中川清徳のブログ

2014年6月の記事一覧

2014年
6月30日

【定額残業代】上限はあるのか?

◆─────────────────────────────────◆
「賃金決定の急所は世間相場と社内バランスです!」セミナー

   【東京】7月23日(水)13時30分~16時30分  東京・品川にて
   
     http://nakagawa-consul.com/seminar/058.html
◆─────────────────────────────────◆

賃金を決める急所は世間相場と社内バランスです。
いくらりっぱな賃金制度があっても、実際に払う金額が妥当かどうかは
別問題です。
あなたの会社はどうやって賃金額を決定されていますか?
このセミナーは300人以下の中小企業を対象としています。

セミナーの内容

第1部 コレが現実! 「ズバリ!実在賃金」による最新の賃金相場 
第2部 世間相場と比較した賃金改善の具体的な方法
第3部 社内バランスが一目で分かるグラフの作成方法と賃金改善の方法
第4部 「ズバリ!実在賃金」からみた「取締役・管理職・一般社員別の
    賃金モデル」の作り方
第5部 諸手当の見直し方


詳しくは(セミナー申し込みもできます)

→→ http://nakagawa-consul.com/seminar/058.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年6月30日号   VOL.1929
――――――――――――――――――――――――――――――――――

おちゃのこ

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【定額残業代】上限はあるのか?

◆────────────────────────────────◆


中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   定額残業に上限はあるのですか?

中川:どうしてそのような質問をするのですか?

社長:現在月30時間で設定しています。
   しかし、それをオーバーする人が増えました。

中川:オーバーしてた場合はどうしているのですか?

社長:オーバーした分は払っています。
   しかし、それが状態となっているので定額残業を増額して
   オーバーをなくしたいのです。

中川:はい。

社長:それで質問です。
   定額残業代に上限はあるのですか?

中川:36協定(残業協定のこと)で定めた上限まではOKです。
   それを超えた残業は違法となります。

社長:上限は現在30時間となっていますが実際はそれをオーバーしています。
   違法状態なのですね。

中川:そうです。
   早急に残業削減しましょう。

社長:残業を削減できる状態ではありません。
   残業を増やしたいのです。

中川:極端に長い定額残業代は無効となる可能性があります。

社長:どんな場合ですか?

中川:これは判例ですが
   基本給        140,000円
   成果給(固定残業代) 160,900円
   を支給していた会社の場合
   バランスをあまりに欠いており、
   固定残業代以上の残業代が支給されるのは
   月106時間唐28時間となるとの理由で固定残業代は
   無効であるとなりました。

社長:うーん。
   それは極端ですね。

中川:最近多くの会社で残業が増えたというお話をお伺いします。
   しかし、だからといって長時間労働は好ましくありません。
   残業時間を削減する工夫をしましょう。
   80時間を超えると過労死と認定される可能性が高いです。
   したがって、長くても60時間程度が望ましいです。

社長:わかりました。
   違法状態をなくするために当面は36協定の残業時間を増やします。
   それとは別に業務の見直しをします。

中川:そうですね。


(中川コメント)

 本日の記事は、トレーダー愛事件(京都地判平24.10.16)を参考にしま
した。
あなたの会社の固定残業代はどうなっていますか?


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

おちゃのこ

「おちゃのこ」 は、物事がたやすくできること。「おちゃのこさいさい」
と、「さいさい」を伴うこともある。

「おちゃのこ」、「お茶の子」と書き、もとはお茶を飲むときに口にする
菓子のことをいった。茶菓子は、腹にたまらないので、簡単に食べられる。
そこから「お茶の子」 に「たやすく物事をする」という意味が生まれた。

 ただし、異説もある。かつて農家で、朝一番に畑仕事に出るとき、その
事前にとる朝食前の軽い食事を「お茶の子」といった。そこから「朝めし
前」、つまり、朝食前の空きっ腹でも簡単にできるという意味が生まれた
という。

(語源の謎 日本語倶楽部編より)


◆─────────────────────────────────◆
 【DVD】退職金制度の見直し方セミナー
◆─────────────────────────────────◆

基本給連動型の退職金制度は、リスクが大き過ぎます。
ポイント制退職金制度は、中小企業には合いません。

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-05.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
6月29日

【工数管理】導入したい

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
      
     【東京】 7月10日(木)13時30分~16時30分
     【東京】11月 5日(水)10時00分~12時30分
    ★【新潟】11月14日(金)10時00分~12時30分

       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html
◆─────────────────────────────────◆


1.賞与原資の決め方が分からない
2.イマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

などの経営者の悩みを解決し、社員が一丸となって会社業績に取り組
む仕組み作りを提案するセミナーです。

http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年6月29日号   VOL.1928
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[土光敏夫の名言 格言|仕事のやりがい、働きがいを得る方法]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

【工数管理】導入したい

◆────────────────────────────────◆


中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   工数管理を導入したいのですが注意することがありますか?

中川:工数管理とはなにかご存じですか?

社長:はい。
   セミナーで聞きました。
   製品を生産するのに何人で何時間かかったかで管理するものです。
   工数管理をすると労働生産性があがり利益がでるということです。

中川:つまり、
   工数=人員×労働時間
   という計算ですね。

社長:そうですね。
   大手企業ではこれで生産管理をしていると聞きました。
   さすがだと思います。

中川:私は工数管理に疑問を感じています。

社長:それは意外ですね。
   どうしてですか?

中川:工数管理には重要なことが抜けています。

社長:なにが抜けていますか?

中川:賃金です。

社長:賃金を考えなければダメですか?

中川:たとえば次のような場合があります。

   限界利益3000円の部品を作るとします。

   Aさん 1時間で作りました 人件費 900円/時でした

   Bさん 仕事が早いので30分で作りました 人件費 3000円/時でした

   この場合ですとBさんはAさんと比べると工数が半減していることに
   なります。

社長:そうですね。

中川:この場合は
   Aさんは1個作ったのですから人件費は900円ですね。
   Bさんは1時間に2個作ったのですから1個の人件費は1500円ですね。

社長:あれ、Bさんが作るとコスト高ですね。

中川:つぎに実際の利益額をみます。

   Aさん 3000円-900円=2100円
   Bさん 6000円-3000円=3000円

社長:あれ、Bさんのほうが利益額は高いですね。

中川:このような状態が工数管理だけでは見えてこないのです。
   人件費を含めて工数管理をすることです。

社長:といいますと?

中川:Aさんを訓練することで1時間に2個の部品をつくることが
   できると次のようになります。

   Aさん 6000円-900円=5100円
   Bさん 6000円-3000円=3000円

社長:なるほど。
   Aさんを教育訓練した方が得なのですね。
   ではどうしたらいいのですか?

中川:人件費を含めた工数管理を推奨します。
   具体的には一人粗利です。
   下記のセミナーで解説しています。

  全社員が一丸となる賞与の払い方セミナー
      
     【東京】 7月10日(木)13時30分~16時30分
     【東京】11月 5日(水)10時00分~12時30分
    ★【新潟】11月14日(金)10時00分~12時30分

       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html


(中川コメント)

 ■ 全社員が一丸となる賞与の払い方セミナーを開催します
      
     【東京】 7月10日(木)13時30分~16時30分
     【東京】11月 5日(水)10時00分~12時30分
    ★【新潟】11月14日(金)10時00分~12時30分

       http://nakagawa-consul.com/seminar/003.html

 よろしかったらお申し込み下さい。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[土光敏夫の名言 格言|仕事のやりがい、働きがいを得る方法]

 やりがい、働きがいは、やってみてはじめて出てくる。
やりもしない、働きもしないで、どうしてそのような喜びが得られるだろ
うか。生きがいにしてもそうだ。精一杯生きる努力をして、はじめて生き
る喜びを知るのだ。


◆─────────────────────────────────◆
  DVDを平成24年11月に作成しました
   DVD版「60歳以上の給料の決め方セミナー」
   http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html 
◆─────────────────────────────────◆

定年延長での悩みは、賃金をどう決めたら良いか、管理職などは役職を
そのままでいいのかということです。
賃金の決め方でやってはいけないのは、定年の時の給料の80%とか70%と
決める方法です。
管理職の給料は、一般社員とは違った決め方をしなければ、労務管理は、
うまくいきません。
法律改正がありました。
平成25年3月31日までに労使協定を締結した方がよいということにも触れて
いますが、それは使えなくなりました。しかし、給料の決め方については
大変参考になります。


DVDのお申し込みは下記から
→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-01.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
6月28日

【労務管理】やる気を出させるには

◆─────────────────────────────────◆
 ■オーナー会社のための「役員・幹部の賃金の決め方」セミナー

    【東京】  7月 9日(水)10時から12時30分 場所:東京都 銀座

    http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html
◆─────────────────────────────────◆

非上場のオーナー会社は役員、幹部の報酬の決め手がなくて困っています。
まずは、相場を知ることです。独自調査による役員報酬の世間相場を
発表します。つぎに意外に知られていない役員になるリスクを知ること
です。気になる役員退職慰労金はいくら払えばいいのか?
そして励みになる給与体系はどうやって作ればいいのか?

お申し込みは下記からお願いします。
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/045.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年6月28日号   VOL.1927
――――――――――――――――――――――――――――――――――

デパートのトイレがなかなか見つからないのは、なぜ?

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【労務管理】やる気を出させるには

◆────────────────────────────────◆


中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   社員をやる気にさせる方法を教えてください。

中川 やる気と言ってもいろいろあります。
   一般論としては
   1.賃金水準
   2.コミュニケーション
   の二つの要素があるでしょう。

社長:賃金水準と言いますと?

中川:世間相場と比較して低すぎないことです。
   やる気を数字で表すとしたら定着率です。
   給与水準と定着率はほぼ比例しています。

社長:なるほど。
   弊社の賃金水準を教えてください。

中川:はい、分かりました。
   下記からお申し込み下さい。
   
→ http://form.mag2.com/cestuuoudr


社長:早速申し込みます。
   二つ目のコミュニケーションは具体的には?

中川:従業員との対話です。
   
社長:なるほど。

中川:しかし、最近は対話が希薄になっているようです。
   上司も部下もメールですまそうとしています。

社長:メールのほうが便利で時間を節約ができますが...。
   私はメールを主に使っています。

中川:あまりメールに依存しすぎるのは問題です。
   メールでは思いが正確には伝わりにくいですよね。
   時には、書き手の意図とまったく異なった理解をされる
   こともあります。

社長:時々ありますね。

中川:特に社長の思いが誤解されことは経営にとって
   危険です。

社長:では、どうすればいいのですか?

中川:意図的に直接顔を見て話すことです。

社長:しかし、私は忙しい、
   それに従業員が多い。

中川:直接会うことが難しい場合は電話をすることで
   どうですか?

社長:うーん、時間が...。

中川:従業員のやる気についてのご質問でした。
   従業員は機械ではありません。
   人には感情があります。
   メールでなにもかも済ませることは便利でしょうが
   メールでは思いが伝わりにくいのです。

   直接会って話をしましょう。
   忙しくてそれができないのであればやる気はあきらめましょう。
   
社長:たしかに、何もしないでやる気を期待するのはムシが良すぎますね。
   分かりました。
   会って話をするか電話をするようにします。

中川:メールも併用しながらも会う、電話をすることを意識的にする
   ことですね。


(中川コメント)

100人以上の従業員がいる社長は、パートを含めて一人ひとりの
誕生日に絵はがきを自宅に郵送しています。
はがきには本人の一年間の会社の活躍を余白なしでで手書きされています。
従業員は「私を一番分かってくれているのは夫でも子どもでもない、社長だ」
とやる気が出しているそうです。すでに5年間続けています。

この会社は抜群の定着率と高収益です。誕生カードの影響が大きいので
はと社長はおっしゃっています。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

デパートのトイレがなかなか見つからないのは、なぜ?

 近年は「トイレを利用するだけでもけつこうですから、どうぞお気軽に
足を運んでください」というコンビニが増えたが、すこし前までは、「お
客様以外のご利用はお断りしと、トイレの利用を拒否する店もあった。

「トイレくらいいいじゃないか、ケチ!」 と腹を立てた人もいただろうが、
店側の気持ちもわからないではない。

 店にとってみれば、水道代やトイレットペーパー代など、トイレの維持
費はけつこう大きな負担なのだ。これが、コンビニより何百倍もの店舗面
積をもっ大型デパートになると、トイレットペーパーの費用だけでも、年
間1000万円は下らない。

 デパートのトイレがなかなかみつからないのはよくご存じだろうが、そ
の理由もこのあたりにあるのだ。

(ねえねえ、教えて!日本人の総疑問 河出書房新社刊より)


◆─────────────────────────────────◆
  【DVD版】 全社員が一丸となる賞与の払い方
◆─────────────────────────────────◆

1.賞与原資の決め方が分からない
2.パットしないイマイチの社員の基本給が高いため賞与額が逆転して困っ
 ている
3.査定に納得性がなくて悩んでいる

方はクリックしてください

→ http://nakagawa-consul.com/cd-dvd/dvd-02.html


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
6月27日

【就業規則】反抗的な社員

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 元リクルート社員が語る
   「良い人材を獲得するための採用」セミナー
    7月9日(水)13:30~16:30 東京開催
     http://nakagawa-consul.com/seminar/070.html
◆─────────────────────────────────◆

講師の浅山雅人はこんな人です。

 初のTVアニメ「鉄腕アトム」放送開始の昭和38年(京都市)生まれにも
かかわらず、物ごころついた時から、悪の組織に夢中。

 しかし、うち弁慶で騙されやすい。親しい人しか喋ることができず、基
本的に無口。(顧問先とセミナーだけは、なぜか饒舌)。

 性格は、成長しても変わらず、慶応大学法学部入学時に所属したのは、
「重量挙部」。「毎日、夕飯をおごってやる。」の言葉に、細腕を忘れ、
即入部。入部3日目から、おごりの夕飯はなくなった。腕は、ちょっと太く
なった。

 大学卒業後、株式会社リクルートに入社。ラッキーにラッキーが重なり、
営業成績も好調。全社で第2位に!
 
 調子に乗って翌年、成績急降下。「人生万事塞翁が馬」の意味を知る。
 「このままではいけない。そろそろ地に足をつけないと。」

 そのためには、資格を取ろう。
「社労士ってなんだろう。なんとなく、カッコイイな。」
夢中になって勉強し、すぐ取得。 はまって、同じ年に、行政書士を取得。
向う見ずにも、株式会社リクルートを即退社。
中小企業の「ひと・もの・金」のむずかしさと、その課題を解決したとき
のおもしろさを知る。
 
 バブルとバブル崩壊を経て、成功企業、失敗企業を目のあたりにする。

 不景気でも運用可能な中小企業のための制度を模索し、「知っ得情報」
として世に発信し続け、今日に至る。

元リクルート社員が講師として語るセミナーです。

お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/070.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年6月27日号   VOL.1926
――――――――――――――――――――――――――――――――――

人生は二度とないから美しい

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 【就業規則】反抗的な社員

◆────────────────────────────────◆


中川 こんにちは。

社長 こんにちは。
   A君のことについて相談します。

中川 はい、どんなことですか?

社長 A君は社内で孤立しています。
   
中川 どんなことで困っているのですか。

社長 上司が指導をしてもムスッとして口を聞かないのです。
   わざと会議に遅れたり、電話を全く取ろうとしないのです。

中川 それについて注意しましたか?

社長 注意をしました。
   そうすると、当てつけがましく仕事の期限を守らないなど
   無言の抵抗をしてくるのです。

中川 それは問題児ですね。

社長 32歳ですよ。
   いい歳をして。

中川 どうしたいですか?

社長 まだ続きがあります。
   ブログで会社の悪口を書き込んでいるのです。

中川 どうして気づきましたか?

社長 B君がたまたま検索で見つけたのです。

中川 どんな、内容ですか?

社長 上司がうるさいとか給料が安いとか。
   仕事がおもしろくないとか、いろいろと。
   賞与が少なかったことへの不満も書き込んでいました。

中川 実名ですか?

社長 社名は伏せてありますが、当人が実名でブログを書いていますので
   調べれば社名は分かってしまいます。

中川 よほど、会社に不満があるのですね。

社長 だれも声をかけなくなり、ますますふてくされた態度をするのです。

中川 本当は寂しがり屋なのでしょうね。
   で、ご相談とは?

社長 うちに不満があるなら辞めて他の会社に行って欲しいと思っています。
   しかし、そう言うわけにもいかないし。
   どうしたものか途方にくれています。

中川 そう言えばいいではないですか。
   「不満があるようだが、それなら他の会社に行ったら」と。

社長 それが言えれば苦労はしませんよ。

中川 言えないのなら、そのまま問題社員を抱えておくのですね。

社長 そう冷たいことを言わないで。
   でも、辞めろとは言えないのでしょう?
   会社からは。

中川 そうですね。
   社長の会社はそれ以前の問題があります。

社長 はい、どんな問題ですか?

中川 A君にガツンと言うべきです。
   たとえば、ムスッとしたらすぐに別室に呼び、感情をあらわ
   に怒鳴るのです。
   「今のその態度は何だ!」と。

社長 叱ることと怒ることは別である。
   感情にまかせて怒ってはいけないと本で読みました。
   また、セミナーでも聞きました。

   怒鳴るのはまずいのでは?

中川 それが本人のためです。
   本人は怒鳴って欲しいんです。たぶん。

   本に書いてあることやセミナー講師の話はきれいごとです。
   場合によっては感情にまかせて怒鳴る必要があります。

   案外、素直に態度を改めるものです。

社長 でも。

中川 新入社員ならともかく32歳になっているいい大人です。
   ガツンと言うべきです。
   怒鳴り散らしましょう!

社長 そうですか。

中川 それから、ブログの記事は会社内部の情報漏洩のおそれ
   があります。
   証拠があるのですから、これも注意しましょう。
   即刻止めるように。

社長 それでも直らなかったら?

中川 就業規則に照らし合わせて処分をしましょう。

社長 それでも直らなかったら?

中川 解雇しましょう。
   職場の秩序を乱す不届きものとして。

社長 訴えられるのでは?

中川 そのときは戦いましょう。

社長 そうですか。

中川 社長、乗り気ではありませんね。
   穏便にという気持ちは大切ですが、時には厳しい対応
   も必要です。


(中川コメント)

反抗する社員は不満があるのです。
コーチングスキルを使って不満を聴きだし、態度を改めることも
必要でしょうが、生ぬるい場合もあります。

ある社長は、「今の若者は叱られた経験がない。叱られたがって
いる」と。
「怒鳴り散らしたことで辞めた社員は一人もいない」と続けてお
っしゃいました。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ドラッカーの名言|経営者は他人の短所ではなく長所を見ろ]

他人の短所が目につきすぎる人は、経営者には向いていない。長所を効果
的に発揮させるのが自分の仕事だと考える人が、有能な経営者になれる。



◆─────────────────────────────────◆
 【新商品】 CD音声版「業績連動!全社一丸となる年収の払い方」
             講師 北見式賃金研究所 所長 北見昌朗氏
◆─────────────────────────────────◆

人生は二度とないから美しい

人生は一度きりです。人生を彩る天気さえも、同じということはありま
せん。晴れの目、雨の目、曇りの目、というものはあります。でも、同じ
光や雨が降るわけではありません。宇宙の法則はあるけれど、わたしとい
う人はたった一人です。そして、生まれてきた喜びを持つかわりに、死ん
でゆくかなしみをもっています。似ているような事柄でさえも、その都
度、変化しているのです。人生は二度ないから美しいのです。

浅井慎平 写真家 (1937~ )

(人生をひらく100の言葉 PHP刊より)


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆
 

2014年
6月26日

今月のおすすめビジネスリポート

◆─────────────────────────────────◆
   退職金制度の見直し方セミナー  

       【東京開催】 平成26年7月8日(火)13時30分~16時30分

         → http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html
◆─────────────────────────────────◆

  退職金制度は、こんな方法があったのか!と思わずヒザを打ちます。

詳しくは(セミナー申し込みもできます)
↓ 
→ http://www.nakagawa-consul.com/seminar/004.html


☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る

作者: 中川清徳  2014年6月26日号   VOL.1925
――――――――――――――――――――――――――――――――――

[ドラッカーの名言|経営者は他人の短所ではなく長所を見ろ]

(続きは編集後記で)


◆────────────────────────────────◆

 今月のおすすめビジネスリポート

◆────────────────────────────────◆


今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。

---【マネジメント関連 4本】 ----------------------------

1.経営のヒントとなる言葉 竹中半兵衛
    「要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなけ
   れば、要害堅城も物の用をなさない。それを分かって
   欲しく、稲葉山城を乗っ取ったまでで、御殿に御諫言の上、
   お返しする心づもりでござる」
                      (全3ページ)

2.中小企業が"人材争奪戦"を勝ち抜くための戦略とは?
   ・熾烈な"人材争奪戦"が繰り広げられている
  ・人材採用の目的を明確にする
  ・「ゲーム」のルールを変えてみる
  ・採用活動のスピードを上げる面接法
                      (全6ページ)

3.「2014年版中小企業白書」の概要
  ・2014年版中小企業白書の全体像
  ・事業承継・廃業 ~次世代へのバトンタッチ~
  ・海外展開 ~成功と失敗の要因を探る~ (輸出)
  ・海外展開 ~成功と失敗の要因を探る~ (直接投資)
  ・新しい潮流 ~課題克服の新しい可能性~
  ・最後に
                      (全15ページ)

4.東商発 WORLD TOPICS 韓国経済の現状と今後の展望
    ・マクロ経済は緩やかに回復
  ・底堅い輸出の動き
  ・深刻な若年層の就職問題
  ・サービス産業の育成が鍵
                      (全5ページ)

---【ビジネス関連 1本】---------------------------------

5.介護業界の現状
  ・高齢者人口の増加
  ・介護保険制度を取り巻く状況
  ・平成26年度介護報酬改定の概要
  ・介護事業者(社会福祉施設)における労働災害
  ・介護分野におけるロボットの活用に向けた動き
                      (全8ページ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴 社 名 : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役 職 名 :

ご担当者様 :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
希望レポート番号(ご希望の番号を記載/複数可):


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、そのままご返信ください。

※期限:6月30日まで。期限を越えた場合は対応しかねます。

※ご希望のリポートはPDFファイルです。添付ファイルにて折り
返してお送りします。

※リポートの他に弊社のセミナーなどの案内も同送されることを
ご了承ください。


(中川コメント)

ご遠慮は無用です。


今日はここまで。では、またあした。


◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆

ご質問をお待ちしています。下記の様式でご質問ください。
なお、必ずしも回答するとは限らないことをご承知ください。

→ http://form.mag2.com/sufraegepr


ご感想、ご意見をお待ちしています。この様式で質問をされた場合は
回答しかねる場合があります。

→ http://form.mag2.com/stewiobour


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

[ドラッカーの名言|経営者は他人の短所ではなく長所を見ろ]

他人の短所が目につきすぎる人は、経営者には向いていない。長所を効果
的に発揮させるのが自分の仕事だと考える人が、有能な経営者になれる。


◆─────────────────────────────────◆

 監督署に聞くに聞けない問題の相談に乗ります
 https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html

◆─────────────────────────────────◆

 解雇とか賃金の切り下げとか微妙な問題は、労働基準監督署に聞くわけに
もいかない。だいたい、俺は忙しいのだ。本を読んでいる暇はないし、
第一、資金繰りや営業のことで頭がいっぱいでそれどころではない。
誰か、いないのか?

https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/mail_adviser.html



◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
      
◆─────────────────────────────────◆