セクハラの事件をお話しします。

社長:どんな内容ですか?

中川:期間雇用のAさん(女性)が自己都合退職しました。
   3週間後にAさんから社長宛に手紙が届きました。
   その内容は総務部長のB氏から在職中にセクハラを受けたので
   社長、常務、取締役、B氏、AさんとAさんの父親との
   話し合いの場を設けて欲しいというものでした。

社長:で、応じたのですか?

中川:そうです。
   当日はAさんとAさんの父親に加えて代理人と称してある団体の
   C氏が来社してきました。
   会社は常務と取締役で応対しました。

社長:社長とBさんは対応しなかったのですね?

中川:そうです。
   それで、代理人のC氏が「当事者のBをこの場に呼ばないのは
   隠しているのか」と質問し、常務が「公平な立場でまずは双方の
   言い分を聞きたい」と回答したら代理人C氏が「公平ってなん
   だ!あなたたちはBを叱責すべき立場なのに公平とはなんだ!
   簡単に公平なんて言葉を使うな」と怒鳴りあげるなど終始、威圧
   的な言動だったということです。

社長:うーん、困ったものですね。
   で、どうなりましたか?

中川:結局、C氏の威圧的な言動に押された会社側は、B氏のセクハラ
   行為の事実確認及びB氏への調査を行うことと、その結果を報告
   することまで約束させられてしまいました。

社長:うーん。

中川:また、面談を終えて帰り際に常務はC氏から「なんだかんだこの会
   社はあるようですから、話し合いですませたらどうですか。なんら
   かのかたちで解決したらどうですか」といった思わせぶりなことを
   耳打ちされたということです。

社長:で、調査したのですか?

中川:無記名のアンケートを取ったが確証は得られませんでした。

社長:それは良かったですね。

中川:しかし、C氏から再三電話があり、直接アンケートを開示すること、
   アンケート回答者に直接話を聞きたいと要求するのです。

社長:執拗な要求をしたのですね。
   で、どうしたのですか?

中川:C氏に送る内容証明郵便の文案を作成し、会社はアンケート結果の
   開示は行わないこと及び職員に対するC氏の聴き取り調査をお断り
   すること、さらには電話でのご連絡は控えていただき、今後は文書
   で連絡をとってもらうように伝えました。

社長:ほう、なるほど。
   で、どうなりましたか?

中川:ばったりと電話がなくなりました。

社長:それは良かったですね。

中川:その後も送り主不明の手紙や実在しない人物名でのメールが届くな
   ど嫌がらせがありましたが、やがてなくなりました。

社長:そうですか。
   参考になりますね。

中川:初めてのことで対応に苦慮したと思います。
   面談の当初から毅然とした対応をしていればこれほど執拗な要求は
   なかったと思います。

社長:そうですね。
   

(中川コメント)


 本日の記事は「月刊社労士」2012年3月号の社会保険労務士村上宏史氏の
記事を参考にしました。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

http://nakagawa-consul.com/000010.html

 

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

去る者、残る者

「あいつは破産したために友人の半数が去っていった」
「友情に厚いやつが半数はいたわけだ」
「おっと、それは考え方、が甘い。残った半数は彼が破産したのを知ら
 ない連中さ」

(これが本当のジョーク世界一 より 天満龍行編著 アカデミー出版)


では、また明日お会いしましょう!!


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆